« Wart | トップページ | お散歩 その5 »

2007年8月11日 (土)

ペアレント・トラップ & Where the heart is

Img_0926 以前ブログに書いた「ペアレント・トラップ」のオリジナル版と図書館で見つけて借りました。

筋はリメイク版の「ペアレント・トラップ」とほぼ一緒。
1961年公開なので、かなり古い感じ。
演技もお芝居の演技みたいで、少し大げさ。

オリジナル版でお父さんの婚約者をしていた女優が、リメイク版では婚約者の母親の役で出ているんだけれど、名前がオリジナル版の婚約者の名前をそのまま使っていて面白かった。

おまけの映像で紹介されていたのだけれど、「ペアレント・トラップ」はふたりのロッテを元に脚本が書かれたらしい。
リメイク版ではなくて、アメリカ風アレンジ版でした。

Img_0925 もう一つは以前に書いたペーパーバック「Where the heart is.」の映画版。(邦題は「あなたのために」)

これは、完全にハズレでした。
本の方がずっといい。

本の設定では、標準体重より8キロオーバーの太目の女の子なのに、映画では主役をナタリー・ポートマン(スターウォーズのクイーンアミダラ、ルークの母役の女優)がやっていて、綺麗すぎ。

アンラッキーナンバーも7から5に変えられていて、どうして?と思った。

|

« Wart | トップページ | お散歩 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wart | トップページ | お散歩 その5 »