« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

Nasty People
どこにでもいる「イヤな奴」とのつきあいかた

Dsc04375s 一昨年(2013)の秋に"People of the Lie"(邦題「平気でうそをつく人たち」)を読んで以来、"Dinosaur Brains"(邦題「ディノザウルス考現学」)や「7つの習慣」など、80年代~90年代にかけての実用心理学や心理学を応用した自己啓発本?を読む事が多くなっています。

 元々はの職場での人間関係のトラブルの解決方法を探して読み始めたのですが、読んでいるうちに、私の生活や発達障害への対応にも役立つ考えが沢山あって、興味が湧いて、似たような系列の読書が続いています。

 "Nasty People-How to Stop Being Hurt by Them without Stooping to Their Level"(邦題「どこにでもいる『イヤな奴』とのつきあいかた」)も、1990年代に出版された本で、この記事の画像の本は改訂版で2003年に出版されています。
 日本語版は集英社から2004年に単行本が出版されています。

 著者のジェイ・カーターは、大学やアダルトスクールで心理学やコミュニケーションについての講義をしていて、アダルトスクールで教えた生徒が、彼の"Invalidation"の仕組みについての講義を聴いて人生が変わるほどの影響を受けて、同じ事で悩んでいる人のためになればと、ジェイ・カーターの"Invalidation"についての論文を配っていたのですが、それを読んだ人たちが、もっと多くの人に広めるためにジェイ・カーターに本を執筆するように頼んで出版される運びになったそうです。

 この本の中心になっている"Invalidation"と言う言葉の定義は他人を貶めることによって自分を優位にする(見せる)または優越感を得る行為のことで、相手の自尊心を破壊して操る事が目的です。
 "Invalidation"を行う人を"Invalidator"(日本語訳では「イヤな奴」)と、(この本では)呼んでいていて、誰もが一時的に"Invalidator"に豹変する可能性はあって、殆どが無意識でやっている。
 人口の1%が意図的に"Invalidation"を行う人で、これらの人は要注意らしい。
(1%についての記述は"People of the Lie"の内容と重なる部分があって、理解しやすかったです。)

 英語版のページ数はたったの100ページ。
ページ数が少ないことについて、著者は
「この本には"Invalidation"について基本的で重要な原則と、短い事例しか書いていない」
「料理の本と違って、一つ一つの手順を手取り足取り書いたHow toものではない」
「野球に関する本を何冊も読破しても、プロの野球選手になれないように、この本も読んで原則を理解して、読者個人個人のスタイルや状況に合うやり方を見つけていくしかない」
と、書いています。
 

続きを読む "Nasty People
どこにでもいる「イヤな奴」とのつきあいかた"

| | コメント (2)

2015年5月28日 (木)

タンポポ地獄

Dsc04370s 4月28日に桜が咲き始め、5月の上旬には満開。

(←5月4日)

 庭の他の木も若葉や花が開きはじめて、芝生も新緑が綺麗だなぁ…と、喜んだのも束の間…

Dsc04385s(←若葉が芽吹いてきた庭の木)

 芝生に多量の雑草が大量発生!

<( ̄□ ̄;)>ガーン

 お蔭で5月の最初の週末は、一家総出で草むしりになってしまった。

 去年も一昨年も春先には雑草に悩まされたのだけれど、今年の雑草は去年の雑草とは種類が違った。

Dsc04386s(↑表庭。タンポポが沢山生えている)

 今年はタンポポとオオイヌノフグリが多く、所々にクローバーが生えている状態です。

 特に、今年はタンポポの当たり年らしく、お隣の庭も、斜め向かいお家の庭もタンポポだらけ。
(斜め向かいのお家の庭は去年もタンポポだらけだったが…)

Dsc04382s(↑我が家の庭と、奥に写っているのは斜め向かいの家の庭。
うちの庭よりもタンポポの黄色の部分が多い。)

 タンポポは、綿毛が飛んでしまうと更に増殖してしまうので、早目に駆除したいと思って一家総出で草むしりに励んだのだけれど、春先は雨季のため、雨が降る日が多く作業ができる時間が少ない。
(雨の日は花も閉じるので綿毛が飛ぶことはないのだけれど…)
 その上、取っても取っても次から次へと新しいのが生えて来て、作業がなかなか捗らない。

Img_0080s(↑芝刈り機で刈った後)

 5月の最初の週末の次の週、私も草むしりをしたのだけれど、タンポポは根っこが深くて抜きにくく、1回(2時間)で手の皮が剥けてしまった。
 その後、怪獣で草むしりをしたけれど、タンポポの成長に追いつかず、遂に芝刈り機で芝生ごと刈り取ってしまった。
(斜め向かいのお家は草むしりすることなく、いきなり芝刈り機で刈り取ってしまっていた。
最初から駆除する気は全くなく、見た目が良ければいい感じ。)

