2019年2月20日 (水)

バレンタイン2018

Dsc_0049s  今年のバレンタインデーは木曜日だったので、バレンタインの食事は日曜日にする事にしました。

(↑↓バレンタインの食事に使ったテーブル・デコレーション)

Dsc_0055s 今年の食事はプチフールとアペタイザーとクラッカーにしました。

Dsc_0077s(↑プチフール)

プチフールは
・ザッハトルテ
・ブルーベリー・ムース・ケーキ
・ベークド・チーズパイ
・アップルパイ
・ストロベリー・マーブルケーキ
・苺とカスタードのパイ
の6種類でした。

Dsc_0095s(↑アペタイザーとクラッカー)

Dsc_0098s(↑アペタイザーとクラッカーを一人分取り分けたところ)

 アペタイザーは4種類、クラッカーは3種類準備しました。

Dsc_0104s(↑プチフール)

Dsc_0097s(↑苺とカスタードのパイ)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

雨氷

Dsc00084s 1月下旬は記録的な寒さだったけれど、2月に入ってからは最高気温が氷点下の真冬日と最高気温が+2~3℃の日が交互に繰り返されるようになった。

(↑↓2月7日、裏庭の生垣の雨氷)

Dsc00085s 気温が0℃前後で雨が降ると着氷性の雨になることが多く、雨氷になって木の枝等は水滴が凍ってツララのようになるし、路面はツルツルのスケートリンクのようになってしまう。

 気温が+だと雨氷も融けてしまうのだが、着氷性の雨が止んだ後気温が氷点下以下に下がってしまうと、氷は融けずに残ってしまう。

Dsc00079s(↑↓2月12日のライブラリーの窓に張り付いた雨氷)

Dsc00078s 2月の6日と12日には、雨氷を観察することができた。

 道路は凍っていたにも関わらず、6日も12日もカレッジは休校にならなかった。
公立の学校(小・中・高)は休校になっていた。

Dsc00081s(↑↓2月12日、玄関先の外灯に張り付いた雨氷)

Dsc00083s

 雨氷の時はスリップしやすく歩くのも運転も雪の時と同じ位危ないので注意が必要。

 早く春が来て雪と氷の世界から開放されないかなぁ…

| | コメント (4)

2019年2月14日 (木)

Victoria & Abdul
ヴィクトリア女王 最後の秘密

Img_7905s Victoria & Abdulは2017年の伝記ドラマ映画。ヴィクトリア女王とインド人のイスラム教徒の召使アブドゥルの交流を題材にした同名の実話に基づいた本を原作にした作品。
 邦題は『ヴィクトリア女王 最後の秘密』で日本では2019年1月25日から劇場公開。

Img_7906s アブドゥル(アリ・ファザル)はインドで刑務所で書記として働いていたが、1887年のヴィクトリア女王在位50年を記念するインドのムハール金貨を女王に献上するための贈呈役に選ばれ、モハマンド(アディ―ル・アクタル)と共にイギリスに渡航する。

Image1 女王にムハール金貨を献上した後、インドにすぐに戻る予定だったアブドゥルたちだが、ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)の「背の高い方は恐ろしいくらいハンサムね」の一言で、急遽帰国が延長され、翌日の首相との昼食会でアブドゥルとモハマンドはデザートのプディング(ゼリー)を給仕するように命じられる。

 

Image2 食事会でデザートを給仕した時に、アブドゥルはひれ伏してヴィクトリア女王の靴にキスをしたため、女王の目に留まりアブドゥルとモハマンドはヴィクトリア女王の個人的なフットマン(従僕)として使えるように命じられる。

 夫を亡くして孤独で、おべっかを使う取り巻きの貴族たちに飽き飽きしていたヴィクトリア女王はアブドゥルの率直さが気に入って、アブドゥルとの友情を育んでいく。

 アブドゥルとインドについて興味を持った女王は、アブドゥルが使っている言葉ウルドゥとコラーンを教えてくれるように頼み、アブドゥルは教師としてインドや彼の文化や宗教について色々なことを女王に紹介し、女王もアブドゥルの意見をとり入れてインドやイスラム文化に傾倒するようになる。

