« Last Chance Harvey
新しい人生のはじめかた
| トップページ | 異臭騒動その後 »

2013年5月31日 (金)

異臭騒動

018s  5月30日の早朝(4時45分位?)、に強烈な臭いで目が覚めた。

 最初は飼い猫のうちの一頭が粗相をしたのかと思って、あわてて猫の寝ていた場所の周りを確認したけれど、何もなし。
 
 それに、猫の糞尿の臭いと言うよりは、犬の糞を10倍くらい臭くして燃やしたようなちょっと焦げ臭い感じの臭いだった。
 
 火事だといけないと思って、他の部屋を確かめるために部屋をでたら、臭いが弱まった。
(私の部屋の付近の臭いがもっとも強いらしい)
 下の階も確かめるために、階段を下りていったら…

ギャ~!(゚Д゚||)
誰もいないキッチンに明かりが煌々と点いている!!
もしかして、泥棒?!
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
 
 そして、こんなときに限って、は中国に出張で家にいない

009s

 しかたないので、家にいる唯一の人間(だといいのだが…)である怪獣(息子)をたたき起こして、
キッチンの明かりを点けなかったかどうか聞いたのだけれど、半分寝ぼけていたのも手伝って、
「知らない~点けてない。」
としか返事が返ってこない。

 発達障害のある怪獣説明するのが面倒くさくなると適当に返事することがあり、周りに誤解を与えることがしばしばある
(今回も、朝っぱらから明かりなんか点けてないので「点けていない」と返事したけれど、後で起きてきて、「もしかしたら昨夜消し忘れたかも…」と白状した。
(ノ_-)ハァ…
「明かりを消し忘れていないか?」と、聞くのが正解だったらしい。
何はともあれ、)
 怪獣の証言はあまり役に立たないと考えるのが、我が家の「定石」である。

 にもかかわらず、その時気が動転していた私は、
「もしかして、誰か他に人がいる?!」
と、疑心暗鬼に陥ってしまった。
 ドキドキしながら家中をチェックしたけれど、人間のいた形跡はななくてとりあえずホッとした。

 が、異臭は依然として続いたままで、一番臭いの強いのがガレージ、次にガレージの斜め上のマスターベッドルーム。
 どれぐらい臭いかというと、ガレージのドアノブを触った手に臭いがついてしまうくらい臭い。
 エントランスドアを開けると、外も臭い。
裏庭よりも、表庭側の方が臭いが強い。

Dsc06823s

 ここまで強烈な臭いって…しかも、外からと言うことは、
(私は一度も嗅いだことはなかったけれど)
おそらくスカンクじゃないかと思ってインターネットを検索したら、臭いについての記述がほぼ当てはまる。

 しかも、ネットの情報によると、スカンクの分泌液は半径1kmくらい先まで臭うらしい。
 しかも、臭いの成分が水には溶けないので、服などにかけられた場合は捨てる意外方法がなくなるらしい。
 道で轢かれたスカンクなどの臭いも、雨などで洗い流されることはなく、死体を片付けてあっても暫く(1週間くらい?)は近くを車で通っただけで臭うくらい強烈らしい。

132s

 明るくなってから近所を回ったら、一番臭いのは我が家のガレージの前だと言うことが判明。
どうやら、スカンクにスプレーされたらしい。

 このままだと暫くは窓を開けて換気も出来ないし、鼻がバカになって慣れるとしても、部屋に臭いが染み付いたら困るので、室内の臭いを焼き切るべくオイルキャンドルを常時ともしておくことにした。
 
 写真のオイルキャンドルは、融けたワックスを最後まで燃やしきることができるので、普通のアロマキャンドルと比べると燃え残りが出なくて効率がいい。
 それに、1個2時間から3時間で燃え切って火が消えるので、普通のキャンドルのように寝る前に消さなくていいのも便利。

137s

(←オイルキャンドルの替え)

 私が数年前にキャンドルホルダーを買った時には、デリケート・ペタルスと言う左の画像の香りがあったのだけれど、ディスコンに、
上の写真に写っているエンジェル・ウィスパーという香りも、オイルキャンドルはディスコンになってしまっていて手に入らなくなっている。
 
 

おまけ

 スカンクの臭いはたんぱく質と結びつきやすいので、体などにかかってしまうとなかなか臭いが取れない。
 古くから効果があると言われている方法は、「トマトジュースで洗う」と言う方法だけれど、実際はあまり効果がないらしい。
 
 インターネットで調べた方法で、最近発見された方法で効果がありそうな方法はオキシドールを使う方法。

Paul Krebaumと言う人が考え出した方法で、

・3%のオキシドール1ℓ
・60cc(大匙4杯)の重曹
・小さじ1~2杯の液体石鹸(洗剤は駄目)

上記の材料を、混ぜてスカンクの分泌液のついた場所を十分に浸して5分くらい(または臭いが消えるまで)置く。
ぬるいお湯で洗う。
一回で臭いが消えない場合は何回か繰り返す。

使用上の注意
-ペットにも使える。
-目に入ると刺激があるので、目に入らないように注意する。
-切り傷や擦り傷にもしみるので、傷口などは覆っておく。
-作るときはプラスティックの容器で作り、使うときに作り、作り置きはしない
(発生したガスで容器が爆発するため。)

