2019年8月24日 (土)

灯台巡りツーリング &バイカ-の挨拶

Img_6747s

 今回の灯台巡りツーリングは、1泊2日の予定で1日目は(2017年のツーリングで訪れることのできなかった)4か所の灯台、2日目はトラバースシティー周辺を観光するか、寄り道してデトロイト市の郊外で16日~18日にかけて行われていたドリームクルーズ(ノスタルジックカー・クラシックカーのイベント)に寄ってもいいかな?と思っていました。

Img_6744s

(↑今回のツーリングに間に合わせて取りつけたスマホのホルダーと仮付けしたディスプレー)

Img_6762s

(↑バイクとManistee Lighthouse)

 1か所めのManistee Lighthouseを見た後、マニスティ―市にあるサンドウィッチとクッキーやカップケーキを売っているランチ屋さんで昼食を食べました。

Img_6752s

(↑昼食を食べたマニスティーク市のサンドウィッチ屋さん)

Image1_20190822002101

(↑上:クラシック・チキンサンド
下:ベーコンレタスサンド)

Img_6807s

(↑バイクとFrankfort Light)

 灯台を2か所回って、そろそろホテルの予約を…と思ってスマホで検索すると、(夏のリゾート地のためか)トラバースシティー周辺は空きがなく、あっても室料がオフシーズンの3倍~4倍のお値段だったので、宿泊はせずに帰ることにしました。

Img_6789s

(↑マニスティーク周辺の舗装されていない迂回路。)

 マニスティーク付近の州道は工事中で、舗装のされていない迂回路を通らなければならなかったりしたため、帰るとなったら明るいうちにインターステート(州間高速道路)までたどり着きたかったので、灯台巡りは途中で切り上げて帰途につきました。

Img_6786s

(↑ミシガン州道、中央分離帯なし対面通行1車線の道路だけれど、制限速度は65マイル毎時=約104㎞毎時)

 夏時間で日没は午後8時半頃で日没後30分くらいは明るいので、インターステートには暗くなる前に無事にたどりついたけれど、暫く走ると少し強めの雨が降ってきました。
 乗っていたバイクのゴールド・ウィングはツアラーなので、多少の雨でも濡れることはないのだけれど、路面が濡れていてちょっと危険でした。しかし、雨宿りで止まっても近くで給油できるところがないのでそのまま走行しました。
 暫くしたら雨の降っている所を抜けたのか、雨が止んで路面が乾いて来たので給油できるところまで走って、給油ついでに遅い夕食を取って帰路につき、家にたどり着いた頃には日付が変わっていました。

 

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年8月21日 (水)

Frankfort North Brakewater Light(灯台50)

Img_dsc_0142s.jpg

 Manistee Lighthouse を見た後は、州道22を北上してFrankfortへ向かいました。

(↑近くのビーチからみた灯台)

Img_dsc_0129s.jpg

(↑防波堤と灯台)

 Frankfort North Brakewater Lightはフランクフォートの港の北の防波堤の先端にある灯台。
最初の灯台は、木製の桟橋に木製の四角錐型の塔と木製のキャットウォークと全て木製で、初稼働が1873年。

Img_dsc_0119s.jpg

 1912年に木製の桟橋の先にコンクリートの土台を作ってその上に鋳鉄製の四角錐の塔(現在の塔)が建てられ、1919年に電化。
1930年に港にコンクリート製の南防波堤と北防波堤が建設され、1932年に桟橋から北防波堤の先端(現在の位置)に塔が移された。
 2010年のコーストガードの灯台整理縮小に伴い、2011年には灯台の所有がフランクフォート市に移転され、現在はフランクフォート市が管理している。

Img_img_6803s.jpg

 現在の塔は北防波堤の先端にあるのだけれど、防波堤の高さと水面の高さがほぼ同じで、防波堤は打ち寄せる波で濡れた状態でした。

Img_dsc_0125s.jpg

 桟橋の先の塔の手前数メーターの所は、防波堤が完全に水没していました。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

Manistee Lighthouse(灯台49)

Img_dsc_0080s.jpg

 8月16日は、が有給を取ったのでバイクでツーリングに出かけました。
 今年の夏はどこにも旅行に行っていなかったので、家族でドライブ旅行の予定でしたが、飼い猫のうちシロ猫の調子が暑さと高齢のため食慾がなく、自力で食べられないため給仕する人が必要なので、怪獣が残ることになりました。
 2人で行くなら、バイクで行こうという事になり、ツーリングになりました。

