« 涙なくしては読めないで賞「はてしない物語」 | トップページ | TOEIC »

2009年7月21日 (火)

キャットシッターを探す

0082  日本に一時帰国が決まって一番心配だったのは、
「猫たちの世話をどうするか。」
でした。
 
 以前にも3泊4日のお留守番を試みて、問題がなかった実績はあるのですが、さすがに1ヶ月以上も猫だけで留守番させておくのは無理なので、キャットシッターを探すことにしました。
 
夏休みは旅行に出かける人も多く、長期間猫の世話を頼める人がなかなか見つからなくて大変でした。
 
最初は近所の子供に1日5ドルで頼もうと思ったのですが、2頭の猫のうちの1頭が異常に臆病なため、扱いが難しく子供では無理だろうと言うことで、モンゴルからの留学生に頼むことにしました。
 
料金は1日5ドルなのですが、その代わり洗濯機と乾燥機を使っても良いという条件で引き受けてもらいました。
(寮の洗濯機と乾燥機は有料なので、洗濯代が浮くので悪い条件ではないと思います。)
 
時々様子を知らせるメールが来るのですが、何とか元気に暮らしているようでホッとしています。

|

« 涙なくしては読めないで賞「はてしない物語」 | トップページ | TOEIC »

コメント

>梓さん

>1日5ドル…1ヶ月で150ドル…150ドルって結構大金ですね(ノ゜O゜)ノ

そうですね、私の住んでいる地域は田舎で物価が安いので、日本の2~3倍の価値はあるかもしれません。
(牛乳3.6ℓで2.5ドルくらいだし、卵もLサイズが12個で1.25ドルくらい。)
 
散歩の必要な犬のシッターさんと比べると、猫のシッターさんは楽かも知れません。
(料金は犬のほうが高いけれど…)
 

投稿: yuuki | 2009年7月22日 (水) 13時19分

いい キャットシッターさんを見つけましたね(^-^)b
1日5ドル…1ヶ月で150ドル…150ドルって結構大金ですね(ノ゜O゜)ノ
私もキャットシッターのバイトしようかなぁ(^皿^)

投稿: 梓 | 2009年7月21日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涙なくしては読めないで賞「はてしない物語」 | トップページ | TOEIC »