« ニューイングランド旅行 その6
-旅行にまつわる雑感-
| トップページ | 中秋の名月 »

2014年9月13日 (土)

停電&発電機購入

Image1 先週の金曜日(9月5日)の夕方頃、パソコンを使っていたら突然停電した。

 以前の記事にも書いたのだけれど、 我が家は70年代にできた少し古い住宅街のせいか、停電は日常茶飯事。
(今まで記事にしたものだけでも13回、今回で14回もある。)
 大雪などの悪天候の時は長時間の停電のこともあるけれど、その日は雨も降っていなかったし、風も強くなかったので、「すぐに復旧するだろう」と、思っていた。

 うちのコンロは電気なので、停電すると食事が作れないので、外食するこになり隣町にあるイタリアン・ファストフード店まで出かけた。

 食事を済ませて帰ろうと思った頃から雨が降り始めて、家に着くころには大雨になっていた。

Dsc06566(←地下にある排水升)

 家の近くまで来ると、あたり一帯が真っ暗なので、停電がまだ続いていることが分かった。

 停電+大雨と言えば…地下室の洪水だ~
Σ(゚口゚;
 と、気が付いて地下室をチェックしに行ったら、案の定、排水升がオーバーフローしかかっていた。

 放って置いたら地下室が浸水してしまうので、一家総出(といっても3人だが…)で排水升から水を汲み出す作業をすることになった。

 間に30分の休憩を挟んで約2時間、
4時間の仮眠の後、早朝に1時間、合計3時間強バケツリレーで水を汲み出した。

汲み出した水の総量、約1.5トン
プールの排水をバケツでやっている気分だった。
(翌日以降、家族みんなが激しい筋肉痛に悩まされたことは言うまでもない。
(T-T*)ウウウ…

Img_0585s(←買って来たガソリン式の発電機)

 朝になって雨が止んだので汲み出しを止め、お店が開く時間を待って、が発電機を買いに行った。

 我が家が購入したのは、7000wの発電機で、(の話によると)クーラーと調理器具を除いた家の電気をまかなえる容量があるらしい。
(停電の時に電気が供給できるのはいいのだが、発電機の欠点は騒音がかなり酷いこと。
我が家だけでなく、他の家も不完全燃焼を防ぐため、屋外で使っていたのだけれど、家のドアか窓を閉めていても、近所の発電機の稼働する音まで聞こえるくらいうるさい。
ましてや、自宅前で使うとどうなるのか、推して知るべし…と言うところだろうか…)

 が発電機を買いに行っている間にも、地下室の排水升の水量が増えてきていたので、発電機を動かして真っ先に地下室の排水ポンプを繋いた。

Img_0588s(←発電機に繋いで使っているところ)

 その次に、冷蔵庫と冷凍庫。
(冷蔵庫はコンセントが冷蔵庫の真裏にあったので、冷蔵庫を動かさないとプラグを繋ぎ変えができなかった。)
 その次に、コンピュータや携帯などの充電を始めた。
モデムやルーターなども繋いでみたけれど、プロバイダ側の電気が切れているらしく、インターネットは繋がらなかった。

 緊急性の高いものは全て繋いで安心したのか、が電動工具を繋いで趣味と実益を兼ねてやっている家の改修作業を始めた。

ポカッ (._+ )☆\(`⌒´メ)モォォォォ~
非常事態に何やってるのよ!
何もこんな時に、作業なんかしなくても…

Dsc03257s(←半分直りかけのグリル)

 その他にも、調理器具(消費電力が大きすぎるし、プラグの形が違うため)は発電機を使えないので、修理途中の使えるかどうかもわからないガスバーナー(屋外用のグリル)をデッキに出して、晩ご飯はBBQにしよう、と言い出すし…意味不明。

 停電しているのはうちの住宅街の区画や一部の地域だけなんだから、停電していないお店で外食すればいいだけなのに、なんでBBQ?
 水の汲み出しでヘロヘロに疲れている所に、慣れない(しかも使えるかどうかもわからない)調理器具でアウトドア料理は大変だよぉ。

 停電で野生の本能が目覚めて、サバイバル生活を送りたくなったのか…?
おそらく、修理のほぼ終わったBBQグリルが使えるかどうか試してみたかっただけと思うけれど、何も非常時にやらなくても…
(それに、試すなら完全に直してからにして欲しい)
(男)の考えていることはサッパリわからん…

┐(´Д`) =3┌ ハァァ~

 とりあえず、電気は土曜の夕方には復旧し、BBQグリルでご飯を作らなくても済んだのは助かった。

おまけ:

Dsc03232s 今回の停電で、発電機から電気を引くために長い延長コードが必要だったので、が保管してあったガレージの屋根裏に取りに行ったのだが、暗くて足元がよく見えなかったので、ガレージの天井をまた踏み抜いてしまった。
(今度で3度目。)

 発電機を買った翌日に、広告のチラシが入ってきて、我が家が買った発電機と同じ発電機が160ドル次の週から割引になるらしかった。
 もう2日待てたら良かったのに…

 でも、発電機のお蔭で水の汲み出しから解放されたし、(お隣さんとお向さんは水の汲み出しをしなかったようで、地下室が浸水したのか、濡れたカーペットとマットレスなどが庭先に捨ててあった、)冷蔵庫や冷凍庫の食べ物は無事だったし、160ドルの価値はあったよね…多分…

|

« ニューイングランド旅行 その6
-旅行にまつわる雑感-
| トップページ | 中秋の名月 »

コメント

>Lino
訪問&コメントありがとう~
 水の汲み出しは本当に疲れました。
3日間筋肉痛が続いて、おばあさんのように歩いていました。
 忙しい時に余計な事をする。
分かってもらえて嬉しいです。
緊急事態に、非常用の電源を使って趣味を始めなくても…
と、思ってしまいました。

 

 

>あけちさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 バケツの排水はもう懲り懲りです。
発電機だけでなく、非常時にはバッテリーで動くポンプを買おうかと計画中です。
 夫はBBQにしようと道具を出すのはいいのだけれど、調理をするのは私なので困っちゃう。

 

 

>tomo*さん
 訪問&コメントありがとう~
 ホントに、今回の停電で、災害に備えた準備って大切だなぁ…
と、実感しました。
(お蔭で、停電の時に必要なものだけはわかりました。)
 夫については、非常時に張り切るのはいいけれど、家族にとばっちりが行かないようにして欲しいです。

 


 

投稿: yuuki | 2014年9月15日 (月) 07時41分

バケツリレー大変でしたね・・・
震災にそなえて、ウチも電気の無い生活に
対応できる備えをしておかないと・・・(^^A)
yuukiさんの旦那さんは余裕があって逞しそうだから
いざというとき頼りになるかも

投稿: tomo* | 2014年9月14日 (日) 18時29分

うわぁ・・バケツの排水、大変だ・・。
お風呂の水を洗濯機に数回運んだだけでヘロヘロになるのだから。
お疲れ様でした^^;
でも、旦那様素敵ね♪
非常事態を楽しんでるみたいで頼もしいじゃありませんか♪

投稿: あけち | 2014年9月13日 (土) 10時41分

お疲れさまでした

プールをバケツで排水・・・
やる前に分かってたら絶対嫌!!
と思う作業ですね

忙しい時に限って違うことをしたがる
わからなくもないけど(現実逃避)
今はやめて!!って思いますよね

投稿: Lino | 2014年9月13日 (土) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューイングランド旅行 その6
-旅行にまつわる雑感-
| トップページ | 中秋の名月 »