« 英語の勉強法6 (公文式) | トップページ | とにかく歌える曲 »

2009年3月28日 (土)

学校から呼び出し

0542  昨日大学から帰ってきたら、留守電に
怪獣が学校でトラブルがあるので、話しがしたい」
と、メッセージが入っていました。 
 電話をかけてきたのは校長先生で、特殊教育の先生か自分に連絡を入れて欲しいとのことだった。
 
 校長先生直々だったし、怪獣は投薬治療を始める前までは暴れん坊将軍状態だった経歴の持ち主なので、
「友達と喧嘩をして叩いたか?」
(アメリカではちょっとでも暴力っぽい事があると、「子供の喧嘩だから」では済まされないで裁判沙汰になることもあるので、)
と、オドオドしながら学校に出向きました。
 
結局、話したい事と言うのは、
「春先の花粉症もあってか、イライラしていて教師に対して反抗的だ。」
「今使っている薬が効いていないのではないか?」
と、言う内容でした。
 
喧嘩でなかったことにはホッとしたけれど、教師に対して反抗的なのは何らかの対策を考えなければならないです。

「超マイペースの怪獣も人並みに反抗期か?」

なんだか嬉しいような困ったような…複雑な心境です。


 

|

« 英語の勉強法6 (公文式) | トップページ | とにかく歌える曲 »

コメント

>梓さん
 
夫が怪獣の主治医の所へ相談に行ったら、
「マスターベーションはしているのか?」
と、聞かれたらしい。
 
娘と一緒の部屋だから、やりようがないとは思うのだけれど、
そんなの、していたとしても母親が確認するのは恥ずかしすぎる。
 
思春期の子供には同性の親が教えるのが一番だと思う。
 

投稿: yuuki | 2009年3月31日 (火) 05時06分

yuukiサン
そうなんですよね。
男の子の反抗期ってどうしていいのか分かりませんよね。
夫に訊いても「忘れた」っていうし…20代の男性教諭なら憶えているかもしれない…と思って「思春期の対応で分からない所が多い」と相談したら身体の変化には自分で対応できるように指導してくれたようですが精神的な事は個人差があるので難しいようです。
児童精神科などで相談するか頑張ってお父さんに思い出してもらうしかないでしょうね(:_;)

投稿: 梓 | 2009年3月30日 (月) 14時29分

>メンカさん

娘の方は同じ女なので反抗期になっても対処の仕方がわかるのですが、怪獣の方は男の子なんで考えている事がさっぱりわからないです。
「男の子の反抗期ってどんな感じなんだろう?」と、興味半分心配半分の状態です。

投稿: yuuki | 2009年3月30日 (月) 13時14分

子供は誰でも一度は反抗期を経験する物。通過儀礼てきなもの。といいつつも周りの人は心配する物ですよね。心配な気持ち、何となくわかります。

投稿: メンカ | 2009年3月29日 (日) 19時27分

>梓さん

この週末に、日本にいる夫に怪獣の日本の主治医に相談に行ってもらいました。
 
主治医の話だと「まず花粉症を治療する事。」
「体重から考えると現在処方されている薬の量は足りている筈だということ。」
「花粉症が治っても反抗的な状態が続くなら、思春期で性ホルモンのバランスが悪いのかもしれない。」
と、言う事でした。
 
お互い頑張って思春期を乗り切っていきましょう。
 

投稿: yuuki | 2009年3月29日 (日) 04時24分

yuukiサンの気持ち 我が事のようによく分かります。
我が家のマルコメガッパイも思春期に入って難しくなって来ました。
些細な事でキレるようになって…それが自分でも不安でどうしていいか分からないらしい。
チビガッパイ(言葉だけで意志疎通が出来るようになって魔のイヤイヤ期突入)と同じくらい手がかかります。

投稿: 梓 | 2009年3月28日 (土) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語の勉強法6 (公文式) | トップページ | とにかく歌える曲 »