« Baggage Claim | トップページ | ルームランナーの修理
-ベルトの調整- »

2014年3月21日 (金)

furnace(暖房炉)の修理
-温度センサーの交換-

Dsc01938s 先週の火曜日(3月11日)に、ヒーターが故障して温風が出てこなくなった。

(←暖房炉)

 我が家はセントラル空調で、冬場はガスのfurnace(暖房炉)で暖房している。
(巨大なガスファンヒーターをイメージしてもらうとわかりやすいかも…)
 今までにも、エアフィルターの目詰まりなどで、暖房や冷房が動かなくなったことがあったので、今回もそうかもしれないと思っていたけれど、が調べたところ、どうやら温度センサーの故障らしかった。

Dsc01935s(←注文したパーツが入っていた袋)
 
 どうにか、応急処置で温風が出てくるようになったものの、いつ温風が止まるかわからなかったし、3月に入っても、最高気温が氷点下の真冬日が続いていたので、すぐにでも修理が必要だった。
 壊れている温度センサーを交換するために、すぐさまインターネットで新品の温度センサーを注文。
 翌週の月曜日(17日)には、部品が届いた。

Dsc01931s(←故障していた古い温度センサー)

 部品が届いた翌日に、早速部品を交換。
無事にヒーターが動くようになりました。

 これで、寒くなっても大丈夫…(多分?)
 C=(^◇^ ; ホッ!
ヨカッタ、ヨカッタ。
 
 
 

 

|

« Baggage Claim | トップページ | ルームランナーの修理
-ベルトの調整- »

コメント

>おきらく龍さん
 コメントありがとう~
 こちらはまだ寒いです。
今日は雪がチラチラ舞っていました。
暦では春なのにね…
 

>toraさん
 コメントありがとうございます。
 夫は自分でできることを人に頼むのが嫌いなので、家のメンテナンスや車の整備など、一通りのことはできるようになりました。
 

>ペリカンさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 こちらは、ガス屋さんはガスを供給するだけで、暖房はメーカーが指定した修理屋さんが担当と、細かく担当が分かれています。
日本のように窓口が一括だと助かるんですけれどね…
 

>モッチーヌさん
 コメントありがとう~
 原因がわかっても、日本だと個人で部品を手に入れる方法がないので、どうしても業者に頼まざるを得ないと思います。
 モッチーヌさんの旦那さんも、アメリカで暮らすようになったら、DIYするようになるんじゃないのかなぁ…
 

投稿: yuuki | 2014年3月23日 (日) 10時20分

旦那さん、頼りになりますね~
ウチだったら、原因を解明しても自力で直そうとしないで
即、業者さんに頼みますね・・・
そういうマメさがないので、海外に住んだら
苦労するだろうな~
アメリカって、開拓者の国だから
自力でなんとかしようっていうシステムなのかしら

投稿: モッチーヌ。 | 2014年3月23日 (日) 01時45分

日本なら部品は3日で届くでしょうし、それより何より東京ガスに電話すればその日のうちに来てくれるでしょう。娘がブリスベンに住んでいますから、その辺の酷さ(?)は良く解ります。立派な旦那さんで良かったですね。

投稿: ペリカン | 2014年3月22日 (土) 06時56分

やっぱりイイ旦那さんだ。
我が家にも欲しいくらい。。。

投稿: tora | 2014年3月21日 (金) 12時41分

まだまだそちらは寒いんでしょうね^^;
直ってほんとに良かったね~^^
こちら東京はそろそろ春めいてきた(σ◕∀◕)σYO 

投稿: ★おきらく龍★ | 2014年3月21日 (金) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Baggage Claim | トップページ | ルームランナーの修理
-ベルトの調整- »