« ハイスクール・クラスの登録2012 | トップページ | 水道工事 »

2012年8月25日 (土)

アメリカ-カナダ国境(Uターン事件)

006s Fort Gratiot Lighthouseを見に行った時、ハイウエイから灯台のあるPort Huron(ポート・ヒューロン)の街に下りるジャンクション(出口)はレーンが2つに別れていて、1つはポート・ヒューロン市街に、もう1つはアメリカとカナダを結ぶ有料の橋Blue Water Bridge(ブルー・ウォーター橋)に向かっています。
 
 GPS(カーナビ)によると、一番左側のレーンがポート・ヒューロンに向かうレーンだったので、一番左側のレーンを進んでいました。
 ハイウエイのジャンクションに入ったところで工事をしていて、我が家のカーナビは工事や渋滞情報には対応していないので、何となく嫌な予感はしていました。
 その嫌な予感は的中していて、工事でカナダに向かうレーンとポート・ヒューロンに下りるレーンが入れ替わっていたみたいで、レーンが入れ替わっていることに気がついたのは、分岐点を通り過ぎて後でした。
 ジャンクションなので、分岐を過ぎると1本道でわき道もなければ逆走することも出来ず、ブルー・ウォーター橋の料金所まで進むしかなかったです。

Image1

 料金所で係員に、
:「道を間違えたのでUターンしたい。」
と告げると、
A4サイズくらいのラミネートされたカード(←の写真のカード)を渡されて、
:「この先の橋の手前の中央分離帯の切れたところでUターンして、アメリカのカスタムに(その)カードと運転免許を見せてアメリカに戻るしかない。」
と、言われました。

(←Uターンのための通行許可証?)

 係員の対応やカードの汚れ具合などから、間違ってカナダへのレーンに入ってしまう車は少なくない事がわかったし、運転免許の提示だけで済むならそんなに時間はかからないだろうと思っていました。
 
ところが、

 アメリカの入国の窓口が混んでいてなかなか進まない
(´Д`) =3 ハゥー
30分以上待って、やっと私たちの番が来て、件のカードとの運転免許を渡したら、私の運転免許も見せろと言うので渡した。
 
 入国審査官が運転免許を見て、
:「どこの国で生まれたの?」
:「日本」
:「奥さんは?」
:「同じ、日本です。」
:「パスポート持ってる?」
この辺から審査官の表情が厳しくなってくる

普段はグリーンカードやパスポートは携帯していない私たちですが、その日はたまたま持っていた※ので
:「持ってます」

:パスポートにグリーンカードを挟んで入国審査官に渡す。
:暫くパスポートを調べていて、間に挟んでいたグリーンカードを見つけたよう

:「グリーンカードホルダーなんだ」
いきなり、態度が軟化
:「グリーンカードがあると手続きが楽で助かるよ~
もしなかったら色々面倒なことになるところだった。」
グリーンカードをカードリーダーのようなものでスキャンして、パスポートと一緒に帰してくれた。
:免許書を手渡しながら、
「アメリカ市民なら、運転免許だけでOKなんだけれどね。
外国人だと駄目なんだ。グリーンカードはいつも携帯しておいたほうがいいかも。」
と、アドバイスしてくれました。

-携帯していて良かったグリーンカードとパスポートC=(^◇^ ; ホッ-

今回の教訓:アメリカ国内の日帰り旅行でも、念のためパスポートとグリーンカードは携帯しよう。

※普段はグリーンカードやパスポートは携帯していない私たちですが、その日はたまたま持っていた
出かける前、車の中で食べるスナックや水のペットボトルなどの持ち物や地図や灯台のインフォメーションなどの持ち物を確認している時に、
:「カナダとの国境付近まで行くけれど、パスポートとグリーンカードもっていく?」
:「多分使わないと思うけれど、とりあえず持ったら?」
と、言う会話になって、家族3人分のパスポートとグリーンカードを携帯することにしました。
 
虫の知らせというのか、なんなのか本当にラッキーでした。
(なければ移民局に問い合わせたりして、かなりの時間がかかったと思います。)

023s

余談2009年5月までは、アメリカ市民はパスポートなしで運転免許の提示だけで、カナダとアメリカ行き来できたそうです。
知り合いのMさん(アメリカ人)が、
「今までカナダには何度も行っているけれど、つい最近までパスポートなんか作ったことなかった。
911以来、年々セキュリティーが厳しくなってきていて面倒だ。」
と、つぶやいていました。

|

« ハイスクール・クラスの登録2012 | トップページ | 水道工事 »

コメント

>瀬津喩さん
 
最近のアメリカの入国の厳しさはクレイジーです。
飛行機の乗り継ぎでアメリカに滞在しない人もビザや出入国カード(I-94)が必要だから、カナダアメリカ間のビザなしESTAなしの入出国は、かなり緩いほうだと思います。

投稿: yuuki | 2012年8月26日 (日) 02時39分

あらまっ、アメリカとカナダって行き来が
非常に楽なものだとばかり思っていました。
子供のころ読んだ『ナンシー・ドルーシリーズ』
にもそう書かれていたし。
911以降、ガラリと変わったモノって多いですね

投稿: 瀬津喩 | 2012年8月25日 (土) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイスクール・クラスの登録2012 | トップページ | 水道工事 »