Img_dsc_0088s.jpg

 今回行ったのはミシガン湖畔にある2か所の灯台です。
ミシガン湖の灯台を選んだ理由は、2017年秋のミシガン湖岸ツーリング旅行で近くまでいっていたけれど、日没後で訪れることができなかった灯台だったからです。

Img_dsc_0093s_20190818114601.jpg

 最初に訪れたのは、Manistee Lighthouse。
 現在のManistee Lighthouseはマニスティ―市にある灯台で鋳鉄製。
 最初の灯台は1870年に稼働をはじめたが、1871年の火事で焼けてしまい、1872年に再建。
1875年にマニスティー港にある2つの桟橋のうち南の桟橋に移動。

Img_dsc_0095s.jpg

 1927年に北の桟橋に鋳鉄製の現在の灯台が建設され電化されるとともに、鉄製のキャットウォークを設置、その後オートメーション化されたが現在もキャットウォークの残っている数少ない灯台(ミシガン州では4か所のみ)。

Dsc_0101s

(↑現在南の桟橋の先端にある塔)

 北の桟橋に塔が移ると、南の桟橋にあった灯台守の住宅付きの灯台は取り払われ、代わりに南の防波堤の先に塔が作られた。

Img_6785s

(↑近くのビーチからみた灯台)

 

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年8月15日 (木)

秋学期2019登録

Img_9897s 8月13日に、私と怪獣の秋学期の登録を済ませで授業料を払って来ました。

 2019年の秋学期は、私がコミュニケーションのクラスと冬学期に登録取り消しをした異常心理学のクラスを登録。
怪獣はコンピュータプログラミングのクラスを1クラスのみ登録しました。

 怪獣はもう1教科登録したかったのだけれど、クラスの開催時間が午後6時30分~午後9時40分までで、おまけに自宅から車で1時間の遠いキャンパスだったため、登録を諦めました。

 それにしても、授業料の値上がりが激しい。
冬学期が1単位当たり100ドルを切るくらいだったのが、秋学期は110ドルになっていました。
1年で1割増しなんて…たいして物価も上がっていないのに…
これでも、州内で一番学費の低いコミカレなのだから、他の大学やカレッジは『推して知るべし』だと思います。

 秋学期のスタートは8月26日。
それまでに教科書を買ったり、準備をしたりで忙しくなりそうです。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

今年はハワイ料理

002s_20190812114401  (去年以外は)の誕生日のディナーにはいろんな国の料理に挑戦しているのだけれど、今年はハワイ料理を作りました。

(↑誕生日のディナーに使ったテーブルデコレーション)

メニューは

・カルア・ポーク
・パイナップル・チャーハン
・ガーリック・シュリンプ
・マグロとアボカドのポキ
・ロミロミ・サーモン
・ココナツ・パイナップル・ケーキ(デザート)

でした。

008s

(↑料理を並べたところ)

014s_20190812115701

(↑カルア・ポーク)

010s

(↑パイナップル・チャーハン)

012s_20190812115901

(↑ガーリック・シュリンプ)

017s_20190812120201

(↑左:マグロとアボカドのポキ
右:ロミロミ・サーモン)

021s

(↑食事を一人分に取り分けたところ)

007s_20190812120301

(↑デザートのココナツパイナップル・ケーキ)

 デザートにはハワイアンスイーツではないけれど、ココナツパイナップル・ケーキを作りました。
スポンジに刻んだココナツフレークを入れて、生クリームでとパインアップルでデコレーションして、側面にローストしたココナツをまぶしました。

022s

(↑一人分に切り分けたココナツパインアップル・ケーキ)

 

| | コメント (2)

2019年8月 9日 (金)

芸術と表現の自由  あいちトリエンナーレ2019のトラブルについて

041  8月1日から開催されている『あいちトリエンナーレ』の企画展『表現の不自由展・その後』 が中止になった事について、論争がおこっています。

 『表現の不自由展・その後』は日本の公立美術館で、展示が不許可になった作品を展示したもので、その中で特に『平和の少女像(慰安婦像)』の展示と昭和天皇の写真を燃やして踏みつける動画が問題になり、抗議が殺到したり、放火の脅迫まで起って逮捕者まででる状況。

