« Dec.13 | トップページ | Dec.15 »

2012年12月14日 (金)

英語力と留学3(英語の勉強法13)
英語で英語を学ぶ

013s  アメリカの語学学校で勉強している時に、私が英語を身につける上で最も効果的だったことは、英語で英語の授業がうけられたことです。
 
 外国語を学ぶスタイルは個人によって様々で、日本語で英語を学ぶ方が理解しやすいタイプの人もいれば、私のように英語で英語を学ぶ方が理解しやすいタイプもいます。

 大学の教養も合わせると、私は日本で7年間も英語を学んだのに、使える英語は全く身についていなかった。
 7年間全ての授業が、日本人の教師が日本語で英語を教えるスタイルだった。
「私は英語(語学)の才能がないんじゃないか?」
と、思っていました。
 
 ところが、アメリカの語学学校で2セメスター(8ヶ月)勉強したら、アメリカの大学に出願できるくらいのTOEFLのスコアが取れるようになりました。
(私は大学院を目指していたので、その後も暫く語学学校に在籍していたけれど…)

 多分私は、英文和訳とか和文英訳とか、2つの言語の間を行ったり来たりすることが出来なかったのだと思います。
 特に文法は、日本語で書かれた英文法の本は複雑な上に、用法や例外など覚える事が沢山ありすぎてさっぱり身につかなかったけれど、英語で書かれた文法の本はシンプルでわかりやすかった。
 
今回のお奨め:日本語の本で英文法を勉強していて、なかなか身につかない場合は、英語で書かれた文法の本を手に入れて勉強してみると、意外とわかりやすいかも。
 
アドベントは続きを読むから↓
 

Dec.14

Dsc07029a
六か月目に、観使いガブリエルが、神からつかわされて、ナザレというガリラヤの町の一処女のもとにきた。

この処女はダビデの家の出であるヨセフという人のいいなづけになっていて、名をマリヤといった。

御使いがマリヤのところにきて言った、
「恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます」。

この言葉にマリヤはひどく胸騒ぎがして、
このあいさつはなんの事であろうかと、
思いをめぐらしていた。
             (ルカ1:26-29)

※聖書(口語訳)、日本聖書教会より引用。

|

« Dec.13 | トップページ | Dec.15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dec.13 | トップページ | Dec.15 »