« Bath & Body Works 7 | トップページ | インテリア・デザインのクラス »

2010年2月 8日 (月)

トヨタのリコール

164  レクサスの死亡事故がきっかけで、アクセルペダルの不具合がみつかり大量リコールが行われているトヨタ。
 アメリカの運輸長官が「トヨタの車を運転するな」と発言したり、制裁を検討されていたりと、かなり厳しい状況のようです。
(自国の自動車産業が今回の不況で壊滅的な状態になっている中、安定した経営を続けていた日本の自動車メーカーに対する感情もあいまってか、今回のトヨタへの対応はかなり厳しい感じがします。
消費者の安全を守るのは当然なのですが、
事故を起こした車種のアクセルペダルを供給していたのは、アメリカの部品メーカーだったので、行き過ぎた制裁などはかえって自国の自動車部品のサプラーヤーが危機に落ちいってしまう事にアメリカ政府は気がついているのだろうか?)
 
 アメリカのトヨタでは、リコールにともなって営業時間を延長して修理に対応しているようです。
 
 この間、カーラジオを聞いていたら、トヨタのリコールに関するCMが流れてきて、
「トヨタはあなたの車を修理するために、営業時間を延長して対応しています。
一部の店舗は24時間営業していますので、リコール対象の車をお持ちの方は修理に来てください。
トヨタの車は創業以来、品質と信頼を大事にしてきました。
これからも信頼できるサービスに努めて行きます。」
と、言うような内容でした。
 
 24時間体制でリコールの対応に当たるなんて、信頼を取り戻すのは大変だなあと思いました。 

|

« Bath & Body Works 7 | トップページ | インテリア・デザインのクラス »

コメント

リコールさん
 
今回のトヨタの場合はアクセルペダルの不具合でリコールなのですが、元々の原因はAT車の設計の問題なので、ペダルだけリコールしても似たような事故は(トヨタだけではなくてどの自動車メーカーのAT車でも)将来起こる可能性はあると思います。
 
とりあえず表面的な問題にパッチは当てるけれど、根本的な問題の解決はまだまだ先になりそう。
 
メーカーは水面下で根本的な原因を解決するために取り組んでいるけれど、政治の方はどうなんだろう?
 

 

投稿: yuuki | 2010年2月 9日 (火) 00時16分

トヨタはプリウスの不具合について、甘く見て対応が遅れた。技術のあるトヨタの体質でなければよいが。
トヨタのお客様相談室の回答は、誠実とは少し距離がある。
ダイハツのお客様相談室は、「仮定の質問にはお答えできません」という。
これでは、不誠実で無意味な言葉だけの鳩山由紀夫の空疎でごまかしの国会答弁と変わらない。

投稿: リコール | 2010年2月 8日 (月) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bath & Body Works 7 | トップページ | インテリア・デザインのクラス »