« 新学期 2008 | トップページ | イエローストーン旅行 その7 (動物) »

2008年8月31日 (日)

歯の詰め物が取れた

155  この間キャンディーを食べていたら、私の歯の詰め物が取れてしまった。
 

(←歯のリペア・キット。緑の方が4ドル、青の方は5ドルでした。)
 

 日本だったら、すぐに歯医者に行って直してもらうのだけれど、アメリカでは歯医者は健康保険がきかないため、アメリカの歯医者はべらぼうに高いのでなるべく歯医者には行きたくない。
 

 痛みは全然なかったし、取れた詰め物が金属だったので、歯と金属をくっつける接着剤さえあれば何とかなりそうな感じでした。
最初は
普通の接着剤でくっつけようか
と、考えていましたが、
こんなに歯医者の治療費が高いんだから、歯医者にいけない人は沢山いる筈。
もしかしたら、ドラッグストアに応急処置の薬が売っているかもしれない。」
と、思い直して大き目のドラッグストアに行ってみました。
 

173 (←上の写真の中身。何でも大ぶりな物が多いアメリカだけれど、写真のボールペンと比べてもらうとわかるのだけれど、直径1センチくらいで結構小さい。)
 

ドラッグストアに行ったら、歯ブラシや入れ歯の用品と同じ棚に、歯の詰め物が取れた時や銀歯がはずれた時の修理キットがおいてありました。
その名も「DENTEMP(DENT歯医者の+TEMP一時的な)」と「RECAPIT(RE再び+CAPかぶせる+ITそれ)」と使用用途そのままのネーミングで笑えた。
 

歯を磨いた後、口内消毒のために、LISTERINリステリン(液体歯磨きのようなもの)でうがいをして水ですすいで、いよいよ緑色のパッケージのRECAPITの方を使ってみる事にしました。
蓋を開けると、強烈な歯医者さんの臭いがしました。
(なんだか、臭いだけでも効果がありそうな感じ。)
 

安いRECAPITを使ってうまく行かなかったら、金属を戻すのはあきらめて高いDENTEMPのほうを試そうと思っていたのですが、現在修理してから10日以上たっていますが普通に飲んだり食べたりできています。
この調子で、次に日本に帰国するまでもって欲しいです。
 

取り扱い説明書には、
「あくまで、一時的なものです。出来るだけ早く歯医者に行って下さい。もし修理しても取れてしまったり、違和感がある場合は修理を中止して歯医者に行って下さい。」
と書かれていました。
 

|

« 新学期 2008 | トップページ | イエローストーン旅行 その7 (動物) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新学期 2008 | トップページ | イエローストーン旅行 その7 (動物) »