« リモデリング64 
ライブラリー&ダイニング窓の交換2 -窓枠の塗装1-
| トップページ | リモデリング66 
ライブラリー&ダイニング窓の交換4
-古い窓の取り外し&開口部の処理- »

2013年12月 8日 (日)

リモデリング65 
ライブラリー&ダイニング窓の交換3
-窓枠の塗装2-

002s 窓枠の屋外部分の塗装が終わって1週間後、室内側の窓枠の塗装をしました。

(←屋内側の塗装前、マスキングが終わったところ)

 屋内側はパインの白木なので、家の他の屋内の建具の色に合わせて、ウッドステインで塗装することに決めていたのですが、市販のステインで近似色が見つからなかったので、2種類のステインを混ぜて、似た色を作ることになりました。

005s_2(←ステインの試し塗りをしているところ)

 怪獣の使っているバスルームのバニティーに使ったステインAと、バスルームのドアのトリムに使ったステインBを、1:2の割合で混ぜて使いました。
(バスルームのドアに使ったステインBは、建具の色に最も近いと言われて購入したのだけれど、実際塗って乾かしたら、色調がちょっと違っていたため、赤みがかったステインAを混ぜることになった。)

015s(←1回目のステインを塗り終えたところ)

 塗装の手順は、
①マスキングをする
①´ステインの調合
(色あわせが必要な場合のみ)
②1回目のステインを塗る
使い捨てのスポンジ刷毛で、薄くのばすように塗っていきます。
③乾かす
日陰で暫く乾かします。(気温にもよるけれど、今回は3時間くらいでした。)

017s(←2回目を塗っているところ)
 
④ステインがある程度乾いたら、2回目のステインを塗る。
⑤乾かす
⑥半乾きになったところで、マスキングテープを剥がして、更に乾燥。

022s(←2回目の塗装を終わって乾かしているところ)

 作業をした日は曇りだったので、ガレージ内ではなくて、屋外で乾かしました。

 屋外で乾かしたのがよくなかったのか、1回目を塗ったあとマスキングテープを剥がさずに2回目を塗ったのがよくなかったのか、ガラス部分に貼ってあったマスキングテープを剥がした後も粘着成分が残ってベトベトに…
(´;ω;`)ウウ・・・

今回の教訓:ステインを乾かす時は、曇りの日でも屋内で乾燥させよう。 

 

|

« リモデリング64 
ライブラリー&ダイニング窓の交換2 -窓枠の塗装1-
| トップページ | リモデリング66 
ライブラリー&ダイニング窓の交換4
-古い窓の取り外し&開口部の処理- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リモデリング64 
ライブラリー&ダイニング窓の交換2 -窓枠の塗装1-
| トップページ | リモデリング66 
ライブラリー&ダイニング窓の交換4
-古い窓の取り外し&開口部の処理- »