« インデペンデンス・デー2008 | トップページ | 母子留学・親子留学 »

2008年7月 8日 (火)

スペース・キャンプ

Sc  この間はサンドラ・ブロックつながりで、「Premonition」と「Love potion #9」を観たので、今度はLove potion #9でサンドラと共演していたテイト・ドノヴァンの出演する作品、「Space Camp」(1987年公開)を図書館から借りてきてみました。

テイト・ドノヴァンは高校生の役で出演しているのですが、1963年生まれの彼は映画製作当時23歳、共演のリー・トンプソンも25歳。
高校生の役をやるにはちょっと無理があるくらい老けているような・・・
この作品の女性宇宙飛行士役の女優さん、どこかで見たことがあると思ったら、インディー・ジョーンズ魔宮の伝説にウィーリー役で出演しているケイト・キャプショウでした。

夏休みの子供宇宙トレーニングキャンプに参加した5人組が、アクシデントでインストラクター(ケイト・キャプショウ)と共にスペースシャトルで宇宙に飛び立ってしまい、地球に帰還するために色々な冒険をするというストーリー。
古い映画なので、現在は老朽化している宇宙ステーションがまだ建設途中で骨組みだけだったりして、時代の流れを感じました。

宇宙で色々なトラブルやアクシデントが次々起こって、スリルがあって面白かったのですが、恐がりの怪獣は半泣きになりながら観ていました。

|

« インデペンデンス・デー2008 | トップページ | 母子留学・親子留学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インデペンデンス・デー2008 | トップページ | 母子留学・親子留学 »