« 留学のきっかけ2 | トップページ | 留学のきっかけ4 »

2008年4月20日 (日)

留学のきっかけ3

131

何となく、留学の決心はしたものの、その後いくつかの問題があって、決心が揺らいだり、壁に突き当たってしまう事がありました。

主な問題は、夫が仕事の都合ですぐには一緒に渡米できないこと(仕事を辞めたら学費が払えない)と、怪獣の言葉の発達の問題、周囲の人の理解、私の英語力でした。

夫が同伴できないのは、
単身赴任だと思えばいいだろう
ということで、母子だけで行くことが決定しました。

言葉の方は、4人の医師のうちのもう1人は、渡米に反対していました。
日本語を習得するのも苦労している子供に、更に外国語なんてストレスが大きすぎる。」
という理由でした。
運がよければ両方喋れるバイリンガルになる可能性もあるけれど、下手をするとどっちも喋れないという結果になる可能性もあるということ
考えた結果、
「同時に2ヶ国語習得しようとするから無理があるので、怪獣の負担軽減の為に日本語は教えない
ことに決めました。
日本語教育をあきらめようと思った理由は、
①0から学ぶとしたら、日本語は英語に比べると難しい
②学校での勉強は全て英語なので英語を習得する方が便利
③英語をちゃんと習得できれば、英語を通していつか日本語を学ぶことができる
と、考えたからです。

(余談:欲張らなかったことが効を奏したのか、(2008年現在)喋ることに関しては日本語と英語と両方喋れています。
読み書きは英語の方が断然上手です。)

言葉の件も含めて、周囲の人に反対する人もいました。
反対はしないまでも、「自分だったらそんな無謀なことはしない。」「日本にいても、そのうちIEPは導入されるし、学べる。」というスタンスの人が多かったです。
客観的に考えても無謀な事だという事は承知していましので、心配になりました。
特に自分より発達障害の事を熱心に勉強している人から「無謀」と指摘されると、
「本当に留学してIEPを学ぶ価値はあるんだろうか?」と、いう疑問も湧いてきました。

あれこれ考えた結果、私達はそのうちが待てなかったし、30年以上の実績のあるアメリカのIEPを勉強してみたかったこと。
一緒に暮らしている親の勘でしかないのですが、怪獣の性格や状態から考えると日本の指導法よりは、アメリカの指導法の方が能力を伸ばす効果が期待できそうだったこともあって、
やらずに後悔するよりは、やって後悔する方がいい
と、いう結論になりました。

(余談:留学する直前にわかった事なのですが、私達が住んでいた地域ではIEPの指導者が不足していて、2007年にIEPはスタートするけれど名前だけの状態が数年は続く事が予測されている状態だったので、結果的には留学してよかった状態です。)

|

« 留学のきっかけ2 | トップページ | 留学のきっかけ4 »

コメント

>メンカさん

コメントありがとうございます。
無謀といわれた行動に温かいコメントを頂いて恐縮しています。

まだまだ未熟な親ですが、アメリカに来て日本の子育ての現状を別の角度から見ることが出来たのは、良かったと思っています。


投稿: yuuki | 2008年4月22日 (火) 02時44分

こんにちは
留学をする決心の重さを強く感じました。
もちろんyuukiさんの方法が正解かどうかは文章を読んだだけの私はわかりません。でも、yuukiさんがお子さんのことを本当に真剣に考え、それを行動に移した強い親心には尊敬の気持ちを持ちます。
私はといえば、だめですね。30を過ぎてもまだふらふらしている始末ですから。

投稿: メンカ | 2008年4月21日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 留学のきっかけ2 | トップページ | 留学のきっかけ4 »