« おくりびと 
Departures
| トップページ | Silver Linings Playbook 
世界にひとつのプレイブック »

2013年10月 9日 (水)

Intouchables
最強のふたり

004s  Intouchablesは2011年のフランスのコメディ・ドラマ映画。
邦題は「最強のふたり」で日本では2012年の9月に劇場公開されています。
 
 この映画もずっと観たいと思っていたのですが、フランスの映画なので、図書館では見つからず諦めていました。
 ところが、Hope SpringsのDVDを借りた時、予告でIntouchablesが入っていて、英語字幕版DVDがあることがわかり、図書館の外国語コーナーで見つけて借りることができました。

Image2_2 ストーリーは、フィリップ(フランソワ・クリュゼ)とドリス(オマール・シー)の二人の男性の友情を描いたもの。  

 大富豪のフィリップは脊髄損傷で首から下の感覚がないため、住み込みの介護人を探していた。

 貧民街に住むドリスは、フィリップの介護人の面接に行くが、雇用されるのが目的ではなくて、面接をして3回断られると社会保障が受けられるため、不採用のサインを貰うためだった。

 ドリスは面接でも、他の求職者と違って、好印象を与える努力は全くせず、とにかく不採用のサインをくれとだけ要求。

 フィリップは
「サインが欲しければ明日屋敷に来るように」
と、ドリスに言い渡す。

Image1 翌日、ドリスが屋敷を訪れると、ドリスは住み込みの介護人として、1ヶ月の試用期間中であることを告げられる。

 介護については全く素人のドリス、その上に仕事に対しての情熱もなく、失敗も文句も多くて有能な介護人とはいえないが、
フィリップはドリスが他の介護人と違って、自分と対等に意見を言ったり、接する態度が気に入っている。

 ある日、フリップはフィリップの友人の一人に
「ドリスは前科者で、(ああいうタイプのストリートギャングは)哀れみなんかない。」
と、忠告され、解雇するように勧められるが、
フィリップは、
「それ(哀れんでくれないこと)が最も私が望んでいるものだ」
と、友人の忠告を拒否する。
 そうこうしているうちにドリスは試用期間も無事に終え、本採用になり、フィリップとドリスの友情も深まっていく…
 
 この映画の英語のレートはR。
Fワードが盛りだくさんで、数ヶ所麻薬を使うシーンがあるからなのだけれど、暴力的なシーンも性的なシーンも出てこない。
 音声はフランス語で、Fワードや猥語を連発しても、英語の字幕を見ない限りわからないのに、わざわざ丁寧に英語訳してRにするなんて…
 英語字幕版はカナダでも流通するし、カナダの国境に近い地域ではフランス語を話す地域もあるから、Rになっちゃったのかな?と、思いました。

 しかし、フランス語に英語字幕は観賞が大変でした。
普段は英語の音声に英語の字幕をつけて観ているので、英語の字幕には慣れていたつもりでしたが、やっぱり音声と字幕が違う(しかもどちらも母国語でない)とついていくのが難しかったです。 
 

|

« おくりびと 
Departures
| トップページ | Silver Linings Playbook 
世界にひとつのプレイブック »

コメント

>コメントくださった皆さん

コメントありがとうございます。
インターネットにアクセスできなくて友人のを借りているため、お返事が遅くなってすみません。
m(__)m


>Linoさん
この映画良かったです~
未観なら是非お勧めです~
随分時間が経っているから、もう観ちゃったかな…


>ミナゾウさん
さすがにフランス語の音声で、英語字幕はきつかったです。
英語圏で8年も暮らしているから、そこそこ英語が出来ると思っていたんですけれどね~


>sachi3317さん
良かったですよね~
私も3回観ました。
これが、実話に基づいた映画で本人の映像がラストに出てくるのも良かったです。


>ベラカバンバさん
ドキュメンタリーって、映画のモデルのドキュメンタリーだったのかな?
みてみたかったなぁ~


>おきらく龍さん
観ましたか?
いい作品ですよね。
男同士の友情が素敵な作品でした。


>瀬津喩さん
「ドライビング・ミス・デイジー」私も観ました。
運転手のホークに読み書きを教えるデイジーが忍耐強くて素敵でした。
また観てみようかな~ 

投稿: yuuki | 2013年10月23日 (水) 15時08分

観た観たっ、これ
途中ドリスが何度もウガーッ
なるんだけど(笑)、それでもフィリップの所へ帰っていく。
すっごい良いお話ですよね。
ラストがまたジーンとさせるんですよ。
ドライビング・ミス デイジーと同じくらい
私は大好きです

投稿: 瀬津喩 | 2013年10月10日 (木) 11時40分

観たい~!と思って忘れてた映画だぁ~!(そんな映画ばっかりwww)
よし!明日ツタヤに行く(σ◕∀◕)σゾw

投稿: ★おきらく龍★ | 2013年10月10日 (木) 00時02分

こんちわ( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

wowowでドキュメンタリと合わせて見ました。
断然チャーミングでなので映画のほうが好きです。
 フランス映画って下ネタなのに会話が普通に進行していくから
不公平ですよね(笑


投稿: ベラカバンバ | 2013年10月 9日 (水) 23時44分

あたしも観ました。
3回も。
何回観たくなる映画でした

投稿: sachi3317 | 2013年10月 9日 (水) 18時07分

こんにちは!
これは私大好きです。
大人の青春映画な感じというか…
大人がいつも大人じゃなきゃいけない苦しさを解放してくれる爽快さが好きです。
確かに、フランス語の英語字幕って大変そうですね( ̄▽ ̄)

投稿: ミナゾウ | 2013年10月 9日 (水) 12時56分

これも見たかったやつ~

偉くなっちゃって誰も意見してくれない人にとって
自分に対して対等に接してくれる人って貴重なんだろうな

卑屈にもならず憐れみもせず
ただ一人の人として付き合う

なんて素敵な関係でしょう

投稿: Lino | 2013年10月 9日 (水) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おくりびと 
Departures
| トップページ | Silver Linings Playbook 
世界にひとつのプレイブック »