« ハロウィンのお菓子2(市販品) | トップページ | Introduce(紹介) »

2009年10月 2日 (金)

教師への懲戒処分に疑問の声

7 ココログニュースに、日本語の話せない外国籍の中学生の転入に難色を示した教師が懲戒処分で停職や減給になった記事があってちょっと考えさせられました。
 
リンク: 教師への懲戒処分に疑問の声.

記事によると、その生徒の編入手続きに1ヶ月、クラスを決めるのに2週間もかかったそう。
全く日本語が分からなくても、1ヵ月半もあれば日常会話くらいは理解できるようになっただろうし、片言の日本語くらいは話せるようになったかもしれないのに…
ちょっと気の毒だなぁと思いました。
 
怪獣がアメリカに行った時は、英語なんて全く分からなかったけれど、州の指定の予防接種が済んだ翌日から学校に通う事ができました。
日本語はマイナーな言語なので通訳なんてつかないし、英語オンリーの授業を受けていました。
最初はストレスで大変みたいだったけれど、2ヶ月も経てばなんとか学校生活になじめるようになりました。
 
アメリカは移民の国で外国人の受け入れ態勢が整っているから、短絡的に日本の学校と比べる事は出来ないのだけれど、日本の閉鎖的な体質はなんとかならないのかと思います
 
怪獣が日本の学校に通っていた時も、障害があるので学校や役所と交渉する場面が沢山あったのですが、どこへ行っても
今までに前例がありませんから
と、最初は断られました。
その後、何度か話し合いを持って説得を続けるのですが、数ヶ月から1年近く手続きにかかりました。
 
未来の日本人を育てる教育現場の人間がここまで融通が利かないのは、子供たちにとっては大きなデメリットだと感じて、思わずため息が出てしまいます。

|

« ハロウィンのお菓子2(市販品) | トップページ | Introduce(紹介) »

コメント

>梓さん

>不況と政情不安で どん底を這い回っている日本では 少数派・弱者が 切り捨ての最大の標的になっているように感じます。
 
アメリカではもっと強者と弱者のギャップが大きいですよ。
日本は年々アメリカの悪いところを取り入れているような気がします。
どうせ取り入れるなら、良い部分を取り入れれば良いのに…と、思います。

投稿: yuuki | 2009年10月 9日 (金) 07時20分

>yuukiサン
資本主義は結局競争社会だから 法律等で規制をかけないと弱肉強食が蔓延しやすいんです。
不況と政情不安で どん底を這い回っている日本では 少数派・弱者が 切り捨ての最大の標的になっているように感じます。
失言だけで懲戒処分になる…話す時は最大限に気を使わなきゃならない…ストレスフルな世の中だなぁ…と梓は感じます。

投稿: 梓 | 2009年10月 8日 (木) 21時33分

>梓さん

経済の事は良く分からないのですが、不況のせいなのか、なんとなく心の余裕がなくなって来ている感じがしますね。

投稿: yuuki | 2009年10月 7日 (水) 18時09分

>yuukiサン
私は大学で経済学も少し勉強したのですが 教授が当時(約20年前のバブル期)「資本主義経済は既に成熟しきっていて これ以上『新資本主義』などという経済状態は考えられない。近い内に必ず大不況になって 争いが起こる。」と言っていました。
今現在 大不況で 一部のセレブを除いて みんな自分たちの事で精一杯。
心も荒むし 国の補助を受けている障害者や母子家庭は(補助が減額・廃止になって 苦しいのに)恰好の攻撃対象になってます(T_T)

投稿: 梓 | 2009年10月 5日 (月) 15時30分

>梓さん

私の子供の頃は、日本の社会って排他的な部分はあったけれど、親切で助け合う雰囲気がもっとあったような気がする。
 
今は親切と助け合いの習慣が薄れてきて、排他的な部分だけ残っちゃったような感じで、
少数派や弱者は年々住みにくい国になっていっているような気がします。

投稿: yuuki | 2009年10月 5日 (月) 09時40分

こちらも 特殊教育(特別支援教育)に対する理解はカナリ薄いですよ。
親も呑気なモノで「小学校に行けば少しずつ落ち着くんじゃない?」って感じです。
教育行政も「勉強がちゃんと出来てるなら 問題ない」と判断しています(T_T)
マルコメガッパイは主要科目が学年トップなので 無視されている部類です。

投稿: 梓 | 2009年10月 4日 (日) 08時54分

>梓さん

手続きに時間がかかるかどうかは、自治体の体質にもよるんだと思います。
私たちの住んでいた自治体は保守的な体質で、特殊教育に対しての理解も低かったことも原因の一つだと思います。

投稿: yuuki | 2009年10月 4日 (日) 07時46分

連続コメント 失礼(o_ _)o>yuukiサン
「前例がない」は非常に不愉快なお役所言葉デスね。
前例がなければ何も出来ない…っておかしいと思う。
「じゃあ 私が自ら後世の人に前例を残すお手伝いをしますよ」って言ってしまいたい!

投稿: 梓 | 2009年10月 2日 (金) 14時55分

どこの国の生徒サンか分からないケド 日本語が分からない…というだけで 教育を受ける権利を子供から奪うのは…梓的にはイヤです(>_<)
こちらの地域の児童(小学生)には「言葉の教室」があります。
特別支援教育の一環で 言語能力に 遅れがある児童が週に3-4回 学級を離れて 別室で言語指導支援担当教諭から 支援教育を受けています。
中学にもそのシステムがあるなら 外国人生徒も 支援教育してもらったらいいのに…と思いました。
私たちの時代は子供が多かったので 1学年下げて ポイっと放り込まれてましたよ(^-^;
意外と子供たちが上手く助けてあげてたケドなぁ(^-^)
そういう時代じゃないのかなぁ(^-^;

投稿: 梓 | 2009年10月 2日 (金) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロウィンのお菓子2(市販品) | トップページ | Introduce(紹介) »