Last Update: 10/08/02
Web Author: Paulkrebaum


詳しい説明(英文)は
http://home.earthlink.net/~skunkremedy/home/sk00001.htm
で読むことができます。

日本でスカンクにスプレーされることはないかもしれませんが、もしもの時には役に立つかも…?

|

« Last Chance Harvey
新しい人生のはじめかた
| トップページ | 異臭騒動その後 »

コメント

>tomo*さん

わざわざありがとうございます。

最近日本語が怪しいので、違和感なく「火に油」の意味で理解していて、言われるまで気が付きませんでした。

火熾し事件で十分驚いたので、「火に油」も懲り懲りです。

投稿: yuuki | 2013年6月 2日 (日) 10時47分

>takumiさん

ありがとうございます。

3日経って、ずいぶん臭いも和らいで来ました。
屋外で使える空気清浄機が欲しいです。

投稿: yuuki | 2013年6月 2日 (日) 10時43分

>ミナゾウさん

こんにちは~
コメントありがとう。

うちはそこそこ田舎なんで、野生動物はよく出るんですよ。
ミナゾウさんがアメリカに住んでいた所にはスカンク出ませんでしたか?

投稿: yuuki | 2013年6月 2日 (日) 10時40分

たびたびスミマセン・・・
「水に油」じゃなくて「火に油」でした(*´v゚*)ゞお恥ずかしい

投稿: tomo* | 2013年6月 2日 (日) 01時18分

スカンクの分泌物ってそんなに強烈なんですか!?
臭いオナラレベルと思っていたのとはだいぶ違うみたいですね。
なにはともあれ早いこと臭いが落ちつくといいですね
(^_^;)

投稿: takumi | 2013年6月 1日 (土) 17時28分

こんにちは!
!(◎_◎;)
スカンク…!
これはまた災難な…
というか、日本に住んでいるものからすると冗談のような話ですね。
クサイしかも消えないとは手強いですねぇ〜!

投稿: ミナゾウ | 2013年6月 1日 (土) 16時40分

>あまんじゃ~んさん

ありがとうございます。

日本に輸入されるスカンクは、臭いの分泌液を作る器官を取り除いてあるので、日本の動物園のスカンクは安全です。

私の住んでいる近くには林があって、野生動物が結構います。
スカンクは林と野原の境目に住むことが多いらしいので、まさにスカンクが住むのにぴったりの環境みたいです。

投稿: yuuki | 2013年6月 1日 (土) 09時25分

>ほぼ毎日さん

コメント&お褒めの言葉ありがとうございます。
 
スカンクって見た目は可愛いのですけれどね、狂犬病とかに感染している場合もあるので、野生のものは危険です。

褒めていただいてすごく嬉しいのですが、実は私は文章を書くのが、日本語でも英語でもものすごく遅いんですよ。
手紙やメールになかなか返事が出せないので、何人友達を失ったことか…
 
ブログは日本語の練習もかねて書いています。
これからも宜しくお付き合いください
m(_ _)m。 

投稿: yuuki | 2013年6月 1日 (土) 09時16分

ぎゃ~!!でしたね。。。

思わず 結末がどうなるのか 引き込まれ

て読んでしまいました

小説みたいだった~(*^-^)

笑い事ではないですね

スカンクってそんなに強烈なんですね^^

動物園はどうしているのかしらね???

いないのかな~???

でもよく、スカンク!っと思いつきましたね。

すごい!!

よく 出没しているのかしらね~

投稿: あんまんじゃ~ん | 2013年6月 1日 (土) 09時07分

>瀬津喩さん

コメントありがとう。

もう、強烈なんて言葉を通り越してます。
窓を閉めていた室内にも臭ってくるくらいですから…
ガレージにとめてあった車の中まで臭いがついてしまって、どうやって脱臭しようか悩んでます。

投稿: yuuki | 2013年6月 1日 (土) 09時03分

>tomo*さん

コメントどうもです。
ホント災難でした

スカンクは滅多な事ではスプレーしないので、何かスカンクを驚かせるものがいたことは間違いなしです。
それが何だったのか…
ちょっと考えるのが怖いです。

投稿: yuuki | 2013年6月 1日 (土) 08時59分

こんばんは

スカンクって、ディズニーのちょい役キャラでしかイメージがなくて、実物なんて見たことないですが、凄いですね

そんなに強烈だとは…

yuukiさん、素人の私が言うのも変ですが、文才がおありで、いつも読んでいて、惹きつけられます

また楽しみにしています☆☆

投稿: ほぼ毎 | 2013年5月31日 (金) 20時10分

強烈だと言いますもんねぇ。
人んちのガレージ前でスッキリしないで欲しい
寄り付かなくなるようなモノってないんでしょうか。
洗い流すのも大変そうです。
頑張って~~~

投稿: 瀬津喩 | 2013年5月31日 (金) 15時17分

え~スカンク~災難でしたね・・・
日本ではほぼお会いすることはない動物ですが
アメリカだと、民家近くにもいるんですね~
敵もいないのに臭いを出すのは、マーキングなのかな?
もうお越しいただかないためにも、
スカンクが嫌いなものを家の周りに設置してはどうでしょう・・・
と、思って調べたら、スカンクが嫌いなのはアンモニア臭って・・・
水に油では・・・( ̄‥ ̄a;)ポリポリ
とにかく、早く解決することを祈ってます

投稿: tomo* | 2013年5月31日 (金) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Last Chance Harvey
新しい人生のはじめかた
| トップページ | 異臭騒動その後 »