« 50/50 | トップページ | Hit and Run »

2013年3月19日 (火)

インターネットの工事

025s  去年の暮に、私の携帯電話を買った。
それまで、
「どうせ引きこもりで家にしかいないんだから、携帯なんて持ってても無駄」
と、思って
 電話はの携帯と家電のみだったのだけれど、私が携帯を持っていないと色々不便なので、契約することにした。
 
 スマートフォンじゃない、一番安い携帯(所謂ガラケー)を買って、サービスも出来るだけ安いのを選んだのだけれど、それでも一月の使用量が約50ドル(47ドル)かかる。
 
 アメリカは携帯の番号も固定電話の番号も同じエリアコード(日本で言う市外局番)を使っていて、通話料金も同じ。
 私が携帯を持つことになると、固定電話を契約しているメリットがなくなるので解約しようということになった。

 問題は、固定電話を解約すると一緒に契約していたインターネットのサービスも解約になってしまうこと。
 電話なしのインターネットのみの契約をしたかったのだけれど、固定電話の契約をしていた会社(A社)は(私たちの住んでいる地域では)インターネットのみのサービスは提供してないということ。

 A社とは以前にも何度かトラブルがあって、乗換えを検討していたので、会社を変える事に未練はない。
 インターネットのみのサービスも提供しているC社に見積もりをとってもらったら、条件がよさそうだったので乗り換えることにした。
 
 電話をかけて2~3日で、屋外の工事も終わり、接続用の屋内ケーブルが届いて後はモデムとルーターを買って接続するのみ。
 C社の指定したモデムとルーターを買って、ケーブルにつないだけれども、インターネットに接続できない。
 何度もサポートに電話をかけて、色々やったけれどダメ。
屋外の工事に問題があったのかも…と言うことで、工事の人が来ることになったのだけれど、が火曜日の午前中に工事の予約をしてしまった。
 
 火曜日は私の英会話サークルの日なので、別の日に予約の変更をしてもらうことにした。
 C社のカスタマー・サービスに電話をかけるも、待ちが延々と続き、やっと繋がって別の日に工事に来てくれることになった。

 ところがっ!

 予約の変更をした日に待っていても、工事の人は来なかった。
どうなっているんだろう?と思っていたら、もともとの予約した日に工事を請け負っている会社から「今から行く」と電話がかかって来た。
 電話をいれたのに、工事の予約の変更が伝わっていなかったのである。
 
 工事に来られても、家には誰もいない。
その日はキャンセルして、3日後に再度予約を入れなおした。
 
 これで、なんとかなるだろうと思っていたら、

 再々度の工事の予定の日の前日に、
インターネットの使用料の請求書が届いた。

ナンダトォ!!(`Д´#)
まだ、インターネットも繋がってないのに使用料の請求かよ!!

 さすがにこれにはノンビリ屋の夫もキレてしまって、C社のカスタマーサービスに怒りの電話をかけた。
 
 ところが、今回もまた電話が「待ち」で繋がらない。
1時間45分待ってやっと繋がって確認できたことは、どうして繋がらないのかわからないと言うことだけ。
(そりゃ~、工事の人が来てないんだもんわかる筈ないわな。)
 結局、工事の請負の業者に確認してもらうのを待つしかなかった。

 翌日来た工事のお兄さんによると、
「屋外から家に引き込むケーブルの工事が全くされていない。」
と、いうことで、引き込み工事をその場でしてくれた。
(最初に工事に来た人は、何をしていたんだ?)
 工事のお兄さんは、引き込みとモデムの接続まで終えて帰っていって、やっとインターネットが使えるようになった。

 これでやっとA社との契約が切れる。

 A社からC社に会社を変えれば、対応が良くなるかと少しは期待していたけれど、アメリカン・カスタマーサービスのクオリティーはどこへ行っても健在らしい。

今回の教訓:
アメリカでは、カスタマーサービスの悪さは会社を変えても変らない。
 
 

|

« 50/50 | トップページ | Hit and Run »

コメント

>あっくんさん

コメントありがとうございます。

ラテン国は1年待ちって…
(゚∇゚|||)絶句…
アメリカはまだマシってことでしょうか
(ノ_-。)トホホ

TPPで日本のサービスが駆逐されないことを祈ります。

投稿: yuuki | 2013年3月21日 (木) 02時48分

おおすごい。
真実の扉にたどり着いている。
お疲れ様でした。
ラテン国は1年待ちが当たり前のようだから
アングロサクソン国のほうがまだ増しらしい。
金銭だけ要求するのがまた素晴らしい。
日本のサービス感覚が別次元のようで
それが今後、海外に売り込む商材の様です。

