« 英文エッセイ(plagiarism) | トップページ | サッカー観戦 »

2008年7月24日 (木)

チョコレート

Choco2

アメリカのチョコレートは不味い。
歯が溶けそうなくらい甘い物が多くて、アメリカ人でさえもアメリカのチョコレートよりヨーロッパのチョコレートの方が美味しいと言っているくらいです。

(←Ghiradellのダーク・チョコレート)

普通のスーパーなどで売っているもので比較的美味しいアメリカ産のチョコレートは、ハーシーズのハーモニーシリーズと写真のGhiradellくらい。

Choco

Ghiadellのチョコレートはお値段もヨーロッパのチョコレート並みに高い(約10gのチョコレートが12個で3ドル50セントくらい)けれど、美味しいのでセールの時に買っておくことが多い。

幾つかフレーバーがあって、今まで食べた中ではミルクチョコレートの中にキャラメルのフィーリングが入っているものが美味しかった。

まろやかで甘さ控えめの日本のチョコレートが恋しいです。

|

« 英文エッセイ(plagiarism) | トップページ | サッカー観戦 »

コメント

メンカさん

お返事が遅くなってすみません。
アメリカ人はとにかく甘いものが大好き。
お菓子もそうなんですが、コーンフレークも原料で1番最初に来る(1番多く使われている原料)のが砂糖。
ケーキミックスも小麦粉ではなくて、砂糖が1番最初に来ます。
肥満が社会問題化しているの納得がいくくらい、砂糖漬けの製品がお店に並んでいます。

投稿: yuuki | 2008年7月26日 (土) 14時42分

なぜそこまで不評の物を作るんでしょうかね。アメリカの人はなんだかんだいって、脳みそが溶けるくらい甘いチョコレートが好きなのかも!?日本人好みではないのでしょうね。

投稿: メンカ | 2008年7月24日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英文エッセイ(plagiarism) | トップページ | サッカー観戦 »