 展示を中止された出展者(企画者)は「表現の自由の侵害だ」「憲法21条違反だ」(この展覧会が愛知県や名古屋市などが主なスポンサーだったため)「検閲だ」と抗議。

 それを逐一マスコミが取り上げたりネットでも話題に上ったりして、更に騒ぎが大きくなってしまってます。

039  私がこの騒動にふれて思いだしたのが、10年前に(アメリカの)大学の教養で取っていたヒューマニティーのクラスの時に書いた期末レポートのことでした。

 アメリカでヒューマニティーのクラスは『芸術全般を広く浅く学ぶクラス』で、私はそのクラスで『どんなものでも芸術になりうるのか?』というテーマで期末レポートを書きました。

 私のレポートは、ある展示物が芸術作品として認められるかどうかを論文や本などを調べて考察するという内容でした。

 その時に調べたことによると、

芸術(アート)作品とは、
「美学的目的と倫理的な要件を満たしているもの」
だそうです。

美学的目的って言われても…なのだけれど、美しいもの、上品なもの、調和のとれたもの、などのポジティブな表現や体験を鑑賞者にもたらすことによって、作者と鑑賞者の間に(感情や考えなどの)やりとりを生むものらしいです。
(文字で表現すると抽象的でわかりにくいのだけれど、平たく言うと、美的手段を通して作者と鑑賞者がやりとりや情報の伝達のできるものを芸術作品と定義するようです。)

美学的目的はいいとして、では、倫理的要件は?というと、芸術作品は鑑賞者を無視しては成り立たないので、鑑賞者の立場や倫理的価値観を考慮したものでなくてはならないという事です。
(作者の一方的な思想や価値観の押しつけは芸術作品ではない。) 

  私の調べた文献の一つの“Aesthetic Obligation” という記事の中でイートン(Eaton)は、表現の自由は鑑賞者の倫理的価値観を侵害しないものであるべきだ、と主張していました。

031

 イートンの考えに照らし合わせると、今回の騒動の元になった展示作品のいくつかは鑑賞者の倫理的価値観を考慮に入れているようには見えないので、芸術作品の条件をみたしていないことになりそうです。

 「表現の自由が~」と騒ぐ企画者側ですが、そもそも、芸術作品ではないものを芸術展で展示しようとすることに無理があるのでは…
(芸術作品ではないものの展示を許可しちゃった主催者側にも問題が…)

 企画者の目的は鑑賞者に美的体験の機会を提供するものではなく、自分の思想を一方的に押し付ける(&騒ぎを起こして注目を浴びる)ことだったので、こんなに多くの批判にさらされたのではないかと思います。

 とはいえ、これだけ騒がれたら問題の展示そのものは中止されたものの、世間の注目を集めることには成功しているので、展示企画者の思うつぼであることは確かなようです。

※注:記事中の画像は2009年にヒューマニティーのクラスの課題で訪れたミュージアムで『あいちトリエンナーレ』とは関係ありません

 

» 続きを読む

| | コメント (4)

2019年8月 6日 (火)

ポケモンGO 71  GOロケット団リサーチ

Image9

 1日遅れの更新です。

(↑ロケット団リサーチの最初のタスク)

 前回書いたGOロケット団登場のすぐ後に、ロケット団に関するスペシャル・リサーチがスタートした。
リサーチの正式な名称は『怪しい集団の謎を追え』で、最初のタスクは「ポケモンを2匹進化させる」と「ポケモンを5回強化する」。
「2匹進化~」の報酬ポケモンは『ヤミカラス』、「5回強化~」の報酬ポケモンは『ヤミラミ』。

Image10

(↑2番目のタスク)

 2番目のタスクは「シャドウポケモンを2匹捕まえる」と「GOロケット団したっぱとのバトルで3回勝つ」。
「シャドウポケモンを2匹~」の報酬は『アーボック』で、「したっぱとのバトルで3回~」の報酬は『ドガース』。

Image11

(↑3番目のタスク)

 3番目のタスクは「シャドウポケモンを3匹リトレーンする」と「ほのお、みず、くさ、いずれかのタイプのポケモンを1匹リトレーンする」。

Image12

(↑4番目のタスク)

 3番目のタスクを達成すると4番目のタスクに進むけれど、4番目のタスクは報酬を受け取るだけのタスクだった。

 GOロケット団のリサーチは、幻のポケモンの出るリサーチと違ってタスクの数も少なく、ロケット団とのバトルをこなせば1日で達成できるタスクだった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

ポケモンGO 70  GOロケット団登場

Image1_20190802114401

 7月も終わって、遂に今日から(日本では昨日から)8月になってしまった。
8月の初っ端からポケモンGOで申し訳ないのだけれど、ポケモンGO関連の画像が溜まってしまっているので、今日はそのうちの1グループについての記事を書くことにしました。

