« アメリカの大学のクレジット(単位)と授業料について | トップページ | バイク(自動二輪)中毒? »

2010年2月 2日 (火)

ハムレット

Cat  ジュニア(日本では高校2年)までは英語はESLのクラスを取っていたのですが、シニア(高校3年)になってからは、一般のクラス(アメリカ人が受けるクラス)を取っています。
 
 12月はエミリー・ブロンテ著の「嵐が丘」を読んでいましたが、(その前に何を読んでいたのか私は把握していないです)今年になってからは、シェークスピアの「ハムレット」を読んでいます。
 
 この間の英語のクラスで、教師が件の名台詞
「"To be, or Not to be. That is the question. "
は具体的にはどういう意味ですか?」
と、質問したので、
日本語訳を知っていたは、
手を上げて(談によると、英語のクラスで手を上げたのは、その時が初めてで、多分この先も手を上げる機会なんてないだろうと思ったので、勇気を振り絞って手を上げたそうです。)
生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。」
を英語で直訳したそうです。
 
そしたら、それを聞いた英語の教師が、
「ほら、彼女は英語が母国語ではないけれど、わかったわよ。
ちゃんと読めば理解できるのよ。」
と、えらく感動していたそうです。
 
がその台詞の意味がわかったのは、
日本語訳のお陰なんですけれど…(^-^;

シェークスピアの作品は、英語が母国語の人でも理解するのが難しいので、
↑の名台詞"To be, or ..."
の日本語訳も、いろいろの訳が存在するそうです。

いつも英語のクラスで座っているだけのに、手を上げる勇気をくれた、 
「生きるべきか、死ぬべきか・・・」の訳を考えてくれた人に、とりあえず感謝です。
 

|

« アメリカの大学のクレジット(単位)と授業料について | トップページ | バイク(自動二輪)中毒? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカの大学のクレジット(単位)と授業料について | トップページ | バイク(自動二輪)中毒? »