« 家庭菜園2012 その9
-柵の撤収&堆肥作り-
| トップページ | You Will Meet a Tall Dark Stranger
(恋のロンドン狂騒曲) »

2012年11月 8日 (木)

アンケート&勧誘の電話
主に2012(アメリカ大統領)選挙の話しかも・・・

Dsc00533s  11月6日は選挙の日でした。
今年は大統領選挙の年なので、アメリカ大統領選挙の一般選挙の(有権者が選挙人を選ぶ)日でもありました。
  
 テレビで選挙速報をみていたのですが、日本時間の7日午後1時を少し過ぎたころにオハイオ州の選挙結果が出た直後に、(時差の関係でアラスカ州はまだ投票中だったにも関わらず)オバマが選挙人の過半数の票(270)をとって当選が決まりました。
 
 ほとんどの州でオバマとロムニーは接戦。
票数にかなりの差のある州もあったけれど、多くの州で5%前後の差で勝ったり負けたりしていました。
 州ごとに当選者で塗り分けた地図で見ても、州の中のカウンティーの地図で見ても、オバマとロムニーはほとんど半々くらい。
 アラスカやテキサスなど面積の広い州はロムニーが勝っているので、パッと見た感じではロムニー優勢の様に見えるけれど、
ロムニーは自分の出身のミシガン州でも、知事を務めていたマサチューセッツ州でも票がとれていなかった。

 本選挙はまだだけれど、一般選挙の結果が覆ったことはないので、事実上オバマ現大統領の再選が決まったことになります。

 選挙の日には大統領だけでなく、※下院議員と上院議員の1/3の選挙、(地域によりますが)知事や地方の選挙も同時に行われます。

 日本のように選挙カーでの宣伝はないのですが、勧誘の電話はかかってきます。
多くの電話は、録音されたメッセージが流れるだけのもので、
「重要なお知らせです。選挙の日は○党の△候補に投票する事を忘れないように…なぜなら…」
人間相手じゃないので、選挙の勧誘とわかったらさっさと切ってしまいます。
 
 大体選挙の2週間前から、1日1~2回のペースでかかってきて、
選挙の前日は夕方から午後10時くらいまで、1時間に1~2回の割合でかかってくるので、結構迷惑でした。
 
 選挙のない時も、勧誘やアンケートの電話はかかってくるのですが、録音されたものが流れるだけのものは無視すればいいので問題ないのですが、
人間がかけてくる場合はちょっと困ります。

大抵の場合は、
「英語がわかりません~」
と、言えば
「そうですか。ありがとうございました。良い一日を。」
と、言って切ってくれるのですが、中には
「何語ならOKですか?」
とか、
「簡単な質問ですから、『ハイ』か『イイエ』で答えてください。」
と、食い下がる人もいます。

この間も、自動車保険のアンケートの電話がかかってきたので、
「英語がわからんし、車のこともよく知らんから無理~」
と、断ったのに、
「じゃあ、簡単な質問にだけ答えてください。」
と、勝手に質問を始めた。

:「(ご)家庭に車は何台所有してますか?」
:「2台」
:「何の車ですか?」
:「セダンとSUV」
:「そうじゃなくて、何の車?」
:「メーカーとかですか?」
:「そうです」
:「日産です」
:「…」(車のモデル名が聞けると思って暫く待っている)
:「…」(メーカー名だけでいいと思っているので何も言わない)
:「他には?」
:「2台とも日産です」
:「そうじゃなくて…」(話が通じてないのがやっとわかったみたい)
:「…」(アンケートするなら、もっと質問を工夫しろよ…と思っている
:「わかりました、また後でかけます」

と、言って電話が切れてしまった。

 この電話の人だけでなく、アメリカ人は説明が下手くそな人が多い。
それに、相手の言っている事を汲み取る力も弱い。
(何しろ、宇宙人まで英語を喋ると思っている人たちなので、)
私のような外国人が相手だと会話が成り立たなくてかなり困るようです。