(↑↓ロケット団関連のお知らせ)

Image2_20190802114801

 7月24日に、いつものように近くのモールまでポケモンGOをしに行ったら、怪獣が黒いポケストップを発見したので回してみると、ロケット団が現れて対戦になって、勝ってシャドー・コラッタをゲットしたらしい。
 その日の時点ではまだテスト段階だったのかよくわからないけれど、私の地図画面には黒いポケストップは表示されていなかった。
翌日もプレーしたのだけれど、色の違うポケストップはみつからず、翌々日の26日に別のモールに出かけたら色の違うポケストップを発見したので、回してみた。

Image3_20190802115101

(↑左画像のピンクの矢印の先:普通とは違う色と動きのポケストップ
中:近づいていくとポケストップが黒くなり、側にロケット団が現れる
右:黒いポケストップのフォト・ディスク画像)

 26日に私たちが色の違うポケストップを見つけた時点では、ゲームアプリの提供会社からのお知らせはなく、取りあえず手探りで進めることにした。

Image4_20190802122301

(↑左:最初に黒いポケストップのフォトディスクをタップすると現れるスパークのセリフ
中&右:ロケット団のセリフ)

 初めて黒いフォトディスクをタップすると、黄色のチームリーダーのスパークが現れて、ロケット団がいるので注意するように警告する。
(この警告のセリフは2回目からは表示されなくなった)
 その後画面をタップしていくとロケット団のセリフが表示されて『対戦』のボタンをタップするとロケット団との対戦が始まる。

Image5_20190802123701

(↑ロケット団との対戦の様子
中:ピンクの線で囲んだ部分が以前とは変わった部分)

 対戦のやり方はプレーヤー同士の対戦とほぼ同じだったが、残りポケモンとシールドの表示や技2の発動の仕方が変わっていた。

Image6_20190802124101

(↑対戦に勝利後の画面とスパークのセリフ)

 ロケット団のポケモン3体を倒すと、シャドーポケモンを捕獲するチャンスが与えられる、捕獲するボールはレイドで出てくるプレミアムボールで、ボールの数は勝つと無条件で2個+自分の手もちで瀕死にならなかったポケモンの数で決まるみたいで、最低3個は貰えるらしい。

Image7

(↑シャドー・ポケモンのリトレーン画像)

 捕まえたシャドー・ポケモンのステータス画面では、ポケモンの周りに紫の靄(炎?)のようなものがかかっているが、リトレーンして呪い?を解くと、紫の靄が白い色に変わる。

 Image8

(↑左:リトレーンしたコラッタ
右:普通のコラッタ)

Img_6597

(↑ポケモンBOXのシャドー・ポケモンとリトレーン・ポケモン)

 ポケモンBOXの表示も、シャドー・ポケモンは紫色の炎のような印がポケモンのアイコン横に表示され、リトレーンしたポケモンには水色の放射線状の印が表示されていた。

 色の違うポケストップは、ある一定の時間がすぎたり大戦に勝利すると普通のポケストップに戻ってしまう。
26日までは色の違うポケストップは少なくて、見つけても近くまで行くうちに普通のポケストップに戻ったりであまり対戦できなかった。
 翌日の27日から、色の違うポケストップが頻繁に現れるようになり、ロケット団のポケストップが頻繁に現れたのとほぼ同時に、ロケット団関連のスペシャルリサーチもスタートした。

 長くなったの出、スペシャル・リサーチについては、次回にUPすることにします。 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年7月30日 (火)

ガレージ脇の舗装 その7  フェンスの設置

01  2017年に柱を設置した1年後の2018年の独立記念日の休暇の時(7月5日)に、柱に梁を載せてラティスを取りつけてフェンス(目隠し?塀?)を作ることにしました。

(↑↓柱に梁を乗せる作業を始めたところ)

02

①柱に梁を乗せる 
 梁は以前に菜園などの枠に使われていた木を取り外したものを、再利用したので所々接合部分を組木にした。

03

(↑乗せる梁を並べておいたところ)

1_20190730063201

(↑組木で接続しているところ)

 組木と言っても、設計してくみ上げていくのではなく、手持ちの現物を合わせてカットして組み合わせて木螺子で止めていくという作業でした。

21

(↑梁をのせたところ)

