« クラシックカー・クルージング2013 | トップページ | Life of Pi
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 »

2013年8月31日 (土)

Hope Springs
31年目の夫婦げんか

Bbw_001s Hope Springsは2012年のアメリカ映画、ジャンルはロマンティック・コメディ(ラブコメ)。
 邦題は「31年目の夫婦げんか」で、2013年7月に劇場公開されています。

 主演がメリル・ストリープとトミー・リー・ジョンズとスティーヴ・カレルということで、面白そうだと思ったので図書館から借りてきて観ました。

Image1 ケイ(メリル・ストリープ)とアーノルド・ソウムズ(トミー・リー・ジョーンズ)はネブラスカ州オマハに住む結婚31年目の熟年夫婦。

 子どもたちも独立して家を出て、夫婦2二で暮らしている。
 寝室もそれぞれ別々、毎日同じことの繰り返しで、会話もお互い用件を伝えるだけの会話のみの生活をしている。
 
 夫のアーノルドは生活費を稼いで、必需品さえ買えば結婚の義務は十分果たしていると思っていて、特に生活を変える気はない。

Image2 一方、妻のケイは、新婚の頃のような夫との感情的な繋がりを取り戻したいと思って、色々試すが上手くいかない。

 ある日、ケイは本屋で見つけた一冊の本に共感し、その著者でメーン州に住むドクター・バーニー・フィールド(スティーヴ・カレル)が、カップル・セラピーをやっていることを知り、自分が働いたお金で1週間の集中カウンセリングを予約する。

 アーノルドはその話を聞いて、飛行機に乗って馬鹿げたカウンセリングを受けるために、1週間も仕事を休むなんて冗談じゃない、絶対行かない、と言い切るが、
ケイの決心は固く、アーノルドが行かなくても自分だけで行くと言って、フライトの日にアーノルドのチケットとアーノルドを残して一人で空港に向かう。

Image3 一人残されたアーノルドは仕方なく、ケイを追って空港に向かい、二人でカウンセリングを受けるためにメーン州のホープスプリングに行くことになる。
 
 アーノルドは文句たらたらで、カウンセリングなんか受けたくないという態度だが、ケイの熱心さに折れてカウンセリングに渋々ながらも行ってみる事に…
 
 はたして、ケイとアーノルドのカウンセリングは成功して、親密な夫婦関係を取り戻すことができるのか…
後は、観てのお楽しみということで…

 この作品の中のカップル・セラピーで、カウンセラーが熟年夫婦にも性的な関係を持つようにしきりに勧めるのには日本と欧米の文化の違いを感じた。
 (映画なので、話を面白くするために誇張している部分もあるのだろうけれど、)話の流れが「愛=セックス」という感じの価値観で展開されていて、セックスなしの心の繋がりも愛情と考える日本人の感覚とはずいぶん違うなぁ~と思った。
 それにしても、結婚して30年以上経っても愛情を表現するためにセックスしなければいけないなんて、ちょっとしんどいなぁ~と、日本人の私は感じてしまった。

|

« クラシックカー・クルージング2013 | トップページ | Life of Pi
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 »

コメント

>tomo*さん

いつもコメントありがとう~

トミー&メリル夫婦に、スティーヴ・カレルも加わって、やり取りが面白かったです。
DVDの特典についていたNG映像も面白くて、(NGのほうが面白かったかも)おなかを抱えて笑ってしまいました。
日本のDVDにもついているといいな…

投稿: yuuki | 2013年9月 2日 (月) 12時16分

>ミナゾウさん

訪問&コメントありがとうございます。
 
欧米人の愛情表現は開けっぴろげな上にストレートすぎて、日本人の私はいつまでたっても(傍目で見ているだけでも)慣れないです。

トミーとメリルの夫婦は面白かったですよ~
トミーが相変わらず無表情でラブシーンをこなしているの姿は笑えました。

投稿: yuuki | 2013年9月 2日 (月) 12時12分

この二人の映画だったら無条件に観てみたいな~
女性なのでやっぱりケイの気持ちはわかりますね~
でも、このカウンセリングでは満足しないかな~(^^;)
映画の結末が気になるので、借りて観ます(* ̄0 ̄)ノ

投稿: tomo* | 2013年9月 1日 (日) 23時39分

こんばんは!
確かにこの手の話は日米のギャップを感じますね。
外国映画として観れば面白いけれど共感はできない…事が多い気がします。
それにしても、メリル ストリープとトミー リー ジョーンズが夫婦ってすごい気合の入った映画ですね。
見てみたいです!

投稿: ミナゾウ | 2013年9月 1日 (日) 22時51分

>おきらく龍さん
 コメントありがとうございます。
お名前ないけど、龍さんですよね…
(間違っていたらごめんなさい)
 セックスレスの問題は難しいですよね。 夫婦のどちらも興味がなくなるタイミングが一緒なら問題はないのでしょうけれど、そうでないと調整が大変ですよね。
 トミー・リー・ジョーンズがコーヒーのCMに出ていることは知っていたのですが、宇宙人の役だったんですね。


>Linoさん
いつもコメントありがとう~
Linoさんもトミー・リー・ジョーンズと言えば「宇宙人」なんですね。
かなり印象の強いCMみたいですね。
一度見てみたいです。


>HIROさん
訪問&コメントありがとうございます。
ラブコメだけれど、「恋愛」と言う感じじゃなくて面白かったですよ。
私の中では、トミー・リー・ジョーンズと言えば、「Man In Black」のエージェントKなので、この作品で奥さんの名前がケイで観ていて少し混乱しました。
 

投稿: yuuki | 2013年9月 1日 (日) 08時32分

「メン・イン・ブラック」や日本では「宇宙人ジョーンズ」(缶コーヒーBOSSのCM)で有名なトミー・リー・ジョーンズですね
こういう映画に出演していたんですね。レンタル化されたら観てみますね

投稿: HIRO | 2013年8月31日 (土) 20時33分

確かにトミー・リー・ジョーンズ氏は
私の中では宇宙人・・・

投稿: Lino | 2013年8月31日 (土) 19時34分

英語って詳しくないからよく判らないけど 日本語のように色々な意味を繊細に使い分ける事が難しいのかな?
だから愛情を確かめる方法=セックスの図式とか^^;
セックスなしの心の愛情を感じあえる夫婦ならいいけど セックスレスに悩んでる夫婦の方がやっぱり多いような・・?(>▽<;;

トミー・リー・ジョーンズ氏♪
日本では某缶コーヒーのコマーシャルで 長いこと「宇宙人」をやっていらっしゃるので どの映画を観ても宇宙人っぽく見えてしまいそうで怖いw ( ̄m ̄〃)ぷぷっ

投稿: | 2013年8月31日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラシックカー・クルージング2013 | トップページ | Life of Pi
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 »