2022年5月25日 (水)

青空ゼリー&天の川ゼリー&ビーチゼリー

Dsc03069s

 夏に先駆けて、去年はまっていたカップゼリー作りの中の青空ゼリーと天の川ゼリーを今年も作ってみました。

(↑↓青空ゼリー)

Dsc_0402s

 折角作ったからには夏っぽい背景で撮影したかったので、ビーチ風とギンガムチェックで撮影してみました。

Dsc_0398

(↑↓天の川ゼリー)

Dsc_0409s_20220518133001

 天の川ゼリーは七夕風の笹っぽい葉を使った背景でも撮影してみました。

Dsc_0408s

(↑↓ビーチゼリー)

Dsc_0408s_20220518133401

 ビーチゼリーは今年初めて作りました。
 砕いたグラハムクラッカーと市販のベリーミックスゼリーの素とヨーグルトゼリーに貝殻の型に流して固めたチョコレート(ホワイト&バタースコッチ)を乗せました。

 どのゼリーも材料は安価だし、ゼリー液を作るのも簡単なのですが、組み立てに時間がかかるのが問題です。
 夏らしい見た目だけれど、今年の夏にもう一回作るくらいかなぁ…?
 毎年我が家恒例の夏至のクールデザートの時に作るか、BBQパーティーの時に作るかで迷っています。

» 続きを読む

| | | コメント (3)

2022年5月22日 (日)

デイトン航空遺産国立歴史公園

Dsc_0406s

 デイトン航空遺産国立歴史公園は、初の動力飛行に成功したライト兄弟(ウィルバー・ライトとオーヴィル・ライト)とアフリカンアメリカンの詩人のポール・ローレンス・ダンバーに関する展示や関連の史跡(建物など)のある区画を公園にしたもので、デイトンのダウンタウンにあます。

(↑Wright Brothers Aviation Trail ビルディング)

 国立公園と言う事だったので、他の国立(自然)公園のように広大敷地をイメージしていたのですが、着いてみると旧市街地の一角と言う感じで街並みに溶け込んでいて、パッと見には国立公園のようには見えませんでした。

Img_0696s

(↑↓Frank・B・Hale Groceryの店内の再現)

Img_0697s

 Wright Brothers Aviation Trailビルディングは、1900年代にFrank・B・Hale Groceryのあった場所にあって、表通りに面した一部はFrank・B・Hale Groceryの外観が当時の姿に再現されていて、表通りから見える室内も当時の様子に再現されています。

 Frank・B・Hale Groceryのお店の再現部分以外の建物の内部は、ライト兄弟とポール・ローレンス・ダンバーに関する展示でした。

Img_0694s

(↑幼少期のウィルバーとオーヴィル・ライトの展示)

 館内はいくつかの部屋に分かれていて、展示物を自分で歩いて見て回る形でした。
(ポール・ローレンス・ダンバーは、ライト兄弟の弟のオーヴィルと同級生で、ライト兄弟が飛行機を作っていた同時期にFrank・B・Hale Groceryの近くに住んでいたそうです。私たちは特にダンバーには興味がなかったので、ライト兄弟の展示だけを見ました。)

Img_0714s

(↑↓ライト兄弟が経営していた印刷業の展示)

Img_0713s

Img_0702s

(↑ライト兄弟が印刷業と同時に運営していた自転車屋の展示)

Dsc_0409s

(↑ライト兄弟が経営していた自転車屋、看板に"The Wright Cycle Co."の文字が書かれている)

Img_0720s

 Wright Brothers Aviation Trailビルディングの隣には、ライト兄弟が経営していた自転車屋の建物が保存されていました。

Img_0706s

(↑ライト兄弟のグライダーの模型)

Img_0705s

(↑グライダーの操縦法の解説)

Img_0708s

(↑1903年12月19日のThe World紙、12月17日にノースカロライナでライト兄弟が世界初の有人動力飛行に成功したことを伝える記事が掲載されている)

Image1_2


(↑2011年の『First Flight & Golden Spike』の記事に載せたノースカロライナのステートコイン、ライト兄弟の有人動力飛行が描かれている)

Dsc_0403s

(↑館内に展示されていたグライダーのレプリカ?)