家の西側(ガレージの脇側)は傾斜になっているため、梁も階段状に取りつけました。
階段状に取りつけるのは結構手間がかかました。

②フェンスの取りつけ

0_20190730065701 

(↑↓フェンスをとりつけ終わったところ)

 柱と柱の間には黒のプラスティック製のラティスを取りつけて目隠しにしました。
(本当は家の色に近いこげ茶色のラティスにしたかったのですが、色が白とオレンジ系の明るい茶色しかなくて黒にしました。)

02_20190730070301

 フェンスの取りつけの作業の画像もスマホの修理で失くしてしまったので、詳しい手順は記事にする事ができませんでした。

③扉の作成と取りつけ

1_20190730113501

(↑木で枠を作って、ラティスを貼っているところ)

③-1:木で枠を作って、ラティスを貼りつけて扉を作る

2_20190730113701

(↑左:扉の取り付けをしているところ
右:扉の取りつけが終わったところ)

③-2:蝶番で扉を柱に取りつける

4_20190730114001

(↑扉の取り付けがおわったところ)

③-3:扉の上の部分(鴨居?長押?)を取りつけて、施錠できるように錠前用の金具を取りつける

3_20190730114801

(↑左:蝶番
右:施錠用の金具)

ラティスをつけ終わって、扉をつけてガレージ脇の舗装&とフェンスの取りつけの作業は完了しました。
レンガで舗装していた時も含めると、完成までに4年もかかってしまった。
屋外の作業は天候に左右されるので、仕方がないけれど…

 

 

| | コメント (2)

2019年7月28日 (日)

ガレージ脇の舗装 その6  フェンス用柱の施工

1_20190728021502

 2016年にガレージ脇の舗装を延長して家の奥行き全部をペイバーストーンで舗装をしたのですが、翌年(2017年)は舗装を裏庭側の一部に延長&舗装の周りをフェンスで囲んで荷物を置けるようにすることにしました。

(↑裏庭に移動させたペイバーストーン)

 作業に入る前に6月5日に、裏庭側の舗装予定の場所に置いてあったペーバーストーンの残りを裏庭に移動させました。

2_20190728022901

(↑ペイバーストーン除けた舗装予定の裏庭側の様子)

 7月のインデペンデンスデーの週末3日~5日にはフェンスを取りつけるための柱をたてる作業をしました。

①フェンスを取りつけるための柱を立てるための穴を掘る。

1_20190728023101

(↑左:ポストホール・ディガーで穴を掘っているところ
右:小さなショベルで穴の深さや大きさを調整しているところ)

 ペイバーストーンで舗装した外側にウッドデッキの修正の時に使ったポストホール・ディガーで柱をたてるための穴を掘りました。
折角ペイバーストーンで舗装してあったのだけれど、柱を舗装部分ギリギリに立てるために縁の方のペイバーストーンを一部外して穴を掘らなければならなかったです。

②柱をたてて穴にモルタルを流し込んで基礎を固める

2_20190728030501

(↑柱をたて終わって、モルタルを流し終えたところ)

 モルタルを流し込んで2日後の7月5日に、外してしまったペイバーストーンを戻して、柱と柱の間の処理をしました。
③柱と柱の間を均してペイバーベースで固め、水平を出してレンガを並べて敷いて、ペイバーストーンを敷くための基礎にする

1_20190728031301

(↑柱と柱の間を均してつき固めているところ)

3_20190728033901

(↑水平を出してレンガを並べているところ)

④基礎のレンガの上にストッパーを敷いて固定、その上にペイバーストーンを敷いて舗装する

2_20190728032201

(↑基礎のレンガの上に黒のプラスティックのストッパー、その上にペイバーを敷いているところ)

4_20190728035601

(↑レンガ+ストッパー+ペイバーの縁どりを柱のない部分にも延長しているところ)

0708

(↑7月5日作業終了時の様子)

⑤裏庭側の一部をペイバーストーンで舗装

1_20190728040001

(↑7月29日 ペイバーストーンで舗装を終えた裏庭側)

 裏庭側の舗装については、画像の記録がないため詳しく書くことができませんでした。
のスマホで撮影はしてあったのですが、スマホの故障で修理に出したら、修理不能で新品と交換になったため、データの移行もできず画像のデータが全部なくなってしまったためです。

 2017年のフェンス設置作業は以上です。
続きは翌年の2018年に残りの作業をすることになりました。

 

| | コメント (0)

«ガレージ脇の舗装 その5  ペイバーロッキングサンドの施工