« 大統領宣誓式と大学生 | トップページ | 猫と発達障害 »

2009年1月22日 (木)

オセロット

コネタマ参加中: 飼えるものなら飼ってみたい動物は?

Ocelot 子供の頃から1度は飼ってみたいと思っている動物は中南米のジャングルに住むオセロットです。

 ライオンやトラほどは大きくないけれど、身長が90センチくらいになるらしいです。
大型の猫科の動物に比べると大人しくてペットとして飼われていたりもしたそうですが、
豹柄の毛皮が綺麗なため、毛皮目的で乱獲されて現在は絶滅危惧種として保護の対象になっているらしいです。
  
「できたら屋内で飼って、遊んだり一緒に寝たりできたら良いだろうな…」
と、思っていたのですが、
ナショナル・ジオグラフィーのサイトで鳴き声を聞いてみたら、夫の鼾にそっくりでした
「あんなにうるさかったら安眠できそうもないので、やっぱり屋外飼育しかない。」
「屋外で飼うなら暖かい地域で、運動のために庭に100坪くらいのミニジャングルをこしらえて…」
「餌はキャットフードを主に与えて、時々生餌も必要かな?…」
等と、保護動物だから飼えないことはわかっているのに、つい飼育計画を立ててしまいます。

いつか、また数がふえて、ペットとして飼う事が出来る日が来ないなぁ~
 
(↑写真:ナショナル・ジオグラフィックより引用
http://www.nationalgeographic.co.jp/animals/mammals/ocelot.html

追加:保護動物と言えば・・・
 

夫が子供の頃、天然記念物の亀を一時期飼った事があるそうです。
もちろん許可なしで飼育禁止なのですが、当時はそれが天然記念物だとは知らずに自宅の庭で見つけたので飼っていたそうです。
しかも、甲羅にマジックで名前まで書いて
 
しばらくして、亀の種類が知りたくなって図鑑で調べたら天然記念物だと言う事がわかって庭に放したそうですが、名前入りの天然記念物はその後どうなったんだろう

|

« 大統領宣誓式と大学生 | トップページ | 猫と発達障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大統領宣誓式と大学生 | トップページ | 猫と発達障害 »