Image3 周りの貴族たちは、インド人の召使のアブドゥルが女王のお気に入りで、女王に影響を及ぼしていることが気に入らず、アブドゥルを女王から引き離す策略を練ったり、他の召使を煽って不満を表明させるなどのゴタゴタに発展してしまう…

 この作品は図書館からブルーレイを借りてきて観ました。

 細かな内容はネタバレになるので書けないのですが、女王とアブドゥルの交流や心の動きの描写がメインで、映像が綺麗で良い作品だと思いました。

余談:

 この作品の内容とは全く関係がないのですが、ヴィクトリア女王を演じているジュディ・デンチは2012年のコメディー映画『The Best Exotic Marigold Hotel』と2015年の続編『The Second Best Exotic Marigold Hotel』にもメインキャラクターで出演しています。
 この作品の中で、アブドゥルが女王に「インドに行かれた事はないのですか?」と聞くシーンがあって、女王が「一度もないわ」と答えるのですが、そのシーンを見ながら、「嘘~、(ジャイプルの)マリーゴールド・ホテルに住んでいたじゃない~」と思わず声に出して突っ込んでしまい、にあきれ顔で見られてしまった。

 

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

1月のポケモンGOプレイ
ポケモンGO 62

Img_1291s 1月のはじめのポケモンGOは、ホリデーイベントなど去年の暮れからのイベントが続いていた。

ヒ―ドラン・レイド

(←ヒ―ドラン・レイドのお知らせ)

 伝説レイドも12月19日の夕方から始まった『ヒ―ドラン』のレイドが1月15日の夕方まで続いた。
 ヒ―ドランは伝説のポケモンには珍しく雄と雌のいるポケモンだった。

Image1(↑ヒ―ドラン・レイドの様子)

 怪獣と私はレイドが始まった当日の夕方に5回レイドしたけれど、5回とも勝ったのに一匹も捕獲できなかった。

Image2(↑ヒ―ドラン捕獲画面とAR画像と捕獲したヒ―ドラン)

 期間中に11回レイドして、雌雄それぞれ2匹ずつ、合計4匹捕獲できた。

タマゴマラソン

Image1_3(↑タマゴマラソンのお知らせ)

 ホリデーイベントが1月2日に終了すると、入れ替わりでタマゴマラソンのイベントが始まった。
 タマゴを孵した時に貰える『ほしのすな』と『アメ』が2倍になるイベントで、15日の夕方まで続いた。

1月のコミュニティーデー(ワニノコ)

Image1_4(↑左:ワニノコ・デーのイベント中の地図画面
右:ワニノコ・デーのフィールド・リサーチのタスク)

 1月のコミュニティーデーは1月12日(土)の午後2時~5時まで(東部標準時)で、大発生したポケモンは『ワニノコ』だった。
 去年まではコミュニティデーのイベントの日時は世界中で一定の時間に設定されていて、時差の関係から日本のイベントの方がアメリカのイベントよりも14~15時間早く開催されていた。
 今年になってから、アメリカのイベントが1日繰り上がって開催されるようになり、アメリカのイベントが現地時間の土曜日、日本のイベントが日曜日に開催になった。

Image2_2(↑左&中:色違いのワニノコ
右の画像ピンクの丸の中:個体値0の色違いワニノコ)

 今年から日時が変わっているとは知らずに、土曜日に新年会の食事会を入れてしまっていたので、食事の準備をしながらのイベント参加で2時間のみの参加だった。

Img_1485s(←個体値0の最弱の色違いワニノコ)

 イベント期間中は、タマゴの孵化の距離が1/4に短縮、イベント終了後1時間までにオーダイルまで進化させると特別な技『ハイドロカノン』を覚える、ルアーモジュールの持続時間が3時間に延長、の3つの特典があったが、食事会の準備で忙しくて、オーダイルに進化させるのを忘れていた。

