« 展覧会 | トップページ | 読書の秋 その3 »

2007年12月 7日 (金)

インスタント・ラーメン

036 アメリカで売っているインスタントラーメンは安くて不味い

一応日本のメーカーなのですが、スープが洋風
チキン味とか、ビーフ味はコンソメに麺が入っているような味。
もちろん、味噌ラーメンやとんこつ風味なんてあるはずもなく、代わりにチリペッパー味とか照り焼きチキン味とか、ローストチキン味、海老、クリームチキン味とかがある。

Ramen オリエンタル味(何故かパッケージがブルーの色)として売られているのが、しょうゆで味付けされていて、一番日本のインスタントラーメンの味に近い
こちらに来たばかりの頃は、オリエンタル味ばかりを買っていた。

お値段は、1袋の値段が12セント~25セントくらい。
安売りの時には、1袋9セントということもある。
つまり、1ドルで10袋買えちゃう

035  我が家は、安売りの時にまとめ買いしているのだけれど、安いのだから他の味も試してみようと言うことになって、いくつか他の味も混ぜて買うようになった

(↑ケージャンチキン味:辛いけれどあっさりしていて美味しい。)

034 その中で、最近のヒットはケージャンチキン味(唐辛子の入った辛いラーメン)とクリームチキン味

(←クリームチキン味:コクがあってとんこつ味のラーメンに似ている。ゴマ風味ではないけれど。)

写真のパッケージを見てもらうと判るのだけれど、日本のラーメンの具には乗せないようなものが乗っている。
アスパラガスとか、プチトマト、アボガド、とんかつ、ミントの葉、レモンの皮等、
「本当にこんなもの乗っけて食べるのか?」
と思う。

|

« 展覧会 | トップページ | 読書の秋 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 展覧会 | トップページ | 読書の秋 その3 »