« 昼の時間 | トップページ | お散歩復活4 »

2008年7月 2日 (水)

ダブル・フィーチャー

Will_s_mib この間ウォール・マートに行ったら、MIB(マン・イン・ブラック)Ⅰ&Ⅱとインデペンデンス・デー&i・ロボットがダブル・フィーチャー(2作品1つのパッケージ)で売っていた。

(←MIBⅠ・Ⅱ、タイプ①)

図書館でMIBのⅠは借りて見たことがあって、怪獣が気に入っていたのでいつかは購入しようと思っていたのだけれど、ⅠとⅡを別々に買うと割高だし場所も取るので迷っていたら、ダブル・フィーチャーになっていたのでさっそく購入した。

ダブル・フィーチャーは単に2枚組みのDVDと言うのではなくて、2作品が組み合わさった物をいいます。
本編に特典DVDがついたものは2枚組みで販売されていても、ダブル・フィーチャーとは表記されません。

003

ダブル・フィーチャー にも色んなタイプがあって、
①MIBのようにシリーズもので、1つのケース2枚のDVDが入っているもの。

(←デンジャラス・ビューティー、タイプ②)

Will_smithシリーズものケースもDVDも2つずつ(ケースは通常のものより薄いタイプ)のもの(インディー・ジョーンズなど3枚組み以上のものもある)。

(←インデペンデンス・デイ&i・ロボット タイプ③)

③シリーズものではないけれど、同じ俳優(女優)の作品を2作品組み合わせて1ケースに2枚のDVDが入っているもの。

④シリーズでも、同じ俳優の作品でもないけれど、似たようなジャンルの作品が1つのケースに2枚のDVDで入っているもの。

Wf2 (←シンデレラストーリー&トラベリングパンツ タイプ⑤)

似たようなジャンルの作品2つが、1枚のDVDの裏と表に焼かれているもの。

多分、同じ俳優の2つの作品が1枚のDVDの裏と表に焼かれているものもあると思うのだけれど、まだ見たことがない。

どのタイプのダブル・フィーチャーもそれぞれ別々で買うのに比べると、1作品あたり3割~9割の値段で買えてお得。

Wf_2 (←裏と表の両面に2作品が焼かれたもの。ラベルがなくてディスクの中央の部分に小さな文字でタイトルが書かれている。小さくて読みにくいかもしれないけれど、写真のタイトルは「シンデレラ・ストーリー。裏面トラベリング・パンツ」と書かれている)

ダブル・フィーチャーでも1枚のDVDに2作品焼かれているものは、ラベルがないのでどちらの面がどちらの作品なのかパッと見てもわかりにくいので、個人的にはあまり好きではないけれど、ディスク2枚組みよりも安いのが魅力

ケースもディスクも2枚 タイプ②>1つのケースに2枚のディスク タイプ①③>1つのケースに両面DVD1枚

2枚組みのものも、1枚両面のものも、どちらも1つのケースに入っているので、パッケージを注意してみないとわかりにくいのが難点。

|

« 昼の時間 | トップページ | お散歩復活4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼の時間 | トップページ | お散歩復活4 »