« パーティー不参加の理由 | トップページ | ニューイングランド旅行 その1
-ケープコッド1- »

2014年8月29日 (金)

時間割登録2014(公立高校)

Img_0217s_2 8月18日(月)に、怪獣の学校で時間割の登録があった。

 時間割の登録と言っても、すでに希望の科目は前の年の学年末に提出済みで、学校側が調整したスケジュール(個人個人の時間割)を受け取って、間違いがないか確認するだけ。

 他には学生証の写真撮影をして学生証を発行してもらったり、スケジュール帳などやクラブの参加費用を払ったり、教科書の貸し出しを受けたり、ロッカーの割り当と番号を貰うなどをしておしまいです。

 登録のスタートする日時は、学年によって決められていて、シニア(最終学年)の怪獣は初日の午前中から登録ができました。
(今年は、シニアが初日の午前中~、ジュニアが初日の午後~、ソフモアが2日目~、フレッシュマンが3日目~、4日目は予備の日でそれまでに登録に行けなかった生徒が行くことができます。)

Img_0218s 登録は、旅行などで不在の時は他の人に代わって行ってもらうこともできますが、学生証の写真を撮らなければならないので、出来るだけ登録期間に行った方がいいです。

 登録期間の発表は夏休みに入ってから、メールなどでお知らせがくるのですが、怪獣の学校の登録のある週に、我が家は旅行の予定を入れてしまっていたので、焦りました。

 幸い登録開始日が月曜日だったので、1日日程をずらしただけで済んで助かりました。

 登録には諸経費の支払いなどの現金や小切手を持って、殆どの生徒が一人で行くのですが、以前にお金の払方がわからなくて、登録を終えることができず、学校から怪獣に電話で呼び出された事があったので、今回は私が一緒に登録に行きました。
(最終学年になって親同伴はうちの怪獣だけだった。)

 無事に登録を終えたあとは、家族旅行の準備をして、いよいよ旅行に出発することになりました。

|

« パーティー不参加の理由 | トップページ | ニューイングランド旅行 その1
-ケープコッド1- »

コメント

>nadoyamaさん

訪問&コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。

アメリカの公立学校には、アメリカ国籍か有効なビザがあれば通えます。
基地内の学校のことは良く知らないのですが、学生時代の友達の妹が米軍基地の中の高校に交換留学?していました。

アメリカは高校まで義務教育なので、公立学校なら授業料は無料です。
教科書は貸出しで、一部の教材費やクラブ活動の費用は個人負担。
給食か弁当かが選べて、給食費も低所得の家庭は免除。

アメリカは地域によって教育の質の差が激しいので、学齢期の子どものいる家庭は、多少税金が高くても良い学校のある地域に住もうとします。

投稿: yuuki | 2014年9月 1日 (月) 23時43分

日本では見られない教育制度ですね。
その違いが教育的な効果にどう
現れるのでしょうね。

職場にいる女性の旦那さんが米軍属なので
米軍基地内の学校に通っています。日本人は
通うことができません。ところで、アメリカの
普通の学校に、その地域に住めば通うことが
出来るのでしょうか?

投稿: nadoyama | 2014年8月30日 (土) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パーティー不参加の理由 | トップページ | ニューイングランド旅行 その1
-ケープコッド1- »