 館内の展示は結構充実していたのですが、私たちが入館して40分くらいで閉館になってしまったので、ゆっくり説明を読むことができなくて、ざっとしか見られなかったのが残念でした。

 

| | | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

国立アメリカ空軍博物館9(再訪問4 その他)

Dsc_0393s

 2つ前の記事からの続きです。

(↑North American XB-70 Valkyrie ビルディング4)

 宇宙開発の展示コーナーを見た後は、ビルディング4の残りの展示をざっと見て回りました。

Img_0650s

(↑左:X-24A Lifting body, 右:X-24B Lifting Body, ビルディング4)

 Dsc_0391s_20220517053701

(↑Machines in Motionの展示コーナー、ビルディング4)

 ビルディング4にはレオナルド・ダヴィンチの設計図を元に再現した機械が展示されているコーナーもありました。
 実際に触れて動かせる展示なので、子どものいる家族連れに人気でした。

 Img_0671s

(↑ミサイルギャラリーの展示)

 私たちが訪問した日には、ビルディング3でSabre F86DとStarfire F94Cのコックピットを見学できるイベントをしていると言う事で、ビルディング3に移動して見学することにしました。

Img_2841s_20220517062901

(↑Sabre F86D, 2019年3月17日撮影)

Dsc_0398s_20220517063301

(↑展示されていたSabreF86Dのコックピット、2022年4月23日撮影)

Img_2840s

(↑StarfireF94C, 2019年3月17日撮影)

Dsc_0396s

(↑展示されていたStarfireF94Cのコックピット, 2022年4月23日撮影)

 StarfireF94CとSabreF86Dは隣同士に展示されていて、係員がついていてゲームや解説をしてくれていました。
 コックピットの写真は撮ったのだけれど、機体の写真は撮り忘れたので、3年前に行った時の画像をUPしました。

 StarfireF94CとSabreF86Dのコックピットを見た後は、デイトン市内にあるDayton Aviation Heritage National Histrical Park(デイトン航空遺産国立歴史公園:最初に動力飛行機を作って飛行に成功したライト兄弟の関連の展示や資料などがある)に行く事にしました。

 デイトン航空遺産国立歴史公園訪問については次回以降の記事で書きます。

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

我が家の桜

Dsc03009s

 国立アメリカ空軍博物館の記事の途中ですが、ちょっと飽きてきたので今年の我が家の桜の花の画像を挟んで一休みすることにしました。

(↑↓5月2日の桜)

Dsc03011s

 今年は4月18日に雪が降って積もったりして、気温もなかなか上がらず冬日が続いて我が家の庭の山桜も4月中は固い蕾の状態でしたが、5月に入って一気に暖かくなり、5月2日から少しずつ開花しはじめました。

Dsc03030s

(↑↓5月3日の桜)

Dsc03022s

 我が家の桜は山桜で花と葉が一度に芽吹くタイプです。
 同じ山桜でもオオシマサクラなら、塩漬けにして桜餅の葉に使えたのに…

Dsc03033s

(↑5月4日の桜)

Dsc_0374s_20220516102401

(↑5月9日の桜)

 9日にはほぼ満開で、夜桜が綺麗だったので撮影してみたのですが、風の強い日でISOを上げてシャッタースピードをできるだけ短くして撮影したのですが、それでもブレてしまいました。

Dsc_0382s_20220516102901 

(↑↓5月11日の桜)

 11日には満開を過ぎて、花が散り始めました。

Dsc_0385s

 14日には花は殆ど散って、葉桜になってしまいました。

 

» 続きを読む

| | | コメント (2)

2022年5月10日 (火)

国立アメリカ空軍博物館8(再訪問3 宇宙開発)

