« オープン・エンロールメント (大学入学システム) | トップページ | 英語の勉強法5 (発音記号の勧め) »

2009年2月14日 (土)

バレンタインデー2009

034  今年はバレンタインデーが土曜日に当たっていたので、怪獣の小学校では前日の13日にパーティーをしていました。

(←今年のクッキー)
 
 今年も例年のように、クラスメートとお菓子の交換があったので、クッキーを作りました。 

 怪獣は小学6年なので、今回が小学校最後のバレンタインデーになります。
 
036  ミドルスクール(中学校)になると、学級と言う単位がなくなってしまうので、小学校のようにクラスの行事としてパーティーをすることはなくなります。
 なので、怪獣にとっては今年が最後のバレンタイン・パーティーでした。
 
 去年のバレンタインの記事で、「来年は市販の”友お菓子”にしようか・・・」と、書いたのですが、今年が最後なので手作りする事にしました。
 
Vcard  (←バレンタインのカード。左:猫と犬、右:インディー・ジョーンズ)
 
 お菓子は手作りしたのですが、カードは手書きしている時間がないだろうと思ったので、市販の物を購入しました。
 
 私はイベント型人間なので、普段の日は思い切り家事は手抜きをしますが、イベントの時はパーティーの企画やデコレーション、お菓子作りをします。
毎日「主婦の鑑」だと、家族も当然と思って感動もないのだろうけれど、私の場合は普段とイベントのギャップが激しいので、感動して思い出に残るようです。
 
今回の言葉
主婦業は手抜きと特別な日のメリハリをつける方が、感謝されやすい。」

|

« オープン・エンロールメント (大学入学システム) | トップページ | 英語の勉強法5 (発音記号の勧め) »

コメント

syuziicoさん
 
私は小さい頃、週末しか家にいない父の方が毎日家にいて小言を言う母よりも好きでした。
主婦業も同じようなものかな…と思います。
 
「たまにしかやらないから、かえって存在感が引き立つ。」
結局手抜きの言い訳でしかないんですけれども…

投稿: yuuki | 2009年2月17日 (火) 23時26分

「主婦業は手抜きと特別な日のメリハリをつける方が、感謝されやすい。」

まさに! そのとおりだと思います!!
ちなみに・・・うちのヨメは手抜きしっ放しなんですが・・・
たまの特別な日が、えらい!新鮮に感じますよ

投稿: syuziico | 2009年2月17日 (火) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オープン・エンロールメント (大学入学システム) | トップページ | 英語の勉強法5 (発音記号の勧め) »