« 欠席事件 | トップページ | 卒業式のローブのレンタル »

2014年10月18日 (土)

ピアレンツ・ティーチャー・カンファレンス
(2014年度前期)

Img_0669s 10月に入っても、暫く9月の出来事の記事が続いていたのだけれど、今回の記事でやっと10月の出来事に追いつきました。

 10月8日に、今年度前期のピアレンツ・ティーチャー・カンファレンス(面談)に行ってきました。
 今までは、早く帰ってしまったり、都合で来られない先生もいたりして、怪獣を担当している全教科の先生に会うことはできなかったのですが、今回は担当の先生全員に会うことができました。

 ひとつ前の記事で書いた、体育のクラスの欠席については修正してくれるという事だったので、一安心しました。

 新学期が始まった頃に、2Dアートのクラスを取るのが2回目だったことに気が付いて、カウンセラーに聞きに行ったら、2回目でも単位として換算すると言われたので、美術の先生に確認したら、
「普通は2回目のクラスは単位に換算されない。
IEP(特殊教育)をうけている子は特別かもしれないから、特殊教育の先生に確認して。」
と、言われました。
 特殊教育の先生に聞いても、
「わからないから確認します。」
と、言われました。
(本当に大丈夫なんだろうか?)

Img_0667s 今学期はコンピュータ・プログラミングのクラスも取っているのだけれど、先生がべた褒め(アメリカの先生は褒めるのが上手なので、割り引いて考えるとしても)、成績もいいし、どうやら得意な教科であることには間違いがないみたい。

 問題があったのは、微積のクラス。
今まで数学で悪い点数を取ったことがないのに、成績がCだというのでビックリ。
宿題はきちんとこなしているし、テストの点数が悪いのが成績を引き下げているよう。

 数学の担任と話したのですが、兎に角わからないことがあったら質問しに来るようにと繰り返すだけで、どうしてわからないのかを考えようとしない。
 典型的な数学バカ(数学しかできない)タイプで、
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
って、感じで、私たちと話していても意思の疎通がまったく上手くいかない。
 私たちでも話が通じないのに、コミュニケ―ションに問題のある怪獣が彼と話をして理解してもらうのは無理だろう…と感じた。
「これじゃぁ、聞きに行っても、必要な助けは得られないだろう」
と、思ったので、に頻繁に宿題やテストの見直しをしてもらうことにした。

余談:

 2Dアートの先生との話なのですが、
(以前に一度クラスを取ったことがあるせいか)怪獣は先生の指導や指示をよく理解しているので、他の子にやり方を説明させることがあったらしい。
 自分でやり方はわかっているのですが、怪獣の説明ではクラスの他の子が理解できずに、上手くいかなかったそうです。

 ところが、2Dアートのクラスには、怪獣の他にも障害を持つ子(多分発達障害?)がいて、(その子は今回初めてクラスをとるので)先生の指示を理解できなくて困っていたので、怪獣に説明させたら何故かその子には怪獣の説明が通じたらしいです。

 それ以来、怪獣はその子の補助についていて、先生との通訳的な役割を果たしているようです。
 発達障害は不便なこともあるけれど、思わぬところで役にたつんだなぁ…と感心しました。
 今まで、助けを受ける側だった怪獣が、誰かを助けることができるようになったのは、成長したんだなぁ…と嬉しく思いました。

|

« 欠席事件 | トップページ | 卒業式のローブのレンタル »

コメント

>コメントをくださった皆さん
 訪問&コメントありがとうございます。
 少しゴタゴタがあって、お返事が大変遅くなり、申し訳ありません。


 

 

>瀬津喩さん
 コミュニケーションのとれない先生、多いですね。
特に、高校の先生は教職の勉強を専門にやっていない先生も多いので、教える内容についてはよくわかっていても、教え方が下手な先生が多いです。

 

 

>Linoさん
 自分で教えられるってすごいですよ。
しかも高校の勉強。
 私もはるか昔に高校生だったんだけれど、何を勉強したのかすっかり忘れちゃってる。
 数学とか、日常生活で使わないので思い出しさえもしない。
 塾もね…子どもによって合う子と合わない子がいるから難しいですよね。

 

 

>ミナゾウさん
 こんにちは~
 今回は先生との相性が良くなかったんだと思います。
息子は何を聞いても返ってくる返事がサッパリ理解できないので落ち込んでいました。

 

 
 
>モッチーヌさん
 うちの息子は、何がわからないのか説明することができないみたいです。
 去年までの数学の先生は、息子の説明でもわかったみたいなのですが、今年の先生は全く理解してくれないようで、息子も(自分がバカになったのじゃないかと)頭を抱えていました。

 

投稿: yuuki | 2014年10月23日 (木) 04時19分

わからないところがわからない・・・
そっか~それでウチの子も先生に聞かないのかな?
塾で言われたことがあるんです。
別に強がっているわけじゃないんですね

子どもが何が困っているのかわからない先生って、
どんなに勉強ができても頭が悪いなぁ・・・って思っちゃいます。

投稿: モッチーヌ。 | 2014年10月19日 (日) 12時47分

こんにちは!
難しいですよね〜
教える方はわかんないとこがわからないでしょうし…
ふう…

投稿: ミナゾウ | 2014年10月18日 (土) 12時46分

あうう・・・同じだあ(;´д`)トホホ…

学校の授業でわからなくても
聞きにいかない・いけない・・・

宿題はするけど
テストで点数が取れない・・・

我が家は母が
家庭教師です・・・はい
今回も三角関数を利用して計算する
物理の問題
私の解説で初めて理解したそうです
授業中は理解力が不十分な子にゆっくり解説してはくれません

わからない時質問できるのって
信頼した先生にしか行けないですよね?
余計に苦手教科に・・・orz

旦那に振っても
「塾いかせろ」って言うだけですから
あてになりません(´Д⊂グスン

投稿: Lino | 2014年10月18日 (土) 08時25分

コミュニケーションの取れない先生って多すぎますよね
質問に来ればって…行ったら行ったで言葉が足りず混乱させるだけとか
怪獣くんにあった教え方は実は皆にも分かり易い方法なのでしょうにね。
プロだったらそれくらいやって貰いたいものですが…分からないんだろうなぁ
旦那はん、頑張れ(笑)

投稿: 瀬津喩 | 2014年10月18日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欠席事件 | トップページ | 卒業式のローブのレンタル »