« リモデリング68 
ライブラリー&ダイニング窓の交換6
-屋外側の仕上げ-
| トップページ | ぷろなうんしえーしょん?4
-Harry Potter切手購入事件- »

2013年12月12日 (木)

リモデリング69 
ライブラリー&ダイニング窓の交換7
-屋内側の仕上げ-

200s  今回は屋内の窓周りの仕上げについて書いていきたいと思います。

(←ダイニングの新しい窓を取り付けたところ)

 実はこの記事を書いている時点でも、ライブラリーのトリムの取り付けが終わっていません。
完成の写真は、もしかしたら年を越えてから新しい記事にするかも…
 
 前回までの窓の交換の記事は、ライブラリーの作業の様子がメインでしたが、屋内の仕上げについては、ライブラリーの画像がほとんどないので、ダイニングの作業の様子を中心に書いていきます。

Image3 作業の手順は、

開口部と窓のサイズをあわせるために底上げをした部分の処理をします

①-1:底上げした木枠の空洞部分に断熱材を入れます

①-2:底上げした部分に合わせて切った、ドライウォール(石膏ボード)をはめ込みます
(←一段目の写真)
 写真ではあて木をしてゴムのハンマーで叩いていますが、あまり強く叩くとドライウォールがボロボロに割れてしまうので注意。

①-3:ドライウォールを螺子で固定します
(←上から3段目の写真)

①-4:ドライウォールの継ぎ目など、凸凹した部分をコンパウンド(パテ)で埋めて平らに均します

①-5:コンパウンドが乾いたら、サンドペーハーでヤスリをかけて、表面をスムースにします
(コンパウンドとサンドペーパーの作業は「フランケン壁の補修」の記事を参考にしてください。)

壁の表面がスムースになったら、②塗装の作業をします

Image4 (↑左:塗装前。右:塗装後。)
 
 今回は壁全体ではなく、新しく壁をつけた部分と窓の周り15cmくらいを部分塗装しました。

②-1:床やペンキがついてしまう困る部分を養生(マスキング)します
今回は範囲が狭かったので、床のみ養生しました。
 
②-2塗料をヘラなどで混ぜて均一にして、小さな容器に移し替えて1回目のペンキを塗ります
今回は幅5㎝くらいのスポンジ刷毛で作業しました。

②-3:1回目のペンキが乾いたら、2回目のペンキを塗ります

 今回使ったペンキは屋内用水性ペンキで、色はthistle seedでフラット(艶なし)タイプでした。
(塗装の道具や手順については、バスルームの改修のペイント1回目ペイント2回目の記事を参考にしてください。)

 ペイントが乾いたら、窓周りのトリムの取り付けです
 ダイニングのトリムは、(同じ形のトリムがもう売られていなくて、ダイニングの他の開口部のトリムと形を合わせたかったため、)デザインの都合上、古い窓から外したトリムをリサイクルすることにしました。

009s (←取替え前の古い窓。窓の下のトリムとベーストリムが一体になっているタイプ)

 古い窓は新しい窓に比べると縦が高かったので、ベーストリムと窓の下のトリムを1つの板で兼用したデザインでしたが、新しい窓は縦の長さが低くて底上げしたため、窓の下の部分と、ベーストリムは別々の板を使わなくてはいけませんでした。

 また、横幅は新しい窓の方が広かったので、古い窓の上のトリムも短くて使えなかったので、ライブラリーの古い窓の左右のトリムをカットして使うことにしました。

Image5 (↑左・中:トリムを固定しているところ。
右:窓のトリムをつけ終わったところ)

③-1:トリムを窓のサイズに合わせてカットします
角のトリムとトリムのつきあわせ部分は、デザインにもよりますが、今回は斜め45°にカットしました。

③-2:リサイクルでなくて、白木のトリムだった場合や色を変えたい場合などは、トリムの塗装をします。

③-3:トリムを目立たない釘で止めていく
 釘で固定する前に、上下左右のトリムの(つき合わせの部分に隙間が出来ないようにトリムの)位置を決めて、印をつけ、印に合わせて一つ一つトリムを釘で固定していきます。

Image3(←上1番目:ベーストリムを取り付ける前
上から2番目:ライブラリーの古いベーストリム
下から2番目:べーストリムを固定しているところ
下から1番目:ベーストリム取り付け後)

④ベーストリムを取り付けます
ベーストリムも、同じ形のトリムがなかったので、ライブラリーの窓側のベーストリムを外してきて使うことにしました。
 
取り付けの手順は窓のトリムと一緒です。

④-1:トリムの長さを合わせてカットします。

④-2:塗装が必要なら塗装します

④-3:取り付け位置を決めて、釘で固定します

 トリムがついて、ダイニングの屋内側の仕上げはおしまいです。

 あとは、ライブラリーの窓のトリムの取り付けを残すのみとなりました。
 クリスマスも間近で、窓のイルミネーション飾りをしたいのだけれど、それまでに間に合うかしら…?

(↓屋内側の仕上げが終わったダイニングの窓)

008s

続きは→ライブラリー&ダイニング窓の交換8

|

« リモデリング68 
ライブラリー&ダイニング窓の交換6
-屋外側の仕上げ-
| トップページ | ぷろなうんしえーしょん?4
-Harry Potter切手購入事件- »

コメント

>あのこらさん

訪問&コメントありがとうございます。

45°のカットは、専用のパワーツール(マイタソー)を使っています。
手動で(マイタボックスを使って)やるのは難しいと夫が話していました。

話はかわるのですが、
夜の修理お疲れ様でした。

投稿: yuuki | 2013年12月13日 (金) 03時47分

>Linoさん

いつもコメントどうもです~

クリスマスの窓のイルミネーションは、
ライブラリーだけついていないと変なので、
ライブラリーの窓の仕上げを待っているのですが、
この調子だとクリスマスに間に合うかどうか…

投稿: yuuki | 2013年12月13日 (金) 03時41分

さりげなく書かれていますが、トリムの45°カット、私は苦手なんです。
長さも採りにくいし、正確に切れないんです。

投稿: あのこら | 2013年12月12日 (木) 09時39分

素敵♪
まだ少しクリスマスまでに時間があるから
頑張ってくださいね~

投稿: Lino | 2013年12月12日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リモデリング68 
ライブラリー&ダイニング窓の交換6
-屋外側の仕上げ-
| トップページ | ぷろなうんしえーしょん?4
-Harry Potter切手購入事件- »