« Frozen
アナと雪の女王
| トップページ | Bath&BodyWorks 19
ボトルのモデルチェンジ »

2014年5月24日 (土)

The Outsiders
アウトサイダー

Dsc01975s  The Outsidersは、1983年のアメリカのドラマ映画。
S.E. Hintonの同名の小説を元にした作品。

 邦題は「アウトサイダー」で、1983年8月に劇場公開。

 監督はフランシス・フォード・コッポラで、ロブ・ロウ、マット・ディロン、トム・クルーズ、ラルフ・マッチオ、ダイアン・レインなど、当時若手の人気俳優が多数出演している。

Image1_2 ストーリーの舞台は1965年のオクラホマ州タルサ、主人公のポニーボーイ(C・トーマス・ハウエル)は最近両親を亡くし、長兄のダリー(パトリック・スウェイジ)と次兄のソーダポップ(ロブ・ロウ)と暮らしている。

 ポニーボーイの住んでいる町では、裕福な家出身のソッシと言うギャンググループと、グリーサーという低所得の家庭出身のギャンググループが対立していて、喧嘩も頻繁に起こっている。
 ソッシは冷酷で、グリーサーを虫けらのように見下している。

Image2_2 ポニーボーイや二人の兄、ダラス(マット・ディロン)、ジョニー(ラルフ・マッチオ)、ツービット(エミリオ・エステべス)、スティーブ(トム・クルーズ)らはグリーサーに所属している。

 ダラスは、グリーサー仲間のうちでもタフガイとして尊敬されていて、ジョニーは以前にソッシの集団に襲われ、顔に傷跡が残っており、いつもソッシに襲われることを警戒して、復讐のためにナイフを身に着けている。

Image3 ある日、ポニーボーイとジョニーはダラスと一緒に、ドライブシアターに潜り込んで映画を観ていると、ソッシのボーイフレンドと喧嘩をしてポニーボーイの近くの席に移ってきたチェリー(ダイアン・レイン)とマルシア(ミシェル・メイリンク)と出会う。

 チェリーはソッシだが、ポニーボーイに興味を持ち、映画の間色々な話をする。

Image4  その夜遅く帰宅したポニーボーイは、長兄のダリーと喧嘩になり、近くの公園でジョニー過ごしてといるところに、チェリーのボーイフレンドのボブ(レイフ・ギャレット)が仲間数人を連れて現れ、グリーサーの分際で自分の彼女に話しかけたのが気に入らないと、ポニーボーイをリンチにかける。

 ポニーボーイを助けようとしたジョニーは、持っていたナイフでボブを刺殺してしまう。

 どうしていいかわからなかったポニーボーイとジョニーはダラスに相談し、お金と拳銃を渡され町から逃亡するように指示され、夜のうちに二人はタルサの町をあとにする…

Dsc01983s(←原作の小説、ペーパーバック版)

 この作品を観るきっかけは、怪獣の英語のクラスで原作の本を読んでいるのを知ったからで。
 私も同じ本を読んで、親子の会話のネタにしようかな…と、思ったためです。

 最初は小説を借りてきて、小説から読み始めました。
最初の数パラグラフ読んだところで、どこかで読んだ覚えがあると思ったら、ESLのクラスにいた時に、初めの数章を読んだことがあったのを思い出しました。
 完読はしていなかったので、結末が気になったので読んでみようと思ったのですが、本を読んでいる時間がとれなかったので、朗読CDを借りてきて家事をしながら最後まで聴きました。

 朗読CDを借りる時に、DVDも図書館にあるのがわかったので、一緒に借り出してきて、CDを聴き終ってから観ました。

 映画の内容は、原作にほぼ忠実に再現されていて、好感がもてました。
 

|

« Frozen
アナと雪の女王
| トップページ | Bath&BodyWorks 19
ボトルのモデルチェンジ »

コメント

>tomo*さん
 訪問&コメントありがとう~
 この映画、Back to the Futureよりも古いですものね。
 今ならら主役級の俳優たちが、脇役で沢山でていて、夫と
「あれはトム・クルーズじゃん」
とか、
「ダイアン・レインが若い~」
とか、言いながら観ました。

 

 

>ポテトちゃんさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 懐かしい俳優さんばかりですよね。
ロブ・ロウとかエミリオ・エステべスなんか、オジサンになっちゃって、この頃の面影がない感じですよね。

 

 

 
>ベラカバンバさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 「ステイゴールド」は作品の最初の方に出てくるロバート・フロストの詩からの引用?で、ジョニーが死ぬ直前にポニーボーイに充てた手紙に書かれていたものだと思います。
 その場面が一番のクライマックスなので、印象に残りますよね~
 ダイアンは若いですね~
お人形さんみたいに可愛いです。
セクレタリアトでは、中年の主婦になってしまっているので、時の流れを感じます。
 ワイルドスピードユーロミッションは、61点か…
観るのを迷っちゃう点数ですね。

 
 

投稿: yuuki | 2014年5月27日 (火) 11時51分

高校生くらいの時に淀長さんのテレビで
見た覚えがあります。
その時は「ステイゴールド」って言ってたような
覚えなんですけど。
小説のほうがおもしろそうですね。
小森のおばちゃんが”ロブロウちゃん”と
連呼するたびに、どこがいいのかと疑問に思ったものです(笑
ダイアンレインを含めてみんな若いですね。
この作品忘れてしまっていたので、ちょこっと調べたら、
私、ロブさんと生まれ年が一緒でした(汗
 今日見た映画はワイルドスピードユーロミッション。
ベラカバノ採点は61点(笑

投稿: ベラカバンバ | 2014年5月25日 (日) 10時54分

なつかしい名前ばかり!最近は映画やDVD観れてません
昔の映画観たくなりました!

投稿: ポテトちゃん | 2014年5月24日 (土) 18時16分

懐かしい~~~(/ ^^)/
この映画、私が高校くらいのときに観ましたよ
当時、「ヤングアダルト小説」と言われるアメリカの小説が流行っていて
その映画化だったと思います。
たしか、当時は現代版アメリカン・グラフィティとか言われてて
私はアメリカン・グラフィティも遡って観ました☆
この映画で注目された俳優も多いですよね。
ラルフ・マッチオなんかベストキッドですもんね・・・(*^m^)
あ~青春が蘇る~

投稿: tomo* | 2014年5月24日 (土) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Frozen
アナと雪の女王
| トップページ | Bath&BodyWorks 19
ボトルのモデルチェンジ »