« やっと、自動二輪の免許取得(夫) | トップページ | 本物のマンション(邸宅) »

2011年10月21日 (金)

アメリカの医療制度

Dsc000382_2

 アメリカの医療制度と医療保険は、先進国の中では最低で最悪のシステムだと思う。
メディケア(老人医療)とメディエイド(低所得者医療)と軍の医療以外の医療保険の会社は民間の会社で営利目的なので、高い保険料を払っても生きるために必要な最低限の治療さえ受けられないことがある。

ブログネタ: 1つだけ魔法を使えるなら、どれがいい?参加数

 いざという時のために高額の保険を掛けて、何年も保険料を払っていても、慢性疾患や癌などで長期の治療の必要な病気にかかってしまうと、次の年からはどこの保険にも加入できなくて破産に追い込まれる人も多い。

 受診できる病院や受けられる治療も保険の契約で決まっていて、患者の必要に合わせて治療をするのではなくて、保険会社との契約の範囲内でしか治療がされないため、保険適応外の病院に受診してしまったり、保険会社が治療を拒否してしまった場合は治療が受けられず、命を落とすこともある。

 アメリカは世界でも最先端の医療技術を自慢にしているけれど、最先端の医療技術の恩恵に与れるのは一握りのお金持ちのみ。
(臓器移植などで渡米する人たちの寄付などで、目標額が数億円と言うのを見ればわかると思うのだけれど)
一般庶民は高いお金を払う割には、(日本よりも)質の良くないサービスしか受けられないのが現状。
 
 おまけに、医師の報酬も日本の様に点数制でなくて医師が自由に決めることができるので、同じ医師から同じ治療を受けても支払う金額が違うことがある。
(中には治療費を踏み倒す人もいるため、損失を埋めようと払えそうな人には高めの医療費を請求することが多い。)
 歯の詰め物を交換してもらうだけで1000ドル、耳鼻科で点耳薬を処方してもらうだけ(薬代は別途薬局で払う)で150ドルもかかったら、おちおち病院にもかかれない。
 
 そんなアメリカで暮らしていくには、健康でいることは必要不可欠。
もし、1つだけ魔法が使えるならぜひヒーリングの魔法が使えるようになりたい。 

|

« やっと、自動二輪の免許取得(夫) | トップページ | 本物のマンション(邸宅) »

コメント

>梓さん

アメリカの医療制度が極端に悪いだけで、日本の医療制度はそんなに良いというわけではないです。
日本も高齢化社会で健康保険が赤字になりつつあるので、アメリカ式に変えようという動きもあるようですが、まだ実現はしていないようです。

投稿: yuuki | 2011年10月23日 (日) 06時04分

アメリカの医療制度では私のような体質では生きて行けないカモ(^_^;)
日本に居て良かった…とつくづく感じました。
国民皆保険で 健保協会(厚生年金)か国保(国民年金)のいずれかに必ず入るシステムになっているから、医療を受けやすい環境が整ってる。
更に私は色々な公的支援を受けているので、遠方への通院ですが、診察・薬代は無料で、交通費も援助の範囲内で収まります。
とても幸せな医療環境なのだな…と思いました。

投稿: 梓 | 2011年10月21日 (金) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと、自動二輪の免許取得(夫) | トップページ | 本物のマンション(邸宅) »