 2日遅れの更新です。

 大統領専用機が展示されているビルディング4には輸送機やマッハ競争やレオナルドダヴィンチの機械の再現や宇宙開発などが展示されています。

 宇宙開発についての展示はビルディング4だけでなく、隣のビルディングのミサイルギャラリーにも一部展示されていました。
(ロケットとミサイルは基本的に同じものなので…)

 ビルディング4にはマーキュリー計画、スジェミニ計画、アポロ計画、スペースシャトル計画の展示がされてました。

マーキュリー計画

Img_0626s

(↑マーキュリー宇宙船)

 マーキュリー計画は1958~1963年に実施された有人宇宙飛行計画です。
 展示されていたのはマーキュリー宇宙船(展示されていたものは、試験飛行のために作られたもので、実際には飛行していないが、一部のパーツは実際に宇宙飛行したマーキュリー宇宙船に流用された)と、マーキュリー宇宙服(1963年に34時間宇宙飛行をした時に、マーキュリー宇宙船フェイス7の宇宙飛行士ゴードン・クーパー少佐が実際着用したもの)でした。

Image3_20220510061901

(↑マーキュリー宇宙服)

 マーキュリー宇宙船は小柄な人が一人やっと座れるくらいの大きさで、マーキュリー宇宙服は狭い船内でも着られるようにぴったりしたデザインになっていて、宇宙船の空気が漏れてなくなってしまった場合に宇宙飛行士の生命を守るためのバックアップとして使われていたそうです。

ジェミニ計画

Img_0634s

(↑ジェミニB宇宙船)

 ジェミニ計画はマーキュリー計画とアポロ計画の間に行われた、有人地球周回飛行とドッキングや船外活動などの実験を目的に行われた計画で、乗務員は2人。
 ジェミニB宇宙船は発射と大気圏再侵入の際にのみ使用された。宇宙飛行士は宇宙滞在時は宇宙船の後方に接続されたMOLモジュール(約6mの長さ)で過ごしていた。

Img_0632s

(↑ジェミニG4C宇宙服)

 ジェミニG4C宇宙服はジェミニ計画で使われた最も一般的な宇宙服で、船内ではヘルメットや手袋を外す事ができた。
 展示されていたジェミニG4C宇宙服船内用の宇宙服で、船外で活動する場合は船外活動用のジェミニG4Cスーツを着た。

アポロ計画

Img_0644s

(↑アポロ計画に使われたサターンⅤ型ロケットの模型)

 アポロ計画は1961年から72年にかけて行われた、有人月面着陸計画。

Img_0638s

(↑モデル A7L 宇宙服)

 モデルA7L宇宙服はアポロ11号で人類初の月面着陸の時に船内活動時に着用された宇宙服と同型のモデル。

Image1_20220510072201

(↑アポロ15で使われた、モデルA7LB宇宙服とコマンドモジュール・エンデバー宇宙船)

 展示されていたモデルA7LB宇宙服はアポロ15号の月面歩行時に用いられた宇宙服と同型のモデル。

スペースシャトル計画

Img_0607s

(↑スペースシャトルの模型)

 スペースシャトル計画は再使用型のオービターを使って宇宙ステーションとの行き来や衛星の打ち上げなどを目的にした計画で、1981年~2011年まで運用されていました。

Img_0667s

(↑スペースシャトルの実物大模型)

 ビルディング4には、スペースシャトルの実物大の模型が展示されていて、内部も実物と同じに作られていて、内部を歩いて見る事ができました。

Img_0622s

 実物ではないので、はあまり興味を示さなかったのですが、内部見学の出口の所で博物館の職員さんが、展示されている模型は宇宙飛行士の訓練のために作られた模型で、実際にこの模型内で訓練が行われていたことを説明してくれました。スペースシャトル計画が終わった後、展示のために国立アメリカ空軍博物館に移設されたそうです。
 訓練で実際に使われていたと聞くと、また違った印象を受けました。

Img_0609s

(↑↓スペースシャトルの着陸シュミレーター)

 スペースシャトルの実物大模型の横には、操縦桿(のみ)を使って(他は自動)オービターを滑走路に着陸させるシュミレーターがありました。
 私とで何度か挑戦したのですが、私は何度やっても墜落、は3回目くらいで無事に着陸させることが出来ました。(私がパイロットじゃなくて本当に良かった。)