※下院議員と上院議員の1/3の選挙
 
下院議員の任期は2年なので、2年毎に選挙。
上院議員の任期は6年だけれど、2年毎に1/3を改選。
下院議員は人口によって州に人数が割り振られるが(カリフォルニアは53人、ワイオミングやアラスカ等は1人)、上院議員はどの州も2人ずつ選出される。

|

« 家庭菜園2012 その9
-柵の撤収&堆肥作り-
| トップページ | You Will Meet a Tall Dark Stranger
(恋のロンドン狂騒曲) »

コメント

アメリカ人は言った事しかわからないというか、気が効かない人が多いです。

例えば、日本で冷たい飲み物を頼んだらストローとかついてきそうなものだけれど、アメリカでは「ストローつけてください」と言わないとついてこなかったりする。

投稿: yuuki | 2012年11月12日 (月) 01時07分

>アメリカ人は説明が下手くそな人が多い。それに、相手の言っている事を汲み取る力も弱い。
>(何しろ、宇宙人まで英語を喋ると思っている人たちなので、)私のような外国人が相手だと会話が成り立たなくてかなり困るようです。

・・・とは、かなり意外でした。
そういう力、世界的に見て日本人が弱いのでは?と思っていたので。

投稿: 鶴岡八幡宮 | 2012年11月10日 (土) 14時12分

>さーぴーさん

プロがどうやって施工しているのかわかりませんが、我が家の場合は、タイルは現物を置いて、最もカットが少なくなるようにレイアウトしました。
 
①タイルの間にスペーサーを挟んで、実際に床に並べます。
②基本的には、(曲尺などを使って)壁に対して45度の角度になるように並べていきます。
③部屋の形に合わせてカットしなければならない部分がどうしても出てくるので、
パズル感覚で、カットするタイルの枚数が最も少ない配置を探します。
④基本になるタイル(2~3枚)の置き位置を、同じ置き方が再現できるように鉛筆などで印をつけておきます。

投稿: yuuki | 2012年11月10日 (土) 01時44分

>母さん

アメリカ人はCMのほうが、選挙カーの騒音よりもまだ許せるんでしょうね。
何が許容できて、何が出来ないかは国によって色々で面白いです。

投稿: yuuki | 2012年11月10日 (土) 01時27分

こんにちは!ぜんぜん選挙とは関係ない話題ですみません。DIYで床にタイルを貼ろうと思っていて、初めてなので色々情報収集していましたらこちらのブログを見つけました。バスルームの床タイルを斜めに張られていて、私も斜めに床を貼りたいと考えていましたのでコメント欄から失礼させていただきました。唐突ですがどのように線を引いて、どこから張っていかれましたか?
部屋の形が正方形や長方形ではなく多少凸凹
しています。アドバイスいただけたらうれしいです。

投稿: さーぴー | 2012年11月 9日 (金) 14時22分

選挙カーは相当迷惑だと思いますが
ピンポイントでかかってくる電話というのも
嫌なものですね。
日本では、アメリカの選挙はCMがすごい
という報道と一緒に
「ロムニーもオバマももう見たくない」と
泣いている女の子のCMが話題になっていました。
日本でこんなことしたら、誰も入れないと思うのですが
アメリカってすごいですね

投稿: | 2012年11月 9日 (金) 11時41分

>瀬津喩さん

ナンバーディスプレーじゃないので、
知り合いかと思ってとったら、
セールスの電話で、
こっちが「ハロー」と言い終わるか終わらないうちに、機関銃の様に喋ります。
「NO」という暇もない。
私トロいんですよね。
(特に英語で話す時は)


投稿: yuuki | 2012年11月 9日 (金) 04時18分

それでも付き合って答えてあげるyuukiさん優しい
初めから日本語で応対しかしないな、私なら。
「だから分らんつっとろーがぁ
と逆切れするのが目に見える・・・

投稿: 瀬津喩 | 2012年11月 8日 (木) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭菜園2012 その9
-柵の撤収&堆肥作り-
| トップページ | You Will Meet a Tall Dark Stranger
(恋のロンドン狂騒曲) »