 イベントに参加した2時間で私は7匹の色違い、怪獣は3匹の色違いの捕獲に成功した。
 後で調べてわかったのだけれど、私が捕まえた色違いのワニノコのうち1匹は個体値が0の最弱のワニノコだった。
 個体値0は滅多にでない上に色違いなので、弱くても交換や博士に送ることができなくなってしまった。

ホウエン・ウィーク

Image1_2(↑ホウエン・ウィークのお知らせ)

 1月15日の夕方にタマゴマラソンとヒ―ドラン・レイドが終了して、ホウエンウィークのイベントと伝説レイドでカイオーガとグラードンのレイドが始まった。

Img_1540s(←ホウエンウィークのフィールド・リサーチ)

 ホウエンウィークのイベントでは、新たに『スバメ』と『ジグザグマ』の色違いがでて、伝説レイドのグラードンも色違いがでた。

 イベント期間中にスバメとジグザグマを捕まえまくったけれど、遂に色違いには出会えなかった。
 グラードンの方は、私は期間中3回目のグラードン・レイドで色違いに遭遇、怪獣は色違いにはあたらなかった。

Image2_3(↑上段:色違いのグラードン
下段:通常色のグラードン)

 いつも使っているSNSのチャットによると、色違いの出現率は1/30くらいらしかったので、3回目のレイドで出会えたのはラッキーだった。

 ホウエンウィークとカイオーガとグラードンのレイドは29日の夕方で終了した。

ヒンバスの特別タスク

Image4(↑ヒンバスの特別タスクのお知らせ)

 1月19日(日)は3時間限定で、達成するとヒンバスが出現するフィールド・リサーチのタスクがポケストップから受け取れるイベントがあった。
 色違いも実装されるという事だった。

Img_1560s_2(←ヒンバス・リサーチ)

 達成するとヒンバスが出現するフィールド・リサーチのタスクは4種類。

・相棒と歩いて1個アメをもらう
・タマゴを1個かえす
・ナイススローを15回投げる
・グレートスローを10回なげる

だった。

 ヒンバス・リサーチのタスクは歩いて距離を稼ぐタスクが多くて思ったほどクリアできなかった。
 3時間で手に入ったタスク15個クリアしたけれど、色違いは出なかった。
(SNSの情報によると出現率は1/75らしいので、出ないのも仕方ないかも…)

コダック・イベント

Img_1638s(↑ブラジルでのイベントのお知らせ画像)

 1月の最後の週末と日曜日は、ブラジルでイベントがあり、イベントに合わせて色違いのコダックが実装された。
 1月最後の週末は外気温が低かったことと、私が風邪をひいて外に出られなかったために殆どプレーできなかったけれど、の運転で車で移動中に偶然色違いを捕獲できてしまった。

Image2(↑左:通常色のコダック
右:色違いのコダック)

 

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

Galentine's Day

059s いつもハンドソープなどを買っているBath&BodyWorksの広告に、バレンタイン・デーと並んで"Galentine's Day"のギフトの案内があったので、"Galentine's Day"ってなんじゃらほい?ということで、調べてみました。

Parksresponsive "Galentine's Day"(多分『ガ―レンタイン・デー』と読む)は2009年~2015年に放映されたコメディ・ドラマ『パークス・アンド・レクリエーション』の主人公のレズリー・ノープ(女優のエイミー・ポーラが演じている)が、2010年に放映されたシーズン2の中でお祝いしていた架空の祝日で、日にちは2月13日。

(↑パークス・アンド・レクリエーション
https://www.nbc.com/parks-and-recreation
より引用)

