« 秋のテーブル・コーディネート2013 | トップページ | ゲイのお客を断ったら閉店? »

2013年9月 9日 (月)

新学年2013

001s  今年、怪獣の学校の新学年は、レイバー・デー明けの9月3日から始まりました。

 アメリカの高校は単位制なので、新学年に8月の下旬に登録に行きました。

(←今年のスケジュール帳)
 
 登録と言っても、希望のクラスは夏休み前の前の学年が終わる前に提出済みで、登録では希望のクラスが取れなかった場合の交渉や調整をするくらいで、あとはステューデントID(学生証?)の写真を撮ることと、新しいロッカーの割り振りと教科書の貸し出しを受けるくらいです。

 その他には、クラブやスケジュール帳や学校のTシャツなど希望者が申し込んで、料金を払えば登録は終了。

004s (←スケジュール帳の中身)

 今学期怪獣は、経済、物理、代数、英語、テック・エンジニアリング、スタディ・スキル(特殊教育)、のクラスを取ることになりました。

 それぞれのクラスのはじめには、シラバス(クラスのスケジュールやルール)が配られ、内容を読んでサインするように言われます。
 生徒だけでなく保護者も読んでサインする欄があります。

 シラバスの内容は大体、・クラスのスケジュール、・採点の基準、・欠席や遅刻などのルール、・カンニングなどの不正行為に関するルール、・その他クラスのルールなどです。

 その他のクラスのルールは科目によって様々です。
例えば体育のクラスなら、服装やロッカーの使い方などの決まりがあるし、科学などの実験のあるクラスでは、実験の時の注意事項なども書かれています。

 去年怪獣が取った物理のクラスでは、
「実験の時は、ジャラジャラぶら下がるアクセサリーはつけてはいけない」
とか
「妊娠している場合は申し出ること」
など、日本では考えられないようなルールもあり、面白いなぁ~と思いました。 
 

|

« 秋のテーブル・コーディネート2013 | トップページ | ゲイのお客を断ったら閉店? »

コメント

>Linoさん

いつも訪問&コメントありがとう~
アメリカは中学校から登録制です。
必修の課目もありますが、選択の科目も多いです。
学校によってはドライビングのクラスも単位として認めてくれるところもあります。
(学校の授業で免許も取れてしまう。)


>おきらく龍さん

いつもコメントありがとう~
アメリカは高校まで義務教育なので、妊娠していても学校に通わなくちゃいけないんですよ。
教科書は全部貸し出しです。
日本の教科書と違って、百科事典くらいの厚さがあって、1冊200ドルとかするので、個人で買う人はあまりいません。


>モッチーヌさん

コメントありがとうございます~
校則というよりはクラスのルールです。
日本だったらそんなの常識じゃない?
と言うことまで細かく書かれてます。
あと、始業時間とカンニングに対しては日本では考えられないくらい罰則が厳しいです。


>ベラカバンバさん

足跡ありがとうございます~
また、お勧めの映画教えてください。
よろしく~

投稿: yuuki | 2013年9月11日 (水) 07時11分

foot print

投稿: ベラカバンバ | 2013年9月10日 (火) 23時15分

こんにちは
アメリカって、学校の自由度が高いイメージですが
校則?の内容は日本とはレベルが違いますね(*^m^)
高校生はちょっと大人の扱いですね・・・

投稿: モッチーヌ。 | 2013年9月10日 (火) 09時25分

妊娠してる場合は申し出る
↑日本では考えられないねwww

新学期は本当に書類だらけでちょっと面倒だよねぇ^^;

教科書は貸出してくれるの?いいね!

投稿: ★おきらく龍★ | 2013年9月 9日 (月) 12時39分

大学の登録みたい

自分の勉強したい科目を選ぶって
いいな

投稿: Lino | 2013年9月 9日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のテーブル・コーディネート2013 | トップページ | ゲイのお客を断ったら閉店? »