« ピアレンツ・ティーチャー・カンファレンス
(2014年度後期)
| トップページ | アメリカ人との英語での会話が通じにくいわけ »

2015年3月11日 (水)

Blended
子連れじゃだめかしら?

Dsc03917s Blendedは2014年のアメリカのラブコメディ・冒険映画。
邦題は「子連れじゃだめかしら?」で、日本では劇場未公開。
DVDは3月ごろ発売予定らしいです。

 「ウェディング・シンガー」「50回目のファーストキス」に続く、ドリュー・バリモアとアダム・サンドラー主演の3作目のコメディ映画で、脇役も前の二つの映画に出た俳優がチラッと出てきます。

Image1 ローレン・レイノルズ(ドリュー・バリモア)は、離婚したばかりで2人の男の子を持つシングルマザー。
ワードローブの整理の仕事をしている。

 ジム・フリードマン(アダム・サンドラー)は、妻を亡くしたやもめで、3人の娘がいる。
スポーツ用品店の店員をしている。

 ローレンとジムはお互いの知り合いの計らいでブラインドデートをすることになるのですが、妻の死から立ち直れないジムはデートも上の空で、ローレンに失礼な事を次から次へとして、最悪なデートになってしまう。

 お互い二度と会いたくないと思っているが、(狭い町のせいか)偶然再会してしまう。

Image2 ローレンの仕事の同僚ジェン(ウェンディ・マクレンドン‐コーヴィー)は、とあるチェーン店のオーナーのディック(ダン・パトリック)と付き合っていて、プロポーズのためのアフリカ婚前旅行に誘われたのだが、ディックに子どもがいることが分かって、子どもも一緒の旅行だと知って、旅行をキャンセルするつもりであることをローレンに話す。

 お金がなくて長期休みに子どもを旅行に連れて行ってあげられないローレンは、キャンセルするなら旅行を譲ってくれるように頼み、子どもを連れてアフリカに行くことになる。

Image3 一方、ジムは自分の勤めるスポーツ用品店のオーナーがアフリカ旅行をキャンセルすることを聞きつけて、旅行の権利を譲ってくれるように交渉し、娘3人を連れてアフリカに行くことになる。

 かくして、お互い嫌いあっていた、ローレンとジムはアフリカで鉢合わせ。
 しかも2人が譲り受けた宿泊先のホテル・プランは、子持ち再婚を支援するためのプログラム付の宿泊プランで、
ローレンとジムの家族は再婚予定のカップルとして、一つのスウィート・ルームをシェアすることになってしまう。

 この映画は、ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーのコメディーらしい映画。
2人とも子持ちの親の役が違和感のない年齢なったんだなぁ…

|

« ピアレンツ・ティーチャー・カンファレンス
(2014年度後期)
| トップページ | アメリカ人との英語での会話が通じにくいわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアレンツ・ティーチャー・カンファレンス
(2014年度後期)
| トップページ | アメリカ人との英語での会話が通じにくいわけ »