 2月13日(バレンタイン・デーの前日)に、夫や彼氏抜きで女子会を開いて、女の親友に愛の気持ちを伝える日らしい。

Dsc_0009s ドラマの中の女子会ではワッフルを食べて(ブレックファースト・スタイルの食事らしい)、主人公のレズリーはガールフレンド一人一人に、手作りのプレゼントと5000単語のその友達が好きな理由を書いた手紙を添えて渡していたらしい。

 "Galentine's Day"で検索すると、パーティーのアイディアやギフトも出てきて面白い。

 バレンタイン・デーはカップルが愛をお祝いする日なので、前日の"Galentine's Day"に女同士の友情をお祝いするのも楽しいかも…

 

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

節分2019

Dsc_0040s 2月3日は節分だったので、海苔巻きを作りました。

(↑食事を並べたところ)

 今年は復学して宿題やテストもあって時間も取れないので、行事の食事会も頻繁にしなくなっています。
 節分の時も、宿題とテスト準備があったので、軽く家族のみで食事にすることにしました。

Dsc_0045s

 去年まではお寿司の他におかずも作っていたけれど、食べきれずに余ってしまうので、今年はお客様もいなかったので海苔巻き3種類(6本)といなり寿司とお味噌汁のみにしました。

Dsc_0051s(↑一人分を取り分けたところ)

 まるかぶりは食べにくいので、今年は海苔巻きは1/4にカットして食べました。

Dsc_0052s(↑デザートのカップケーキ)

 デザートにはピカーンの生地に小豆クリームのカップケーキを作りました。

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

弱り目に祟り目
超低温&ガス施設の火災

Img_1652s スノーストームが過ぎ去った翌々日に今度は大寒波(超低温)がやって来た。

(↑30日午前)

 天気は曇りか晴れで雪は降っていなかったものの、とにかく気温が低い。
30日水曜日は気温が―18℃気温が―24℃体感温度は―35℃まで下がった。

Img_1645s(←30日のお天気アプリの表示)

 水曜日は私と怪獣が通っているコミカレも寒さで閉鎖。
生徒の中にはバス通学している人もいるし、車で通学していても、駐車場から講義のある建物まで少し歩くので、超低温だとかなり危険。

 防寒用のダウンコートを着ていても、屋外にいるとコートを通して寒さが伝わってくる寒さ。
深呼吸なんかしたら呼吸器が凍ってしまうんじゃないかという寒さ(深呼吸は危険だと言われているので試した事がない)。

 の会社も午前10時~午後3時までの通常より短い時間の就業だった。

Img_1655s(↑30日午前)

 30日の夜は、私が登録した異常心理学の今学期最初の講義の日だったけれど、学校が閉鎖になったため講義は休講。
 30日の午後のクラスでも小テストがあったけれども、休講になって助かった。

Img_1660s(←30日夜のお天気アプリの表示)

 30日夜には、のスマホのアラートが鳴って、何だろうとと確認すると、ガス会社からのアラートで、低温のためガスの需要が多すぎて供給が追いつかないので、2月1日金曜日までは暖房の温度を65℉(約18℃)以下に設定するように警告がでた。
(私たちの住んでいる地域で使われている暖房はガスのセントラルヒーティングのため)

 普通は超低温になってもアラートがでたことはなかったので不思議に思っていたら、ポケモンGOのSNSのチャットで、ガス供給施設のうちの一つで30日の午前に火災が起ったのが、アラートがでた原因だとわかった。

Img_1673s(↑ゲームコミュニティの SNSのチャットに貼りつけられていた画像)

 火事で一時施設を閉鎖して供給が普段より6割落ちているところへ、超低温で需要が鰻のぼりに上がって、深刻な状態に陥ってしまったらしい。
 ネットの記事では、もし消費者がガスの使用量を控えない場合は、全面供給停止の可能性もあると書かれていた。