 オオイヌノフグリとクローバーは芝生と混ざって生えている上に、地面に這うように生えているので芝刈り機では刈り取れないので、芝刈りをした後、雑草に効く除草剤をまいておいた。

 タンポポなどの雑草が大発生した理由は、土壌の窒素とカルシウム不足。
去年の秋に肥料(兼雑草の除草剤)を撒いたのだけれど、量が足りなかったみたい。
 除草剤で雑草が枯れたら取り除いて、芝生の肥料を撒いた後暫くしてから、芝生の種を撒く(Over seedする)予定。

 斜め向かいのお家みたいにパッと見た目だけ整えておく方法もあるけれど、雑草が増えると芝生を駆逐してしまって最終的には芝生の植え替えが必要になったりする。
それを考えると、雑草の生えにくい状態にしておく方が長い目で見ると経済的。
 今年の秋は十分な量の肥料を撒いて、来年に備えようと思った。

| | コメント (3)

2015年5月25日 (月)

シニア・プロム

013s 21日はシニア・プロムの日だった。
怪獣が高校のパーティーに参加するのは今回が初めて。
(ジュニアの時に、ホームカミング・パーティーに女の子を誘ったのだけれど、断られてしまって以来、パーティーに参加したいとは言わなかった。)

 今回は高校生活最後のプロムだったせいか、
「相手の女の子がいなくても行く」
と、言い出して早々にチケットを買った。

 チケットを買ったのは良かったけれど、他に一緒に行く男友達もいないし、一人ポツーンになるのじゃないかと親は心配していたが、本人は全然気にしていない様子。

Img_0238s(←パーティーの会場になったイベントホール)

 怪獣の進学の事で相談に行った時、学校のソーシャルワーカーさんや、IEPの先生や、言語の先生が、プロムの事を心配してくれて、プロムで一緒にいてくれる友達グループを手配してくれたよう。
「あるグル―プに入れてくれるように声をかけたから、大丈夫。」
と、言ってくれた。

Img_0177s その時に、プロムに着て行く服装のことについてもアドバイスをしてくれた。
 男性は、ダークスーツかタキシード、ネクタイ着用で、靴はドレスシューズ、と、指定された。
(プロムを一度も経験したことのない私たち親は、小学校の卒業式の時のような、ワイシャツにネクタイのセミフォーマルな格好で参加させるつもりでいたので、アドバイスをもらって良かった。)

Img_0186s 「スマホを持っているなら、プロムに行ったら写真も沢山撮らせて、テキストで友達に送るようにしてください」と、
言われ、
「スマホは持っているけれど、普段からあまり写真を撮らない」
と返事をしたら、
「セルフィー(自撮り)のやり方が分からないかもしれないから、今日のIEPのクラスで教えておきます」
と、言ってくれた。

 IEPって、こんなことまで面倒見てくれるんだ…と感心した。

Img_0198s 当日は6時半開場で、ディナーが7時から。
食事はイタリアンだったみたい。
 サラダはいまいちだったけれど、他は美味しかったと言っていた。

 ディナーが終わったら、ダンスやゲームなどのイベントがあったみたい。

Img_0201s 怪獣は彼女を連れて行かなかったので、
「先生とダンスを踊ったの?」
と、訊いたら、
「先生とは踊らなかったけど、女の子と踊った。」
と、返事。
 詳しいことは「内緒」と言って話してくれなかったけれど、多分グループの男友達がガールフレンドを貸してくれたのかもしれない。

Img_0233s プロムは夜の11時までだったけれど、ディナーさえ食べてしまえば、それよりも早い時間に帰ってもOKだった。

 怪獣は運転免許を持っていないので、帰りたくなったら電話するように話しておいたら、10時少し前になって電話があった。
 もっと早く連絡してくると思っていたので、結構パーティーは楽しめたみたい。

 パーティー会場までは少し時間がかかるので、その間写真でも撮って待つ用に指示。
 すぐ迎えに来れないと聞いてブーブー言っていたけれど、待っている間に玄関付近の写真を沢山撮ってくれていた。

Img_0116s 今回のプロムでは、彼女と来た子の中にはリムジンで送り迎えしてもらっている子もいた。

 男女ともタキシードやスーツやイブニングドレスを着て皆正装して来ていて、男性はスーツの襟の所に飾るBoutonniereをつけて来ていたし、女性は腕に飾るWristletをつけていた。
(カップルの場合、BoutonniereとWristletは同じ花や色で合わせるのが普通で、男性が準備するのが習慣らしい。)

