« 続・トイレットトレーニングと反抗期 | トップページ | スター・ウォーズ ライトセーバー歯ブラシ »

2014年3月31日 (月)

イースターのテーブルコーディネイト2014 その2

019s  以前にUPしたイースターのテーブルデコレーションは、薄紫のギンガムチェックが見つからなくて、ピンクのギンガムチェックでコーディネートしていましたが、薄紫のギンガムチェックが手に入ったので、ピンクだった部分の色を変えてみました。

031s(↑一人分のテーブルセッティング)

 変えたのは、テーブルランナーとナプキンと花瓶に巻きつけたリボンなのだけれど、遠目に見たらあまり印象が変わらなくてがっかり。

042s ピンクのままでも良かったかかな…
と、思ったけれど、薄紫のテーブルランナーは母の日のコーディネートに使いまわすことで、ガッカリ気分をなぐさめることにした。

  

|

« 続・トイレットトレーニングと反抗期 | トップページ | スター・ウォーズ ライトセーバー歯ブラシ »

コメント

>toraさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 スキーキャンプ引率、お疲れ様でした~
今回のペンション泊は、自閉君の家の生活とはだいぶ様子が違って、いつもに増してハイテンションになってしまったのかもしれませんね。
 こちらの指示が入るかどうかは、その子の言語の年齢によると思います。
総合的なIQは高くても、言語の能力が低いと精神年齢並みのききわけを期待するのは難しいです。
 特に言語の年齢が4歳以下だと、コミュニケーションは難しいとおもいます。
 うちの息子も、言語の年齢が5歳を超えるまでは人間語が通じずに大変でした。
 うちの息子の洋食のマナーは、プレートは持ち上げることはないけれど、スープ皿を時々持ち上げて食べてしまうことがあります。
自宅で練習を重ねて慣らしていくしかないと思っています。
 

 
 
>たかじゅんさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 褒めていただけてうれしいです。
これからの励みになります。
ありがとう~

 

>takumiさん
 コメント&お褒めの言葉ありがとうございます。
 パステルカラーで春らしい感じにしたかったので、嬉しいです。
 


>tomo*さん
 訪問&コメントありがとう~
 実は、ナプキンは細かい柄で作る予定だったのだけれど、テーブルランナーのギンガムチェックはもう少し柄の大きいのを探していたのですが、見つからなくてちょっとがっかりしていたんですよ。
褒めていただけて嬉しいです。
 
 


 

投稿: yuuki | 2014年4月 2日 (水) 06時34分

ピンクもかわいいけど、ラベンダーのギンガムチェックも爽やかでいいですね
ギンガムチェックはブロックが小さいと遠目に見ると単色に見えちゃうかもしれないけど、
私は大きいブロックよりも上品で好きだなぁ

投稿: tomo* | 2014年4月 1日 (火) 21時58分

Yuukiさんの季節ごとのテーブルコーディネートは本当にすごいですね。
春が来たって感じがめちゃくちゃしてますよ♪

投稿: Takumi | 2014年4月 1日 (火) 00時18分

テーブルコーデはもちろん全てが素敵!
見ていてワクワクが増してきます。

投稿: たかじゅん | 2014年3月31日 (月) 11時06分

春のスキーキャンプでかなり重度の自閉君が参加した。
宿はコ洒落たペンション。
夕食はコースでスープから。
バナナもナイフとフォークで食べなければならないような雰囲気で、自閉君にとってはスープをまるで味噌汁を飲むようにスープ皿を口につけて流し込みたかったのだけれど、シェフに「スプーンを使いなさい!」と叱られた。
もちろん食事もナイフとフォークで。
自閉君は皿を持って口に付け、そのまま食材を口に流し込みたいのだけれど、それをシェフと私が許さない。
それはある意味“良い経験”と私は見ていたのだけれど、怪獣君は問題ないのかな?

もともと自閉君はスイッチマニア。
ピンポンタッシュなんてお手の物。
プールではペースクロック、蛍光灯、トイレなどにある非常コールのスイッチは押しまくる。クルマに乗ればスイッチばかりではなくミラーやサンバイザーなどを出したり曲げたり・・・。
などなど、まあ他にも問題行動は多々あるのだけれど、今回困ったのは何と言ってもトイレにある芳香剤、掃除用洗剤、補充用トイレットペーパーなどをすべて便器に捨ててくれたこと。
それはそれは怒ったのだけれど、その直後に洗面所のコップを捨ててくれた。
何かの欲求不満なのかとも思うが、本人ヘラヘラしている・・・。
試されているのかな?とも思ってしまう。

そのペンション、ハスキー犬を飼っているのだけれど、シェフからは「犬より頭が悪い」と言われて言葉を失うくらいショックだった。
この仕事、オレには向いていないのかな?とも思ってしまう。
まあ家庭では自閉君の『腹が満たされればそれでよし』と考えられているのかもしれないが、いろいろと考えてしまう・・・。

投稿: tora | 2014年3月31日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・トイレットトレーニングと反抗期 | トップページ | スター・ウォーズ ライトセーバー歯ブラシ »