Image4_20220510100701

» 続きを読む

| | | コメント (2)

2022年5月 5日 (木)

国立アメリカ空軍博物館7(再訪問2 大統領専用機)

Sam 26000

Img_0532s

 2日目(24日)はビルディング4の大統領専用機から見学に行きました。

(↑↓Sam 26000の実機)

Dsc_0364s_20220503094201

 Sam 26000(通称エアフォース・ワン)はケネディ大統領時代の大統領専用機。
 ボーイング707を改造した機体で、1962年から1998年の3月まで使われていました。
 1998年の5月に、国立アメリカ空軍博物館のあるライト・パターソン空軍基地への最終フライトを行って、以降は国立アメリカ空軍博物館のビルディング4で展示されています。

Img_0598s

(↑画像クリックで拡大画像へ)

Dsc_0369s_20220503094401

(↑Sam 26000のコックピット)

Img_0543s

(↑Sam 26000の機内)

 

CulombineⅢ

Img_0550s

(↑↓CulombineⅢの実機)

Dsc_0372s_20220503095101

 CulombineⅢはアイゼンハワー大統領時代の大統領専用機。
 ロッキード・L-1049・スーパー・コンステレーションの改造機で、CulombineⅡ(1953~1954年)の後継機で1954~1961年まで使われました。
 1966年に退役し、以後国立アメリカ空軍博物館に展示されています。

Img_0549s

(↑画像クリックで拡大画像へ)

Img_0552s

(↑CulombineⅢのコックピット)

Img_0559s

(↑CulombineⅢの機内)

 

Sacred Cow

Img_0565s

(↑Sacred Cow)

 Sacred Cow(ダグラスVC-54C スカイマスター)は、初の大統領専用機として作られた機体で、ルーズベルト大統領時代1945年に大統領専用機として運用開始され、1947年まで使用されました。その後、空軍で輸送機などとして使用され、1961年に退役。1983年に国立アメリカ空軍博物館に移送されて現在ビルディング4で展示されています。

Img_0568s

(↑Sacred Cowのコックピット)

Img_0571s

(↑Sacred Cowのギャレー)

Img_0572s

(↑Sacred Cowの機内)

 Sacred Cowの機内はギャレーに電気冷蔵庫が備え付けられたり、ソファーの後ろに折り畳みベッドが隠されていたりで、当時としては常識外れに豪華な内装だった。

 

Independence 

Img_0575s

(↑Independenceの実機)

 Independence(Douglas VC-118)は、ハリー・トルーマン大統領の移動のための第2の飛行機として作られた機体で、1947~1953年まで使われた。
 その後VIPの移動のために使われて1965年に引退して、国立アメリカ空軍博物館で展示されるようになった。

Img_0582s

(↑Independenceのコックピット)

Img_0584s

(↑Independenceの機内)

 私たちが訪問した時に内部を見ることのできた大統領専用機は↑上の4機体でした。

 

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2022年5月 2日 (月)

国立アメリカ空軍博物館6(再訪問1)

Img_0529s

 4月22日と23日にオハイオ州のデイトン近郊にある国立アメリカ空軍博物館にと2人で行ってきました。

(↑博物館のアトリウムと出口)

 国立アメリカ空軍博物館は2019年にも行ったことがあるのですが、5つある展示の建物のうち3つまでしか見られなかったので、残りの2つを見るのが今回の目的でした。

 前回訪れた時には↑上の写真のアーチ型の下の部分が出入り口でしたが、現在はオレンジの矢印の先のビルディング1に入口は移されていました。
 出口は以前と同じでした。

Img_0500s

(↑↓National Aviation Hall of Fame内の展示)

Img_0505s

 22日は博物館に行く前に、去年のアラバマ旅行の時に立ち寄ったラブリーズ・ファーマーズマーケットにランチと買い物に寄ったので、博物館に着いたのは閉館の1時間前(4時)でした。
(ラブリーズ・ファーマーズマーケットは4月28日までは冬季休業で閉まっていたので、ランチも買い物も出来なかったのは残念でしたが…)