 怪獣もダークスーツにBoutonniereをつけて行った、家を出る時はちょっとフォーマルすぎじゃないかと思ったけれど、会場に入っていく子たちの服や飾りはもっとゴージャスだった。

 の通っていた高校は田舎だったため、プロムにここまでお金をかける習慣がなくて、女の子のドレスもフォーマルっぽいワンピースだし、男の子も簡単なスーツだった。
 女の子にコサージュを買う子もいたみたいだけれど、男の子がBoutonniereをつけているのを見たこともなかった。
 場所が違うと習慣も随分違うんだなぁ…と思った。

続きを読む "シニア・プロム"

| | コメント (8)

2015年5月22日 (金)

高校のクラスの最終日

004s 5月19日は、怪獣の学校のクラスの最後の日だった。
この日の後も、卒業式用のガウンを受け取りに学校には行ったりするのだけれど、もう19日以降は高校で勉強しなくていいぞと言う(学校生活の最後の)日。

(↑シニアを出迎える家族たち)

 Senior Walk out Dayと言って、シニア(最上級生:日本の高校3年生にあたる)は、(怪獣たちの学校の場合は)午前中でテストが終わったら正面玄関から一斉に下校。

015s 正面玄関から出てくるシニアを、保護者や家族が出迎えて、家族や友達と写真を撮ったり、イヤーブック(卒業アルバムのようなもの)に友達にサインをしてもらったりする。

 学校の職員や先生も出て来て、シニアと一緒に写真を撮る人もいる。

Img_0099s 怪獣もクラスメイトと写真を撮ったのだけれど、履修していたクラスが物理とか微積のクラスだったので、一緒に写るのは男子生徒ばっかり。

 Senior Walk out Dayの当日は、最高気温が16℃と寒かったにも関わらず、女子生徒は写真撮影のためにノースリーブのドレスを着ている子も沢山いた。

027s2 卒業に関するイベントは他にも色々あって、4月21日にシニアを集めて卒業までのスケジュールの説明会があって、その時にスケジュールのリストを貰って来ました。

 まず、4月27日の週はシニア・プロムのチケットの販売が行われて、一人50ドル(カップルで100ドル)でした。

 5月11日にの週は、図書館などから借りていた本を返す週。

 5月18日(学校生活最後の日の前日)は最後のテストの開始の日で、シニア・ブレックファースト(学校が提供する朝食)が朝の8時にありました。
 ブレックファーストと言うので、ベーコンエッグとかを想像していたのですが、怪獣によるとフルーツとケーキ一切れで、どちらかと言うと朝のおやつと言う感じだったみたいです。

 5月19日は学校生活最後の日。Senior Walk out Day

 5月21日がシニア・プロム。

 5月26日が卒業式に使うキャップとガウンの受け取りの日。

 6月2日が卒業式とオールナイト・パーティーの日。

と、イベントが目白押し。

009s の高校卒業の時は(他の州)だったので、学校生活の最終日は卒業式の2日前で、普通通りに下校で特にイベントもなかったし、(ボーイフレンドのいなかったは)プロムにも参加しなかったので、親の方も特に準備に忙しいという事はありませんでした。

 ところが、怪獣の学校では彼氏や彼女がいなくても、友達同士でプロムに行くし、学校主催のオールナイト・パーティーや、卒業生の家でそれぞれ卒業パーティーを開く習慣があったりで、保護者が関わるイベントやお金を出す必要があって、結構大変。

 の通っていた高校に比べると、いかにも「アメリカの高校」って感じで楽しいのだけれど、私たち親は何もかも初めてなので戸惑います。

 Senior Walk out Dayの事も、たまたま進学の事で前の週の木曜日に学校に行った時に、怪獣のIEPの先生から、
「学校最後の日は保護者や親が玄関前で出迎えることになっているので、両親揃って絶対に来てください。
それから、友達や先生と写真を撮るのが習慣なので、必ずカメラを持って来て下さい。
私も写真に写るために一緒に外に出るので、(来てるかどうか)確認します。」
と、釘を刺され、にその時間だけ仕事を抜けてもらって、夫婦そろって参加しました。

 

| | コメント (5)

2015年5月19日 (火)

メイソンジャーとジャーサラダ

Image2 怪獣の卒業パーティーに使おうと思ってメイソンジャーを探していた。

(←パイント=約480mlとハーフパイント=約240mlの瓶)