投稿: あっくん | 2013年3月20日 (水) 10時43分

>takumiさん

コメントどうもです。

アメリカに住んで、今年で8年目を迎えるけれど、
アメリカのカスタマーサービスは、毎回驚きの連続です。

日本のサービスに慣れている人には、考えられないくらいロークオリティです。

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 04時17分

>tomo*さん

コメントありがとうございます。

アメリカで住むには、文句や苦情を言うのを躊躇っていたら生きていけません。

相手も、苦情をぶつけられるのに慣れてますから、日本のように遠慮せずにガンガン言ってもOKです。
(っていうか、言わないといけないです。)

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 04時13分

>sachi3317さん

コメントありがとうございます。

こちらはサービスを提供する側がミスしても決して謝らないし、日本ではありえないことが沢山です。

サービスに関しては、日本が世界一だと思います。

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 04時07分

>瀬津喩さん

コメントどうもです。

ホント、ここまでいい加減だと笑うしかないですよね。
アメリカ人はこれが普通だと思っているのだから、すごいです。

一つの業務をこなすのに、複数の会社が担当するから、連絡が通らなかったり一度で済まなかったりするんですよ。
本当に効率が悪い。

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 04時03分

>mopsynekoさん

コメントありがとうございます。

ドイツでもそうなんですか…
ドイツって、硬いイメージなので意外です。
やはり日本のサービスは世界一なんですね。

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 03時58分

>Linoさん

コメントありがとうございます。

>つくづく自己主張が必要な国なんだな^^;

言わないと何もしてくれない。
それどころか、言ってもやってくれない。
日本とのあまりの違いに、ブログのネタには事欠かないです。

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 03時55分

>母さん
 
コメントありがとう~

もしかして、ココさん今春から高校3年生?
月日の過ぎるのは、早いですね。

進路は就労以外に、専門学校とかは考えていないのですか?
うちのは、CADとかの専門学校に行ったらどうかと勧められています。

投稿: yuuki | 2013年3月20日 (水) 03時50分

Yuukiさんのブログ見るまでは日本のサービスが当たり前だと思っていましたが、世界の事情は違うんですね( ̄Д ̄;;
前にも冷蔵庫のトラブルで「マジっか」って思いましたけど、今回も「マジっか!」ですね。
予約の意味ないじゃん!!

投稿: takumi | 2013年3月20日 (水) 00時08分

そ、それは腹立ちますね~
どこまで寛容になればいいのでしょうか
ウチの夫はたぶんこういうのダメかも・・・
アメリカの教育に惹かれるものはあるのだけど
こういうカルチャーショックも覚悟しなくちゃなんですね
あと、医療制度と英語
でも、私、今住んでる日本の田舎でさえ
同じようなジレンマがたくさんありますよ~ウウ・・・

投稿: tomo* | 2013年3月19日 (火) 23時38分

日本で生まれた事を幸せに思えた今日でございました。

投稿: sachi3317 | 2013年3月19日 (火) 23時32分

あははははは
もう笑うっきゃない、とはこの事ですね。
母さんも仰るようにケーブル不通では
工事の意味ないでしょ~
しかもそれでも請求が来るという…
日本並のクオリティを一切求めちゃイカン
という事なんですね。
こういう点だけは世界に誇れます

投稿: 瀬津喩 | 2013年3月19日 (火) 20時40分

わかるわ~。ドイツも似たり寄ったりだもん。これでも、ヨーロッパでは一番きちんとしている国の一つ、と言われているんだが・・・。ったく、日本人のツメのアカ、差し上げたいわね。

でも、もう慣れた。

投稿: mopsyneko | 2013年3月19日 (火) 15時38分

いつもありがとう♪

すごい世界だね~(^_^;)
日本にいるとわからない顧客サービスのありがたさ

我が家もそれなりに色々なお客さまセンターやエリアマネージャーと対峙した経験はあるけどそこまでのはないわ~

つくづく自己主張が必要な国なんだな^^;

投稿: Lino | 2013年3月19日 (火) 11時21分

こんにちわ~
いつもながら、スゴイ対応に驚いています
使ってないのにお金の請求
工事をしたのに引き込まれていないケーブル・・。
そんなんでお金請求できたり
お給料が貰えるなんて
羨ましい限りです
今年はココさん就労目指して動くのですが、
なかなか厳しいようで卒業後すぐには
働けないだろうという感じです。
アメリカだったら、ココさんでも
働いていけるかなって
真剣に思いました

投稿: | 2013年3月19日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50/50 | トップページ | Hit and Run »