« 落ち葉掻き | トップページ | 進路説明会 »

2008年12月 9日 (火)

個人面談

049  11月の半ばに怪獣の個人面談があったので行って来ました。
前回の面談は学年の初めの面談で、IEPの取り決めにサインが主な面談の目的でしたが、今回は学期の中間報告のようなものです。
 
(←エジプトの宗教についての課題で書いた絵)
 
 英語は語彙が小学校4年レベルが98%出来ているので、小学校5年生レベルをスタートする予定で、このペースなら卒業までには小学校6年レベルに追いつけそうと言う事でした。
 読み書きの方はまだ小学校3年の初めくらいのレベルだけれど、学期の初めのテストと比べると伸びているので、現在の方法で続けていくらしいです。
 
048 (←古代エジプトの社会階級の図。
怪獣が教科書を読んでまとめた。) 
 
 ライティングの問題は前置詞や冠詞が抜ける事で、補助が付いて手伝ってあげる必要はあるけと言う事でした。
怪獣に限らす、私も含めてアジアの学生は前置詞や冠詞の概念がないので、抜けたり、不適切だったりと言う事はよくあります。
大学院の学生でもミスをする事があるので、怪獣がミスするのは仕方がないかもしれません。)
 
 英語の他は特に問題がなく、算数はいつも高得点で社会も良い成績だそうです。
 理科もテストでは良い点数を取るらしいのですが、宿題を提出していなくて、成績はあまり良くないと言うことでした。
(宿題をよく忘れるので、担任と親で2重にチェックしましょう、と言う事になりました。)
 
 上の社会の課題の写真を見ると分かるのだけれど、アメリカの学校の教え方は日本と比べると具体的だと思います。
 本を読んで暗記するのではなくて、絵を描いたり表を作ったり、自分の調べた事をみんなの前で発表したり、と言う学び方なので、言語性IQが低く視覚性IQの高い怪獣でも無理なく学んでいけるようです。

|

« 落ち葉掻き | トップページ | 進路説明会 »

コメント

マルコメくんは自分で通信講座を進めているんですね。
うちの怪獣は勉強を進んですることは全くないです。
遊びなら言われなくても進んでするんですが・・・
マルコメくんのように勉強に興味を持ってくれるといいなぁ。

投稿: yuuki | 2008年12月14日 (日) 23時06分

マルコメガッパイは授業中集中力が欠落するコトが多々あるにも関わらず帰宅後自分のペースで(学校の授業より早目)通信講座をやってカバーしているので成績はビックリするほど上位にいます。
おかげで学校では人間関係に歪みがあっても「問題ない」で処理されて自己評価が下がりまくってます。

投稿: 梓 | 2008年12月14日 (日) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち葉掻き | トップページ | 進路説明会 »