 メイソンジャーは広口のネジ蓋式の密閉ガラス瓶で、ジャムやソースなどの家庭保存食用(瓶詰)に使われる。

 ちょっと前に、メイソンジャーにドレッシングと野菜を入れてサラダを作り、冷蔵庫に保存してランチに持って行くのが、ニューヨークで流行ったらしく、日本でもメイソンジャーが注目され始めたようで、ネットのレシピなどでも見かけるようになりました。

Image1(↑パイントジャー=約480ml)

 瓶や蓋を煮沸消毒して、サラダなどを詰めて冷蔵庫で保管すると(材料にもよりますが)4~5日フレッシュな感じが持つそうで、日曜の夜に1週間分のランチ用を作って置く人もいるらしいです。

Image4(↑ハーフパイントジャー=約240ml)

 怪獣の卒業パーティーに使おうと思った理由は、前もって一人分ずつのジャーサラダを作っておけば、日持ちするので当日サラダを作らなくて済むし、残ってしまっても一人分ずつ分けてあるので、その日うちに食べきらなくても済むからです。

Image3(←上:パイント=約480ml
下:ハーフパイント=約240ml)

 メイソンジャーはいろんなサイズと形や色があるのですが、一人用のサラダに使うのはハーフパイント=約240mlの瓶です。

 今回買ったのはスタンダードな形のパイントジャー(=約480ml)とハーフパイントジャー(=約240ml)を1ダースずつ。

 パイントジャーは税抜きで1つ70¢、ハーフパイントジャーは66¢でした。

015s(←シンプル・メイソンジャー・サラダ)

 メイソンジャーの使い道は、食品の保存や入れ物としてだけではなく、ストローが挿せる蓋に交換して飲み物やスムージーを飲んだり(マグカップのような持ち手のついている瓶もある)、カップケーキを焼くのにも使えるとか…

 調理関係以外では、キャンドルホルダーとして使ったり(キャンドルをぶら下げることが出来るようなバケツのような取っ手を売っている)、花瓶の代わりに使ったり、インテリア用品として使ったり用途は色々です。

026s(←自作のサラダ)

 ジャーサラダを作ってみたのですが、冷蔵庫に置いておけば日持ちするので、思った以上に便利。
 ネットのレシピも豊富だし、作り置きして常備して置くといいかも…と、怠け者の私は思ってしまった。

 ↑の画像のシンプル・メイソンジャー・サラダの作り方は続きを読むから…

 

 

続きを読む "メイソンジャーとジャーサラダ"

| | コメント (4)

2015年5月16日 (土)

カレッジ見学

010s 4月の中旬くらいから、やっと我が家の庭の木も芽吹き始めました。

(←桜、4月18日)

 4月23日に小雪がちらついたものの、その後は順調に気温が上がって、4月28日には我が家の桜の花がようやく咲き始めました。

 やっと遅い春が来た~♪
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
と、喜んだのも束の間、庭の木が芽吹くのと同時に、雑草も急激に伸び始め、表の庭が雑草の花畑になってしまった。

020s(←桜、4月28日)

 話は変わって、4月29日に怪獣はIEPのクラスで近くのコミュニティー・カレッジの見学に行きました。

 見学は29日の9時ごろから学校の授業中に出かける予定だったため、見学に先立って4月17日に、親の承諾の書類を提出してくださいと、お知らせの紙を怪獣が持って帰って来ました。

 ところが持って帰って来たのは、お知らせの紙と、先月終わったIEPのお知らせの紙のみ。

Dsc04352s_2(←桜 4月28日)

 お知らせには、
「添付の承諾書にサインをして24日までに担当の__に提出してください。」
と、書いてあったけれど、
承諾書もついてないし、提出先の担当者の名前も空白のままでした。
 多分、承諾書をプリントアウトするつもりで、終わったIEPのお知らせの紙をプリントアウトしてしまったと思われます。

Dsc04354s(←桜、4月28日)

 怪獣の担当のIEPのリーダーの先生は、親身になってくれるいい先生なのだけれど、(今年のIEPの記事にも書いたのだけれど)どこかが抜けている。
(それでも、プロフェッショナルとして働けるアメリカって…)

 怪獣に、他の紙は貰わなかったのかと何度も確認したけれど、お知らせ以外の紙は貰っていない様子。
 17日の日は金曜日で、翌日学校はなかったので、週明けにIEPのリーダーの先生に訊いてみるように怪獣に話しました。

002s(←桜、5月2日)

 週明けの月曜日、学校から帰って来た怪獣に承諾書について話に行ったかどうか訊いたけれど、話していなかったようなので、翌火曜日に要件を書いたメモを持たせました。

 火曜日にやっと承諾書と提出先の担当者の名前の書かれたお知らせを持って帰って来ました。
(担当者は案の定、IEPのリーダーの先生だった)
 サインをして、水曜日に承諾書を提出させました。