Img_1654s 供給停止になったら困るので、うちの暖房の設定温度も普段の68℉から63℉へ下げて水曜日の夜から金曜日まで過ごすことにした。

 ただでさえ寒いのに、家の中まで寒いなんて…『弱り目に祟り目』だよぉ~

(。>0<。)ビェェン

Image1(←カレッジのスマホサイトの学校の状況

上から
29日:1月29日火曜日は学校は開いていて、全ての講義はスケジュール通り。
全てのキャンパスは水曜日1月30日は閉鎖。

30日:更新済み、1月30日水曜日、全てのキャンパスは今日は閉鎖。
1月31日木曜日も閉鎖予定。

31日:1月31日、全てのキャンパス今日は閉鎖。
カレッジは2月1日金曜日は開ける予定。)

| | コメント (3)

2019年1月30日 (水)

スノーストームと風速

Img_1629s 週明けの1月28日はスノーストームが近づいてくるということで、の会社も怪獣の講義もお休みだった。

(↑28日の朝の表庭)

Img_1628s(←怪獣と私が通っているコミカレのスマホのサイト。
一番上のオレンジ色の帯に、『月曜、1月28日、≪学校名≫は荒天のため閉鎖』と英語で書かれている。)

 公立の小中学校や高校とは違い、大学やカレッジは同じ公立でも簡単には休校にはならない。
(つい2週間前にも軽い雨氷が起って、公立の小中学校や高校はお休みだったが、コミカレは授業があったので、いかなければならなかった。)
 28日当日も、朝早くはまだ雪も強くなかったので、休校になるか微妙だったけれど、昼少し前から午後にかけて降雪量が多くなる予報だったので、休校になったみたいで助かった。

Img_1631s(↑28日の朝の裏庭)

 荒天だったが、暴風雪というほどの強さはなかった。
細かい雪と強風が続く天候で、視界も悪く、積雪の量も多かった。
 視界が悪いのが休校や職場の閉鎖の理由だったみたい。
気温は気温が-3℃と最近にしては比較的暖かだった

Image1(←28日のお昼頃のお天気アプリの表示)

 28日当日のお天気アプリでは、風速15mphになっているけれど、m/秒になおすと、7m/s弱くらい。

 風速に限らず、アメリカで速度を表す時はmphという単位を使うことが多い。
 mphはmile per hour(マイル・パー・アワー)の略で、1mph=0.447m/s。
(秒速はmphの表示の約半分弱という感覚です。)

 アメリカはメートル法を採用していない数少ない国で、先進国の中では唯一の国らしいです。

 アメリカで生活を始めた時は、温度も華氏だし、長さもインチ、フィート、ヤード、マイルだし、重さもポンド、容積などはオンス、ガロンなので、非常に不便だったけれど、だんだん慣れてきた。

 華氏やポンドやマイルは頻繁に使うので、感覚もつかめてくるのだけれど、フィートはあまり使う単位ではないのでピンとこない。
 GPS(カーナビ)に「900フィート先、目的地は左側です」とか言われても、900フィートってどれぐらいの距離なのか検討がつかない。
 3フィート=1ヤード=約92㎝だから、3でわればmの数値に近くなるのだけれど、車を運転しながら咄嗟の割り算なんて私にはできない。

 アメリカの度量衡に慣れるにはまだ時間がかかりそうです。

 ちなみに、アメリカの車のメーターにはマイルとメートルの両方のゲージがついていたり、切り替えができるようになっている。
 陸続きの国境を超えたカナダやメキシコはメートル表示なので、その対応のためだと思います。
 カナダとメキシコの車にも両方のゲージがついているけれど、メートルのゲージがメインで、マイルのゲージは小さいです。(アメリカはその逆でマイル表示の方が大きい)

Img_1633s

 

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

外灯の交換
リモデリング94

Image2

 久々のリモデリングの記事です。

(↑交換前の玄関先の外灯)

 築40年の我が家は設備などが古くなっているので、色々交換したりリフォームが必要だったりします。
 玄関とガレージのところの外灯も、使用には問題はないものの、塗装が剥げてきているので新しい外灯と交換することにしました。

Dsc00052s(↑交換前のガレージの外灯)

