« ESLのクラスその2 | トップページ | Tinga de pollo
ティンガ・デ・ポジョ(メキシコ料理)に挑戦 »

2014年12月14日 (日)

ダブルチョコレート・ペパーミント・バー

014s クリスマス用に、スーパーでもらって来たチョコレートのお菓子のレシピで作ってみました。
 写真を(お菓子とは全く無関係の)記事に使ったら、レシピのリクエストがあったので、レシピを載せることにしました。

 オリジナルの名前は"Double-Chocolate Peppermint Bark"で、アメリカのレシピなので量が多いです。
 日本で作るなら半分の量で作ってもいいかもしれません。

材料

・セミスィートチョコレート …340g
・ホワイトチョコレート …340g
・サラダオイル    …大匙2
・荒く砕いたミントキャンディ …1/2カップ

作り方

38㎝×25㎝のトレー状の型(ロールケーキを作る型)にアルミホイルを敷く。
(私はクッキングシートを使いました。)
セミスィートチョコとホワイトチョコは刻んでおく
小さな鍋でセミスィートチョコレートを弱火で融かす
別の小さな鍋でホワイトチョコレートも同時進行で弱火で融かす
④のホワイトチョコレートが融けたら分量のサラダオイルを加えてよく混ぜる
③のセミスィートチョコをアルミホイルを敷いた型に流して広げ、その上に⑤のホワイトチョコレートを流して広げ、ゴムベラなどでかき混ぜてマーブル模様を作る。
(注意:完全に混ぜきらないように、ゴムベラを縦にして切るように混ぜる)
⑥の上に荒く砕いたミントキャンディーを散らす。
⑦を冷蔵庫に入れて45分以上冷やす。
チョコが完全に固まったら、アルミホイルごと型から外して適当な大きさに切る
(手で割ってもOK)

 オリジナルのレシピには、「美味しいけれど体に悪い」と(冗談で)紹介されていました。
チョコレートの塊なので、食べ過ぎに注意です。
 作ってキッチンのカウンターにおいたら、怪獣が回って来ては食べて、クリスマスまで持ちそうにないです。

 ミントキャンディーは、白と緑のスペアミントキャンディーと白と赤のペパーミントキャンディーを砕いて使いました。
 オリジナルのレシピではキャンディーケーン(杖の形のクリスマス用のキャンディー)を砕いて使っていました。

|

« ESLのクラスその2 | トップページ | Tinga de pollo
ティンガ・デ・ポジョ(メキシコ料理)に挑戦 »

コメント

>アールグレイさん

こんにちは~
訪問&コメントありがとうございます~

もう、レシピは試されましたか?
このお菓子で家を作るには、膨大な量のチョコレートが必要なので、多額の出費の覚悟がいるかもです。

投稿: yuuki | 2014年12月17日 (水) 01時25分

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!

ありがとうございました~~
チョコレート2段重ねだったのですね。そこへアメちゃんの合わせ技。ビバ!アメリカン!!って感じのお菓子ですね。( ´艸`)プププ
 
うちのは、ミント系苦手なので、別のを散らすことにして、クリスマスに向けて作ってみまーす
そうそう。
お菓子の家作れっていわれてるんですよ~。これ使おうっと

投稿: アールグレイ | 2014年12月14日 (日) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ESLのクラスその2 | トップページ | Tinga de pollo
ティンガ・デ・ポジョ(メキシコ料理)に挑戦 »