« 不景気の影響 | トップページ | ビザのステータス・チェンジ3(クラスのキャンセル) »

2010年1月28日 (木)

ビザのステータス・チェンジ2

066 私たち親子はFビザ(学生ビザ)でアメリカに滞在しているのですが、去年の10月に夫がLビザ(社内転勤労働ビザ)を取ったので、 Fビザよりも条件のいいLビザの家族ビザをに切り替える申請をすることになりました。
 
 去年(2009年)の11月の初頭に弁護士を通して、FビザからL2(Lビザの家族ビザ)への変更の申請書類を提出しました。
 
 今回私たちの家族がUSCIS(U.S. Citizenship and Immigration Services 移民局)に提出したのは、I-797cと言う申請書、パスポートのコピー、Fビザのコピー、I-20(就学許可書)のコピー、I-94(入出国管理票)のコピー、申請料金でした。
(日本の移民やビザの手続きって面倒だって言われているけれど、アメリカの手続きだってかなり面倒。
移民弁護士がいなければ、とても自力では出来なかったです。)
 
 申請用紙を提出するとレシート(多分申請受理書)が送られてきて、そのレシートに書かれている受理番号をUSCIS(移民局)のサイトの掲示板に入力すると、自分のビザの手続きの進み具合をチェックすることが出来ます。
(インターネットのお陰で、自分のビザの進み具合を確かめるのにわざわざ電話をしなくてもよくなって、お金もかからないし、真夜中でもチェックできるので助かります。) 

 新学期(1月第2週からスタート)が始まる1ヶ月前までにビザの切り替えが出来れば、授業料が1/3になるのですが、弁護士に聞いても大学のインターナショナルオフィスのカウンセラーに聞いても、ビザのステータスチェンジには3ヶ月~6ヶ月かかると言う事ででした。
 
 当然、学期が始まる1ヶ月前までに間に合うはずもなく…
(長くなったので続きは次の記事で書きます。)

|

« 不景気の影響 | トップページ | ビザのステータス・チェンジ3(クラスのキャンセル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不景気の影響 | トップページ | ビザのステータス・チェンジ3(クラスのキャンセル) »