 National Aviation Hall of Fameは4時30分で閉鎖だったので、ざっと見学してビルディング3を通ってミサイル・ギャラリーへ進みました。

Img_0511s

(↑↓ミニットマン(大陸間弾道ミサイル)の展示)

Img_0506s

 ビルディング3は冷戦時代の展示でしたが、前回見学したので通り抜けるだけにしようと思っていたのですが、少し展示が変わっていたので、翌日に見ることにして、ミニットマンの展示をざっと見たら閉館の時間になったので、その日はホテルにチェックインするために移動しました。

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

あっという間に終わったグリーンカードの更新 その2

Img_0180s

 前の記事からの続きです。

 申請手順が終わって暫くすると登録したメールアドレスにUSCISからお知らせがくるので、申請の時に作ったアカウントにサイインすると自分の手続きの進捗具合を見ることができます。(ちなみにサインインは登録したメールアドレスとパスワードだけではできないようになっています。)

 進捗具合を見ると、(私の場合は)発行までに3か月くらいかかると書かれていました。

Dsc02956s

(↑I-797 Notice of Action 申請手数料受領通知)

 オンライン申請の2日後にはI-797(申請手数料受領通知)が届き、グリーンカードの有効期限が期限切れの日から12か月延長される旨が書かれていました。

C=(^◇^ ; ホッ!
 この書類があれば、手続き中にグリーンカードの有効期限が切れても取り敢えず大丈夫~

Dsc02960s

(↑I-797C Notice of Action)

 I-797の翌日にI-797Cが届き、それによると「指紋と写真は前回カードに使ったものを使うから、USCISの窓口に出頭する必要はないけれど、徴収した指紋採取と写真撮影の手数料(85ドル)は返さないからね」と、言う内容だった。

 怪獣は私たちよりも1日遅れで申請したのだけれど、I-797C(指紋採取と写真撮影の手数料は返金しない通知)の方がI-797(申請手数料受領通知)よりも先(私たちがI-797Cを受け取った日と同日)に届いていました。
 おまけに、怪獣のI-797Cの封筒は糊付けすらされていませんでした。
 「返金しません」通知の方が、「受け取りました。有効期限が12か月延長されます。」通知よりも先に届くなんて(おまけに、怪獣の封筒は糊付けされてなかったし)、「どれだけ返金したくないんだよ~」と、思ってしまいました。

Dsc02963s

 I-797Cを受け取って約3日後に、更新されたグリーンカードが配達されました。
 進捗確認のサイトでは、手続きに3か月かかると書かれていたのに、申請から数日(1週間以内)と、あまりにも早く届いたことと、カードのデザインが変更になっていたので「本物のカードが出来るまでの仮のカードかしら?」と、思ってしまいました。

 他州に住んでいるには、申請から数日後にI-797、I-797C、更新されたグリーンカードが一度に届いて、もまた「仮のカードではないか」と、思っていたようです。

Greendcards

(↑新しいグリーンカードのデザイン。
https://www.immihelp.com/sample-permanent-resident-card-greencard/より引用。)

 

 有効期限が2週間を切ってから申請したので、更新されたグリーンカードが届く前に期限が切れてしまうだろうと思っていたけれど、(アメリカのお役所とは思えないくらい)素早く手続きが進み、古いカードの期限が切れる前に更新が終わってあっけにとられてしまいました。

 因みに私たちの新しいカードの有効期限は古いカードの期限の切れた日からではなくて、更新を申請した日から10年間になっていました。
 有効期限が切れる6か月前から申請出来るけれど、早目に更新の申請すると新しいカードの有効期限も早まってしまうのか、(もしそうなら、有効期限が切れる直前に更新した方がお得?)そこのところはよくわかりませんでした。

 

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2022年4月26日 (火)

