« 転校手続き(怪獣) その2 二度あることは… | トップページ | カナダ旅行その2 ハイウエイ長距離ドライブ »

2010年7月11日 (日)

カナダ旅行その1 国境通過

Image1

 先週の火曜日(7月6日)から、ビサのステッカーを貰う目的も兼ねてカナダへ行ってきました。
 
(←カナダ側のゲート、小さくて見にくいのだけれど、真ん中の黒い電光掲示板に"BIENVENUE AU CANADA (フランス語で「ようこそ、カナダへ」)"と、書かれている。
画像をクリックすると大きいサイズで見られると思います。)
 
 今住んでいる場所から一番近い領事館はトロント(オンタリオ州)なのだけれど、面接のスケジュールの関係でその隣の州のモントリオール(ケベック州)に行く事になりました。

018(←アメリカとカナダの国境の橋。
左のレーンが一般車。
真ん中のレーンは特別なパスを購入した車用。
右のレーンはトラック。)

 島国日本で生まれ育ったら、陸路で国境を越える経験がないのは当然と言えば当然なんだけれど、アメリカに住んでもう少しで5年になるというのに、今までアメリカからメキシコにもカナダにも行った事がなかった母子。
(夫はメキシコにもカナダにも出た事がある。)
今回は初めての陸路での国境越えを経験する事になりました。
子供たちは
陸路で外国に行くなんて初めて
と、ワクワクしていました。
 
 アメリカ・カナダ間の入国手続きは、結構簡単(実際、夫の職場にはカナダから毎日出勤してくる人がいる)で時間もかからないとは聞いていたのですが、イミグレのブースに並ぶのが人か車かの違いだけで、手続きは日本から入国するよりは簡単だった(I-94入出国カードの返還や記入がなかった)けれど、国境の橋に入ってからカナダに入国するまでに1時間もかかりました。

Image2(←英語とフランス語で併記された案内板。
「とまれ、前の車が(ゲートから)出る(開放される)までは」と、書かれている。)
 
アメリカ側では案内板や標識などが 英語オンリーだったのですが、カナダの公用語は英語とフランス語なので、カナダ側のゲートは全てフランス語と英語の両方で書かれていました。
 
 「フランス語と英語の両方で書かれているなんて、カッコイイ~
と、感動のカナダ入国でしたが、目的地のモントリオールでは
「カッコイイ」なんて言っていられない状況に…
 
 カナダ旅行その2に続く…

|

« 転校手続き(怪獣) その2 二度あることは… | トップページ | カナダ旅行その2 ハイウエイ長距離ドライブ »

コメント

>梓さん

カナダもメキシコも陸続きなんですが、とりあえずは国境なんで、イミグレの入国審査はあります。
とは言っても、カナダとメキシコの出入りにはI-94(w)を回収しません。

日本からはビザなしで90日間アメリカに滞在する事が出来るので、90日間アメリカに滞在して、カナダかメキシコに一度出て、戻ってきて更に90日間アメリカに滞在する計画を立てる人が時々いますが、I-94wを回収しないので、カナダとメキシコに出た期間もアメリカに滞在されたとみなされるので、90日以上経っている場合はアメリカに戻ってくる事はできません。
 
観光ビザがなければ渡米できなかった時のほうが、ロングステイ出来たような気がします。

投稿: yuuki | 2010年7月16日 (金) 14時18分

チョット 車でカナダ(メキシコ)まで…って…島国では考えられない状況ですね(^-^;
カナダといえばメープルシロップしか思い浮かばない外国音痴な梓デス(^-^;

投稿: 梓 | 2010年7月14日 (水) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転校手続き(怪獣) その2 二度あることは… | トップページ | カナダ旅行その2 ハイウエイ長距離ドライブ »