« ラベンダーカラーのテーブルコーディネート(テーブル・セッティング)仮 | トップページ | Your Sister's Sister »

2013年4月 8日 (月)

Arbitrage
キング・オブ・マンハッタン危険な賭け

002s  Arbitrageは2012年のアメリカのドラマ映画。
邦題は「キング・オブ・マンハッタン-危険な賭け-」で、2013年3月23日から劇場公開になっています。
 
 主演はリチャード・ギア。
 ニューヨークのマンハッタンに住む巨大ヘッジファンドの経営者ロバート・ミラー(リチャード・ギア)は、誰もがうらやむような大富豪。

010s

(←ロバート)

 家庭でも仕事でも成功しているように見えるが、実は愛人を囲っていたり、経営する会社の運営で大規模な損失を出していて、粉飾決済で監査を乗り切るための見せ金を友人から借りたりしていて、事実が明るみに出ると、全てが崩れ去ってしまう、綱渡り状態。

Image1

 ある日、愛人のジュリー(レティシア・カスタ)とドライブしている時に、居眠り運転で事故を起こし、ジュリーは事故で死んでしまう。
 事故直後に携帯で救急に電話をかけようとするが、電波が届かず、電波の届く場所を探すために車を離れて歩き出した途端に、車が爆発炎上。
 
 車が全焼して証拠も残らないだろうと踏んだロバートは、通報をやめて隠蔽をはかろうとする。
 事故を起して警察の捜査を受けると、会社運営の不正がばれて会社が倒産してしまうのを恐れたためである。
 
 その後のストーリーは、ロバートが事故の隠蔽と不正運営の隠蔽をはかりながら、損失を埋めるために新しい取引を得ようと画策する様子が描かれている。

029s

(←ロバートの妻エレン役のスーザン・サランドン)
 
 この作品は、主人公ロバートの綱渡り状態がスリルがあると言えなくもないし、展開もスピード感はあるのだけれど、エンディングがなんとなく尻切れトンボの印象。
 大画面で観たほうが迫力のあるアクションシーンもないし、わざわざ映画館に観にいかなくてもいいかな…と、言う感じの作品でした。 

|

« ラベンダーカラーのテーブルコーディネート(テーブル・セッティング)仮 | トップページ | Your Sister's Sister »

コメント

>モッチーヌさん
 
コメントありがとうございます。

リチャード・ギアいいですよね。
「愛と青春…」くらい若い頃からすでに渋くて、現在でもキャラの雰囲気が変らないのは面白いですよね。

投稿: yuuki | 2013年4月 9日 (火) 02時29分

あははは・・・おすぎばりの
yuukiさんの映画評論、ためになります。
リチャード・ギアは『愛と青春の旅立ち』以来
大好きなんですが・・・
この映画はDVDで観ることにします(*^ω^*)ノ彡

投稿: モッチーヌ。 | 2013年4月 8日 (月) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラベンダーカラーのテーブルコーディネート(テーブル・セッティング)仮 | トップページ | Your Sister's Sister »