あっという間に終わったグリーンカードの更新 その1

Img_0173

 4月の頭にグリーンカード(永住者カード)の期限が切れるので、先月にオンラインでグリーンカードの更新書類を提出しました。

(↑グリーンカードの更新または再発行のページ。USCISのサイトより引用)

 10年前に永住ビザの申請をした時は、会社の弁護士さんが手続きをしてくれて、家族でまとめて申請してくれたのですが、今回のオンラインの更新では家族単位での申請ができず、個人単位での申請でした。

 オンラインでの提出の手順は、

 USCISのサイトのグリーンカードの更新または再発行のページの青い"File Online(オンライン提出)"のボタンをクリックする。

Img_0176m

(↑サイン・インのページ、)

 個人のアカウントのサイン・インのページが表示されるので、"Create an account"(↑の画像の赤丸で囲まれた部分)をクリックしてアカウントを作る。
 アカウント作成のページに入ったら指示に従って記入していくのですが、その中でパスワードなどを忘れた時のために本人確認のための『秘密の質問』を選択肢の中から複数個選んで答えと共に登録する作業があるのですが、質問の選択肢が沢山(多分50以上)ある中から1つ選んで1つ答えてから次を選ぶと言う作業を繰り返します。
 日本語はローマ字表記で答えるので、ローマ字表記は幾通りかのパターンがあるので、どの表記で答えを記入したかを忘れないために、私は1つの質問に答える度にスクショを撮りました。表記の違いで本人確認ができないとシャレにならない。
 スクショを撮りながらだったためか、この『秘密の質問』の作業が煩わしく感じました。

 おまけに、個人で別々に作業しているのに、が「どの質問を選べばいい?」と、訊いてくるので更に疲れました。(はレストランに入っても注文するものがなかなか決められない優柔不断。)
 訊かれたら、「自分が答えられる質問を選んでください」と、伝えているのに、また、訊いてくる。
 「自分が答えられる…」と、返事すると、「非協力的」だの「不親切」だの「薄情者」だの文句を言われて、ほとほと呆れた。

(・`□´・)もぉ~っ
「本人確認の質問に、本人以外が選んで答えたら本人確認にならないでしょうがっ‼」

 と、怒鳴ったらやっと大人しくなった。

 アカウント作成の時に登録したメールアドレスとパスワードは忘れないように控えておく

 アカウントを作成したら、グリーンカードの更新または再発行のページに戻って、再度"File Online"の青いボタンをクリックして、サインインのページから再度サインイン。申請書類の作成のページに進みます。

 申請書類作成の質問(個人情報やグリーンカードの情報など)に答えていきます。必要事項を記入し終わると、タイプされた申請書類のPDFが表示されるので、記載事項に間違いがないかを確認して次に進みます。

 申請料金の支払い(申請料と指紋採取と写真撮影の手数料を合わせて一人540ドル)を済ませて送信したら手続き終了です。

 

 

» 続きを読む

| | | コメント (2)

2022年4月23日 (土)

イースター2022

Dsc_0384s

 今年のイースターには、広島風お好み焼きで集まったIさん家族とお好み焼きを作ってくれたKさんをお招きして総勢8人の食事会になりました。

Dsc_0365s_20220419073001

メニューは

フレンチオニオンスープ
・グリッシーニ&ディップ
・キッシュ
・サラダ
パイナップル味ベイクドハム
・ベイクド・スナップエンドウ
・スモークハムとアスパラのクリームパスタ
・ベイリーズ・ブラウニー(デザート)

Dsc_0367s_20220419073801

(↑サラダ)

Dsc_0368s_20220419073801

(↑パイナップル味ベイクドハム)

Dsc_0372s

(↑スモークサーモンとアスパラのクリームパスタ)

Dsc_0374s

(↑フレンチオニオンスープ)

Dsc_0377s_20220419074301

(↑一人分に取り分けた食事)

Dsc_0382s

(↑ベイリーズ・ブラウニー)

 飲み物はノンアルコールのシーブリーズ(ウォッカの代わりに炭酸水を使ったグレープフルーツとクランベリーのカクテル)を作りました。

| | | コメント (2)

«春の雪