« タイ・ニュー・イヤー | トップページ | The Hobbit-An Unexpected Journey-
ホビット 思いがけない冒険 »

2013年4月24日 (水)

COSMOPOLIS
(コズモポリス)

006s

 COSMOPOLISは2012年の映画。
ジャンルはSFドラマで、ドン・デリーロの同名の小説をもとに作られた。
製作国はフランス・カナダ・ポルトガル・イタリア。
カナダでは2012年の6月に、アメリカでは2012年の8月に公開。

 邦題は「コズモポリス」で、2013年4月13日から公開。
 
 主演はロバート・パティンソン。

014s

 28歳の億万長者で通貨投機家のエリック・パーカー(ロバート・パティンソン)は彼のオフィスに使っている高級リムジンでニューヨークのマンハッタンを彼のお気に入りの床屋に行くために移動中。
 大統領の訪問や有名なミュージシャンの葬式などで、道路は混雑していてリムジンはゆっくりしたスピードでしか進まない。

018s

(←婚約者のエリス)

 この映画は、リムジンで移動するエリックの身辺に起こる出来事を描いたもので、移動中に医者やファイナンサーやリムジンにアートコンサルタントなどエリックに関係のある色んな人が乗ってきたり、婚約者のエリス・シフリン(サラ・ゴードン)に会うためにリムジンを降りてマンハッタンの店で過ごしたり、様々な人間が描かれている。

Image1

 カンヌ映画祭のコンペティション部門で最高賞を競った映画らしいけれど、娯楽映画好きの私の印象としては、「ダメだこりゃ~」という感じの作品でした。

 まず、作品の背景や設定や人間関係がわかりにくい。
 SFだけれど現代のマンハッタンが舞台で、目新しい感じがしない。
 ほとんどのシーンがリムジンの中で撮られていて、動きが少ない。
 アクションなしの「マトリックス」という感じで、ジャーゴンが多い。
 主役のエリックの思考が理解しにくくて、(万人受けする)魅力的なキャラじゃない。

 芸術作品としてどうかは別にして、一般的なエンターテイメントとしてみるにはあまりに特殊な世界で、理解しにくい作品だと思った。

|

« タイ・ニュー・イヤー | トップページ | The Hobbit-An Unexpected Journey-
ホビット 思いがけない冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ・ニュー・イヤー | トップページ | The Hobbit-An Unexpected Journey-
ホビット 思いがけない冒険 »