« カナダ旅行その2 ハイウエイ長距離ドライブ | トップページ | カナダ旅行 その4 モントリオール旧市街地観光 »

2010年7月17日 (土)

カナダ旅行 その3 夜のモントリオール市内ドライブ

2312  自動アップデートで記事を設定していたはずが、なかなか更新されないと思ってみたら、書いたはずの記事がなくなっていました(u_u。)。
「間違って削除ボタンを押しちゃったのかな?」
と、言う事で、書き直し。

(↑モントリオール市内の夜の交差点。
水色の矢印の先が通りの名前を表示した案内板。
小さい上に、夜なのでほとんど見えない。)

11時間のハイウエイのドライブの末、午前1時頃やっとモントリオールの市街地に到着
とりあえず予約していたホテルへ向かおうとするのですが、これ思ったより大変でした。

Image5

というのも、まず通りの名前が書いてある案内板が小さくて読みにくい上に、全て(英語表記なしの)フランス語
道路標識もフランス語
おまけにモントリオール市の中心部は一方通行だらけ、で道路標識が読めなくて通り過ぎてしまうと、簡単にはもと来た道に戻れない。
 
(↑明るい時に写した通りの名前を書いた案内板と、道路標識。
信号の大きさと比べると、かなり小さいのがわかると思います。
おまけに色もモノトーンで目立たない。)
 
さらに、あちらこちら(工事中なのか)通行止めになっていて、全く知らない迂回路を通らなければならなかったうえに、深夜だと言うのになぜか車も人も多くて渋滞していました
 
やっと、ホテルに到着したのが午前2時過ぎでした。
 
Image4 翌朝市内を歩く機会があったのですが、道路標識だけではなくて、看板もほとんど全て(マクドナルドやスターバックスなどは看板のみが英語で、メニューはフランス語)がフランス語でした。
 
(↑フランス語の看板)

 モントリオールのあるケベック州はカナダの他の州とは違って、フランス語が第一言語なので、看板や標識だけではなくて、話される言葉もフランス語。

1182  (←ガソリンスタンドの給油パネル。
英語に切り替えるボタンはあるけれど、何もしなければ表示パネルはフランス語。)

 日本語と英語しかわからない我が家は、フランス語だらけの街に当惑状態でした。
 
今回の教訓:「カナダのケベック州をドライブする時は、簡単なフランス語を知っている方が断然いい。」
 
:私たちがモントリオールについた夜、深夜にもかかわらず交通止めや渋滞が多かったのは、工事だけではなくてジャズ・フェスティバルのイベントがあったためでした。
タクシーの運転手によると、いつもは、そんなに混んでいないそうです。

|

« カナダ旅行その2 ハイウエイ長距離ドライブ | トップページ | カナダ旅行 その4 モントリオール旧市街地観光 »

コメント

>梓さん

>フランス語に変換できる電子辞書が必要ですね(o_ _)o
 
実は、電子辞書の追加コンテンツのSDカードでフランス語のものを持っていたので、電子辞書と共にもって行ったんですよ。
 
ところが、
標識を見てから電子辞書を引いても間に合うはずもなく…
ドライブ中にはほとんど使いませんでした。
 
「全くフランス語しか話さない国ならともかく、カナダは英語も公用語なんだから、英語がわかれば大丈夫だろう」
と、思っていましたが、ケベック州に限ってはそうじゃなかったみたいです。

投稿: yuuki | 2010年7月19日 (月) 22時29分

ケベックはフランス語圏なんですね(^-^;
フランス人は「フランスしか話さない(例え他の言語を喋れても)」と聞いた事があります。
柔らかくて綺麗なフランス語に誇りを持っているトカ…(o_ _)o
フランス語に変換できる電子辞書が必要ですね(o_ _)o

投稿: 梓 | 2010年7月17日 (土) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダ旅行その2 ハイウエイ長距離ドライブ | トップページ | カナダ旅行 その4 モントリオール旧市街地観光 »