« ロータリー交差点とミシガン・レフト | トップページ | トルコ料理に挑戦 »

2014年8月 7日 (木)

招かれざる同居者(侵入者)たち

Dsc02734s2 今年の春先から、家の中でやたらに蟻を見かけるようになったなぁ…と思っていたのだけれど、庭のどこにもアリの巣の気配がなかった。

(←矢印の先:蟻と卵?)

 どこから来るんだろうと不思議に思っていたら、

 夫婦の寝室の窓を交換するために、窓を取り外そうとしたら…‼‼

ナント、窓と窓枠の隙間の腐った木の部分に蟻の巣があった
(゜ロ゜)ギョエェェェェェ!!

Dsc02734ss(←上の写真の蟻の部分の拡大画像。
クリックで拡大。)

 蟻の巣を放って置くわけにもいかないし、はじめは箒と塵取りで掃除していたのだけれど、数が多いうえに成虫の蟻が動き回るので埒があかない。

 可哀想だとは思ったけれど、作業用の掃除機でガガガガガ…と、お家もろとも蟻さんご一家を吸い込んで片付けてしまった。

(パック式の掃除機じゃないので、掃除機内のゴミを捨てる時が恐怖…)

020s 夫婦の寝室の窓の交換が済み、翌日に怪獣の部屋の窓の交換をしていたら、今度は怪獣の部屋の窓の所にある植木に、ハチの巣らしきものを発見‼‼‼

(←ハチの巣らしきものがついている植木
矢印の先がハチの巣?)

ヽ(ヽ ̄□ ̄))))) ヒイィィィ!!!

 空家だといいのだけれど…
と、思いつつ、観察していたら、蜂が出入りしているみたい。

019s(←巣らしき部分の拡大画像。)

 やばいよ、蜂のご家族様が現在進行形で住んでいるもよう…

( ▽|||)サー

 どうするよ…と、思ったけれど、
「蜂の巣の駆除をするなら蜂が冬眠している冬場がいい。」
と、友人のCさんにアドバイスされたので、冬まで待つことにした。

Dscn12511s そして、極めつけが、大学を休学してアリゾナに住んでいるから送られて来た画像。

(←蠍の死骸)

 何でもアパートに蠍がでたので、潰したそうな…
「これが、アリゾナ・ライフさ」
と、注釈がついていたけれど、怖すぎる…

 スカンクご一家様は、相変わらず我が家の庭に引き続き住み続けているみたいだし…

 何とか出て行ってもらう方法(そして二度と寄せ付けない方法)はないのか、この招かれざる同居者たち…

|

« ロータリー交差点とミシガン・レフト | トップページ | トルコ料理に挑戦 »

コメント

>おきらく龍さん
 コメントどうもです~

 蟻の写真と一緒の白い粒は蟻の卵?かも…
私もじっくりと観察するのが怖くて、ガーッと吸い込んじゃったので、よくわかりません。

 アメリカは広いですからね。
自然の豊かな場所もまだたくさん残ってます。
 アリゾナは、多分蠍だけじゃなくて、ガラガラ蛇もいるのではないかと…
(ガラガラ蛇は蠍と違って、アパートに出ることはないと思う。)
 

投稿: yuuki | 2014年8月11日 (月) 00時47分

この「タイ米」みたいなやつが白蟻?
Σ(=∇=ノノヒィッッー!!
初めてみたよ^^;(; ̄ー ̄川

娘さんはアリゾナですか!
20代の時に付き合っていた彼氏の妹が居たんだけど やっぱりサソリの話は聞いてた^^;
でも・・・
こんなん普通にいたら困ります!死にます!
(>▽<;;

投稿: ★おきらく龍★ | 2014年8月10日 (日) 03時09分

>アールグレイさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 蜂は秋が最も危険なのですね。
近寄らないようにします。
 熊の捕獲ご苦労様でした。
鹿は菜園を荒らすだけで済むけれど、熊は命の危機ですものね。
 我が家の庭に住んでいるスカンクも捕獲&駆除したいのですが、猛烈なスプレーの臭いが怖くて駆除できずにいます。
熊と違って命の危険はないので、諦めています。

 

 
>toraさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 蟻を食べる動物って、アリクイだけじゃなかったんですね。
 アフリカには凄い昆虫がいるんですね。

 

 
>Linoさん
 訪問&コメントどうもです~
 裏庭の道を渡った向こうが、水源確保かなんかのための林(原生林?)なんですよ。
鹿も蝙蝠も兎も狸もリスも野鳥も沢山います。
そして、スカンクも…

 

 
>Takumiさん
 訪問&コメントありがとう~
 業者を呼ぼうにも、ここの業者は約束の日時に来ないので困ります。
 蜂は一度駆除してもまた別の蜂が巣を作る可能性があるので、「蜂はテリトリーに敏感で他の蜂の巣の見えるところには巣を作らないから、駆除した後に偽物のハチの巣を下げておくといい。」と、言われました。

 

 

投稿: yuuki | 2014年8月 9日 (土) 03時43分

蟻も怖いけどハチやサソリとはΣ(゚д゚lll)
私なら即業者に助けを求めそうです
刺激しないようにしないといけませんね
なにもなければいいけど・・・心配ですね

投稿: Takumi | 2014年8月 8日 (金) 23時04分

招かれざる客の多いということは
自然豊かな環境ともいえるのかな?

蜂・サソリは生命の危機もありうるし
蟻もシロアリだったら大変!

アールグレイさんち熊って・・・すっご~い

投稿: Lino | 2014年8月 8日 (金) 09時09分

テレビでアフリカの原住民が蟻を駆除するのに何かの虫を使っていたのを見たことがあります。
残念ながら何という虫か忘れましたが、蟻を好物とする昆虫です。
彼らは蟻の巣にある卵まで退治するので、一度駆除すると再び蟻が発生することはないようです。
更に蟻を駆除した虫は、蟻が居なくなったことで自分も居なくなるそうです。

投稿: tora | 2014年8月 7日 (木) 11時44分

・・・このうえ、鹿も来るわけですね・・・
いやはや、何処も同じ・・・ですね。
 
蜂の巣は、秋が一番大変な時期ですよ~。餌がなくなって子育てが大変で気が立ってくるから・・・人が襲われるのは大体その時期ですよね。
ミツバチみたいなのならいいのだけど、足長バチみたいに刺すほうは・・・アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!
なるべく近寄らないようにしてくださいねー。 
 
ちなみに、うちの熊は捕獲・殺処分されました。
また後日アップしまーす。

投稿: アールグレイ | 2014年8月 7日 (木) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロータリー交差点とミシガン・レフト | トップページ | トルコ料理に挑戦 »