« 家庭菜園2014 その2 | トップページ | 怪しい日本語11 いや、なおらないだろう »

2014年7月30日 (水)

今度は逆パワハラ部下

074s 約1か月くらい前に、日本人の部下とのコミュニケーションが上手くいかないので、対策を一緒に考えてくれないかとに相談されたことがあった

 元々、技術畑出身のは、言葉足らずの部分が多いし、話をまとめるのが上手くないので、要点をおさえる練習をしたらどうかとアドバイスした。

 ところが、ある日仕事から帰ってきたが、
「(コミュニケーションが上手くいっていない)部下が、オレのメールを訂正してきた。どうやって返事を書けばいい?」
と、聞いてくるので、事情を聞いた。

015s がある事柄についての報告と連絡のメールを書いて関係者に送ったら、そのメールを読んだ件の部下が、のメールに別の色で(訂正箇所を)上書きして、
「メールの(間違っている箇所を)訂正しました。○○(部下の名前)」
と、メッセージをつけて関係者全員に訂正メールを送ったらしい。

 私は部外者なので、メールは見ていないし内容も聞いていないけれど、
の説明よると、訂正された箇所は元のメールの7~8割におよび、
内容もの書いた内容を件の部下の視点から見た(主観的な)もので(当然立場が違えば表現も違ってくる)、連絡したい事柄にくい違いはなかったらしい。

「どうやってコミュニケーションしたらいいのか…」
と、困惑する

ちょと待ったー‼ (*゚o゚)/チョイトオマチ!!

それは、コミュニケーションの問題じゃないぞー
チャウ((-.- 三 -.-))チャウ

007s_2 普通、メールを読んでくい違いがあると思ったら、メールを書いた本人に個人的に確認するでしょ。

 たとえ事実の誤認があって訂正が必要な場合でも、メールを書いた本人にその旨を伝えて、本人が訂正して再送付するようにするのが、相手に対する礼儀。

 自分が誤解しているかどうかも確かめずに、他人のメールを勝手に書き直して、
「(間違っていたので)訂正しました~」
と、関係者全員に晒すのは、(がまともにメールが書けないかのように、事情を知らない人に印象付けるのが目的の)嫌がらせ以外の何物でもないでしょ。

 しかも、更に話を聞くと、今回のメールの訂正事件だけでなく、以前にもに対する批判のメールを同僚や他部署の人間やの上司にまで送りつけたり、
事実無根の情報まで付け加えた周りを(わざと)誤解させるようなメールを色々な人に送って、不都合をのせいにしようとしたこともあったらしい。

これは、「パワハラ」ならぬ「逆パワハラ」だよ。

 他の人にも似たような失礼な態度や嫌がらせをしているのかと聞いたら、他の人にはしていなくてだけらしい。

(ノ_-;)ハア…
完全に逆パワハラのターゲットになっちゃってるよ…

前の会社のパワハラ上司に似たような事をされてたじゃない。

今度は逆パワハラ部下だよ~

「要点をおさえてコミュニケーション…」
なんて、呑気な事を言っている場合じゃない。

 

追記

 この記事の投稿を待っている間にも、件の部下が仕事で起こった対応の遅れを非難して、なぜそれが起こったのか説明しろ、という内容のメールを関係者全員に送ったらしい。

 部下が非難している対応の遅れはの責任ではなくて、完全に八つ当たり。
おまけに手遅れという程遅れたわけでもなく、業務に差し障りは出なかったらしい。
 なぜ起こったかなんて説明したら、ミスをした人が関係者全員に晒されることになってしまう。
(仕事をしていく上で、マイナーなミスはどうしても出てくるわけで、それをいちいち追及していたら、職場の雰囲気が悪くなるし、モチベーションも下がってしまう。)

 件の部下は、仕事をこなしていく上で起こる不都合は小さなものでも大騒ぎして、周りに触れ回って、(例えのミスでなくても)全て不都合を防げなかったの責任として追及したいらしい。
 非難している当の部下は、マイナーなミスもあるし、重役から注意されるほどの大きなミスも何度か犯している。
 夫は今まで穏便に対応してきたのだけれど、それが裏目に出てしまったようだ。
を非難して周りに触れ回っている時間があるなら、自分の仕事を完璧にこなせよ…)

 まるで、どこかの国の「告げ口外交」みたいだ…
「ジャパン・ディスカウント・キャンペーン」ならぬ、
ディスカウント・キャンペーン」只今進行中。

|

« 家庭菜園2014 その2 | トップページ | 怪しい日本語11 いや、なおらないだろう »

コメント

>ゆ~さん

 こんにちは~
訪問&コメントありがとうございます。

 今回一緒に仕事をしていて、一部のメールのやり取りなども見ている別の部署を担当しているアメリカ人の管理職仲間によると、
「今までこんな(失礼な)メールは見たことない」
「件の逆ハラスメント部下は、君を引きずりおろして、自分がポジションを乗っ取りたいのじゃないか?」
と、言っていたそうです。

 おそらく、添削させれば自分の都合のいいように(夫が悪者になるように)書き換え、原稿を書かせて夫が添削すれば、「どうして書き換えたんだ。理由を説明しろ。」と文句を言ってくると思います。