 外灯の交換は、去年の12月にが姑の手術につき添うために日本に行く直前にしたのですが、は作業を指示するだけで、付け替えの殆どの作業は怪獣がやりました。

Image3(↑新しく購入した外灯。
箱から出したところ。)

Image4(↑左:玄関前の外灯を取り外しているところ、
右:取り外したあとの壁)

Image5(↑左:ガレージの外灯を取り外ししているところ。
右:取り外したあとの壁)

Dsc00078s(↑取り外した古い外灯)

 古い外灯を取り外して新しい外灯を取りつけるだけなので、2~3時間で終わると思っていたけれど、古い外灯を外したら壁の外灯の穴に汚れが溜まっていたりして掃除が必要だったり、新しい外灯を取りつけるためのマウントの金具が古い穴と合わなくて調整が必要だったりと色々で、結局交換に丸1日かかってしまった。

Image1(↑交換後の新しい玄関の外灯)

Dsc00071s(↑↓交換後の新しいガレージの外灯)

Image6 

 新しいガレージの外灯は、古い外灯と比べるとかなり小さくなってしまって、は不満だったようだけれど、玄関の外灯とデザインを合わせるためなので仕方がなかったです。

 表庭側の外灯の交換は済んだので、後は裏庭の外灯3カ所を交換すればOKなのだけれど、冬は寒いので暖かくなるまで待つことにしました。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

大寒&月食

Img_7885s 1月20日は大寒だった。

 大寒だけに非常に寒い日でした。

Img_1572s_2(←20日の天気アプリの表示)

 天気は晴れていたものの、前日の19日に降った雪が積っていて最高気温が-12℃最低気温は-19℃、風が強く体感温度は-25℃だった。

{{{{(+ω+)}}}}寒ううぅ~

 寒すぎて、午後の暖かい時間に近くの公園までポケモンGOのポケストップを回すために徒歩で出かけたけれど、あまりの寒さに、スマホのバッテリーの減りが激しく、95%越えで家を出たのに、20分くらい歩いたところで50%に、その直後にいきなり電源が落ちてしまった。

Img_7894s

 使い捨てカイロをスマホにあてて、モバイルバッテリーで充電しながら公園に行ってポケストップだけ回して帰って来た。、
 この寒さのなか徒歩でポケモンGOするなんて、自殺行為だよ~、俺たちクレイジーじゃね?と怪獣と話しながら帰って来た。

月食観察:

S(←デジイチで手でカメラを持って撮った画像。
シャッタースピードが遅くて手ぶれがでている。)

 20日の深夜(21日の早朝)、ココログのSNSで『つぶやき』をみていたら、21日に南北アメリカで月食が観察できるというつぶやきがあったので、慌てて外にでてみたら、三日月くらいに欠けた月が見えた。

Dsc00064ss(↑ソニーのサイバーショットで撮影した月食の画像。)

 慌てて3脚を出して撮影を試みたのだけれど、寒くてセッティングに時間がかけられない。
 3脚だけれど、しっかり固定はせず、ほぼ1脚のような使い方で、(寒い事と私の目が悪くてファインダーでの撮影は無理なので)ディスプレーに月が映ったらシャッターを押そうと試みるも、手袋をはめたままではシャッターが押せない。

ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブル
寒すぎ~

Img_1599s(←月食観察時のお天気アプリの表示
体感温度-29℃

 手袋を外すと一瞬で指先がかじかんでジンジンしてくる。
2回くらいシャッターを切ったらカメラごと屋内に戻る、を数回繰り返して、やっと撮れた手ぶれの少ない画像が上↑の画像。
(スマホでも撮影したけれど、これは手ぶれが酷くて全滅だった。)

 快晴で視界はクリアだったのだけれど、寒すぎて長時間の観察には向かない天気でした。

 前もってわかっていたらなぁ…
火でも焚いて備えられたも知れない。

| | コメント (3)

«ヤッキーという名のバーガー2