« プレースメント・テスト | トップページ | モニター(液晶ディスプレイ)故障2 »

2009年2月28日 (土)

oscillococcinum (風邪薬)

054  怪獣が風邪の引きかけで熱の上がりばなの時に、近所の人から「風邪の引きかけに効くから」
と、3回分の風邪薬をもらいました。
 
(←3回分の風邪薬)
 
 アメリカの市販の風邪薬は日本の薬と比べるとすごく強い物ばかりなので、副作用が恐くて使ったことがありませんでした。
(実際日本人留学生で、アメリカの風邪薬を飲んで下痢が止まらなくなってしまった人を知っています。)
パッケージも薬自体の色も毒々しい色の物が多く、恐くて買えないと言うのもありました。
 
055 (←一回分の容器と中身の一部)
 
 今回もらった薬は、パッケージも中の薬も日本の薬と似たようなシンプルな色なので、珍しいなと思って見て見たら、フランス製でした
 
 フランス製だからというわけではないのですが、早速怪獣に飲ませると熱が引いて症状が改善したし、副作用も無いようなので、インターネットで調べたら、oscillcococcium(オシロコシナム)というホメオパシーの薬でした。
 
069 (←オシロコシナムの外箱。「副作用なし、薬物相互作用なし、眠くならない」と、書いてある。)
 
解熱剤や鎮痛剤だと思っていたのですが、天然の成分で、痛みを抑えるのではなくて、逆にごく微量の痛みを引き起こす物質を摂取して体の持っている自然治癒力を引き出す薬らしいです。
 
インフルエンザの症状を軽くして、期間を短縮する効果があると言う事なので、ドラッグストアーに行って一箱(12回分)購入してきました。
12回分で税込み20ドル34セントでした。
日本の通販で買うよりうも、アメリカの方が3割くらい安くで買えるようです。

 

 

 

|

« プレースメント・テスト | トップページ | モニター(液晶ディスプレイ)故障2 »

コメント

薬の説明書きには、心臓の弱い人や、医者から他の薬を処方されている人にも安心して使えると書いてあったし、2歳から使えるみたいだから、アレルギーのある梓さんにもむいているかも…
ちょっと割高だけれど使ってみるといいかもしれない。
 
私もインターネットを読んだだけだったら買わなかったと思うけれど、怪獣に飲ませたらよく効いたので購入する事にしました。

投稿: yuuki | 2009年3月 2日 (月) 12時19分

凄い風邪薬があるんですね。
私は病院が出す総合感冒薬にアレルギーがあるから風邪は引かないように頑張ってます。
それでも引いちゃったら病院で「コレが鎮痛剤」「コレが抗生剤」…みたいな感じでその症状を抑える薬が出ます。
大量になりますよ~(^-^;

投稿: 梓 | 2009年3月 2日 (月) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレースメント・テスト | トップページ | モニター(液晶ディスプレイ)故障2 »