« アンチ・フェイスブック | トップページ | かわたれ時&黄昏時 »

2012年1月 9日 (月)

渡良瀬渓谷鉄道

Matost

ブログネタ: 今まで行った中で一番好きな旅先は?参加数

 今まで行った中で一番好きな旅先は、渡良瀬渓谷鉄道です。
 かれこれ10年前の11月の上旬に、親友のNちゃんと
「夫と子どもから解放された非日常が味わいたい」
と、それぞれの夫に子どもの世話を頼んで、女2人の紅葉狩りに行きました。
その時の旅先が渡良瀬渓谷鉄道でした。

Sourist2

(←沢入駅)
 
 起点は桐生駅、終点は間藤駅の約44kmで、単線の鉄道です。
 元々は足尾銅山から鉱石を運ぶために敷かれた鉄道で、足尾線と言う名前だったらしいです。私たちが訪れた時には観光地として整備されていて、名前も渡良瀬渓谷鉄道になっていました。

Kusakil3(←草木駅付近)
 
 沿線には沢山観光する場所があったのですが、日帰り旅行だったため、 鉄道に乗ることと駅の周りの徒歩でいけるところだけ見て回りました。
 水沼駅には駅舎内に温泉が、神戸駅には客車をリフォームしたレストランがあり、駅から出なくても温泉や食事が楽しめました。

Goudost1 (←神戸駅と車両を使ったレストラン「清流」
今はレストランの車両は別の色に塗り替えられているそうです)
 
 観光用のトロッコ列車も運行しているようですが、本数が少なく(私たちが行った当時は1日に1往復だった)見ることが出来なかったです。

Imagew (←渡良瀬渓谷鉄道の路線地図。
水沼駅の温泉センターのパンフレットから引用したので、温泉センターの文字だけが大きいけれど…(^-^;)

|

« アンチ・フェイスブック | トップページ | かわたれ時&黄昏時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンチ・フェイスブック | トップページ | かわたれ時&黄昏時 »