投稿: yuuki | 2014年8月 3日 (日) 02時11分

こんばんは。その逆ハラの部下は、プライドが高い?自意識過剰?単に非常識で幼稚なエリート?もしかして上司に注目してほしい目立ちたがり屋?
次からは先手をとって、報告・連絡文書はまずその部下に添削させるとか原稿を書かせるとかっていうのはどうでしょうか。

投稿: ゆ~ | 2014年8月 1日 (金) 21時15分

>コメントくださった皆さん
 訪問&コメント&アドバイスありがとうございます。
 この記事が投稿されてからも、件の部下は自分にふられていない仕事の情報を嗅ぎつけて来て、夫のやり方をミスがあるとか手際が悪いなど、批判するメールを関係者におくったり、
自分の方がよく知っているからと、仕事をふられた担当者に夫の指示とは違う指示を出して、担当者を混乱させるなどのハイジャッキングを始めました。
 

 

>toraさん
 どこにでも、自分の立場(役割)を理解できない人はいるのですね。
 うちの夫は人事に関して直接の権限はないので、夫の上司を通して問題を上げていくしかないそうです。

 

 
>鶴岡八幡宮さん
 鶴岡八幡宮さんは旦那さんを立てておられて偉いですね。
 私は夫婦は平等だと思っているので、大和撫子みたいに上手く立ち回れません。
お蔭で、周りから「恐妻」(変妻も)だと思われています。

 

 
>瀬津喩さん
 最近嫌がらせが激化してきていて、普段の仕事+批判のメールを送り付けた先に説明や対応が必要になって余計な仕事が増えてしまっています。
 ここまで酷いと、夫の上司に相談して、対応を決めていくしかないようです。

 

 

>モッチーヌさん
 国際化といっても、英語と日本語の両方で仕事のできる人は少ないので、競争力があり、日本と比較するといいポジションに就けることも多いです。
 アメリカで仕事をしている日本人の中には、少し英語ができるだけなのに、自分の実際の能力以上に仕事ができると勘違いして、出しゃばる人が結構います。
 

 

  
>Takumiさん
 アドバイスありがとうございます。
 一度夫の上司から、部署全体への注意と言うことで、お叱りのメールが送られたそうですが、件の部下は自分には当てはまらないと考えたようで、益々嫌がらせが激しくなってきています。
 個人あてに厳重注意という形でお願いする方向で進めてみます。

 
 

投稿: yuuki | 2014年8月 1日 (金) 00時52分

この手の相手に対してはご主人が対応するよりご主人の上司を通して厳重注意を与えてもらった方がいいですね。
理性を持っての行動がとれていない相手に対してご主人が正論をかざしても、感情論で相手の反撃を受けてややこしくなるだけな気がします。

投稿: Takumi | 2014年7月31日 (木) 22時51分

これが日本人のすることだろうか・・・と思ってしまいました
必要以上に他人のことを考えたり礼儀を重んじる民族性なのに
平然と他人を陥れたりすることを、外国でするなんて恥ずかしいですね
周りの人たちは旦那さまの人の良さを解っていると思うので
その部下のすることをよく思っていない人も絶対いると思いますよ

投稿: モッチーヌ。 | 2014年7月31日 (木) 22時50分

最悪名誉棄損でいけるんじゃないですか?
信用を無くすようなヒレをあっちゃこっちゃ付けまくって
関係者に一斉送信なんてことしているんだもの。
倫理委員会あるんでしょ、会社に。
そこに報告と対処を上司に頼みたいと訴えてみては?

何処にでもいるんですね。
中身のないくせにデッカク見せたい張子の虎って!
小物に振り回される必要なんてないですよ。
ガツンとやったれ!!!!です。

投稿: 瀬津喩 | 2014年7月31日 (木) 08時47分

何と言うか、「自分が上に立ちたい願望」は、多分世界共通ですな~。

でっかく言うと、ウクライナ情勢然り、イスラエルとイスラム過激派との攻防然り。

そして、自戒の意味も込めますと、私と旦那との夫婦関係においても、時々そのような願望に身を任せた事によるいざこざが発生します。

旦那としたら、会社でも人間関係で揉まれているのに、家に帰っても私の機嫌が悪いのだから、相当キツいでしょう・・・。

そして、私自身は、その問題の理由が相手だけでなく自分にもあり、自分の弱さを謙遜に受け入れない限り、その感情を克服出来ないと感じます。

最近は己と戦う日々の、鶴岡八幡宮です(^^;)。

投稿: 鶴岡八幡宮 | 2014年7月30日 (水) 16時47分

困った部下だね。。。。。
以前、アメリカ(NY)在住の日本人女性と仕事をしたことがあって、同じように「支配したい」女性でした。
彼女曰く「私が思うようにtoraが動けばいい」と。。。。。
それを聞いた途端、彼女を私はクビにしました。
彼女に仕事をしてもらっている間、問題が多発し、クレームも多くもらいました。
クビにした後、問題もクレームも激減しました。
仲間からは「やはり彼女が原因だった」と今更話しています。
ご主人が会社の人事に対しても言える立場であればいいんですがね。。。。。

投稿: tora | 2014年7月30日 (水) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭菜園2014 その2 | トップページ | 怪しい日本語11 いや、なおらないだろう »