« 怪しい日本語 その3 微熱 | トップページ | 目覚まし猫 »

2008年12月21日 (日)

クラス・プレイ

0322  12月の第1週に、怪獣のクラスの劇の発表がありました。
社会科で勉強したエジプト古代文明がテーマで、史実に基づいた創作劇でした。
 
 火曜日から金曜日まで1日2回上演で、1回あたり45分くらいの長さでした。

 0332
 教室での劇だったので、大掛かりなセットはなかったのですが、全て子供たちの手作りでした。
衣装や舞台のセットだけでなく、脚本も子供たちが自分たちで作っていて、長い台詞や時代背景のナレーションなど、よく覚えて堂々と発表していて感心しました。
 
0352 怪獣の役は・・・というと、兵士の役で主役の女王様を逮捕する役(台詞ナシ)でした。
「台詞はなしなの?」
と、聞いたら、
「兵士に台詞はない」
と、言われておしまいでした。

|

« 怪しい日本語 その3 微熱 | トップページ | 目覚まし猫 »

コメント

>梓さん
 
劇の上演の合間には、音楽や体育やコンピュータなどの特別教室の授業はあったので、特別教室と教室の行き来で劇をやっていた週は結構ハードスケジュールでしたよ。

投稿: yuuki | 2008年12月25日 (木) 08時45分

随分本格的なんですね。
しかも1日2回を4日間上演なんて…!
衣装も手作りって大変そうだけど楽しそう。

投稿: 梓 | 2008年12月23日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怪しい日本語 その3 微熱 | トップページ | 目覚まし猫 »