Dsc04359s(←桜の花、5月2日)

 見学当日の29日は、普段通りに学校に出かけて普段通りの時間に帰宅。
 見学先のコミュニティ・カレッジは、もともと出願しようと思っていたカレッジだったので、何か興味のあるコースはなかったかと怪獣に聞いたら、グラフィックデザインのクラスはまあまあ興味があったけれど、特に他は面白そうなコースはなかったらしいです。

003s(←桜、5月4日)

 見学を機会に、進学したい学校かどうか雰囲気がつかめるといいな…と、思ったのですが、本人はあまり積極的ではない感じ。
 今回見学したカレッジは、オープン・エンロールメントの大学で無試験で入学できるし、秋からの学期の入学申し込みの締め切りが8月で、出願を焦る必要はないので、もう少し様子をみることにしました。

Dsc04366s(←桜の花、5月4日
ほぼ、満開の状態。)

 

| | コメント (4)

2015年5月13日 (水)

もしかして強運男?

Wordwall 私が怪獣を連れて2005年8月にアメリカに留学した当時、怪獣は日本で小学校3年の1学期を終わったところで、誕生日の関係から、エレメンタリースクール(小学校)の4年に転入することになりました。

 日本でも言語の遅れがあったのに、小学3年の2学期と3学期を飛ばして、いきなり4年生になってしまって、しかも(当然のことながら)全部英語の授業だったため、授業に全くついて行けず大変なことになってしまいました。

Msds ストレスからか、クラスで問題を起こすようになってしまい、学年を3年に落とす事(留年?)を勧められました。

 3年のクラス担任のMs.Dは、学生時代日本で過ごしたことがあり、その当時でも簡単な会話や日本語を読むことができる先生でした。

Mrd クラスのテューター(補助)でついていた、大学生で教師の卵のMr.Dは、ハワイ出身でお祖母さんが日本人、英語と日本語のバイリンガルで、クラスのテューターとして働いていたけれど、ほぼ怪獣の専属でついてくれて、アルファベットの発音から怪獣に英語を教えてくれました。

S ESLも集団のクラスではなくて、教師と生徒の1対1で、パソコンを使ってゲームで遊びながら英語を学んでいく方法で、テレビゲームの大好きな怪獣のお気に入りの授業になりました。

 おかげで、3年生の1年間で、学校生活を送るのには不自由のないくらい成長しました。
(読み書きはまだ遅れはあったけれど…)

Img_0212s 怪獣の転入した学校が、たまたま大学のキャンパスの近くの学校で、大学の家族寮も近く留学生の子どもが多く通っている学校で、テューターのアルバイトで来ている学生も、英語以外の外国語が喋れる人が多く採用されていたこと、たまたま日本語と英語のバイリンガルのテューターに巡り会えたこと(日本語のバイリンガルは非常に少ない)など、本当に運が良かったとしか思えない状況です。

 その後、仕事の都合などでアメリカの公立学校子どもを通わせることになった日本人から話を聞いたことがあるのですが、ここまで恵まれた環境で最初の一年を過ごせる例は極めて稀なことなんだと、知りました。
(実際、当時中学生だったの方は、ホームルームの担任のみが日本語を少し話せる教師で、ESLもスペイン語圏の子どもたちに囲まれた集団の授業で、英語の習得に苦労したようです。)

044s 私たちの渡米から5年後に、のアメリカ転勤が決まり、今住んでいる市に移って来た時も、引っ越し先を決める時に近隣に住んでいる知り合いや、不動産屋の評判などから、今通っている高校の学区に引っ越す事を決めました。
 知り合いや不動産屋の口コミも、一般的な情報や子どもや自分自身が通ったことがある経験からの情報で、発達障害の教育やサービスについての情報は全くありませんでした。

053s お金持ちが多いエリアだけあって、学校の設備は整っているし、「引っ越し前に住んでいた州に比べると、サービスはいいなぁ…」と、感じてはいましたが、「評判の良い学区だからなのだろう」くらいにしか思っていませんでした。

 今年の2月に、(怪獣のIEPについてきてくれた)元ソーシャルワーカーさんと知り合いになる機会があって、彼女の話から私たちの住んでいるカウンティ(郡)は、発達障害や知的障害者の就労プログラムが全米でも最も充実している地域で、州内からだけでなく州外からも就労サービスを受けるために引っ越してくる人がいることを知りました。

013s 元ソーシャルワーカーさんは、退職する前は主に障害者の就労支援の仕事をしていて、今年卒業する怪獣の進路を探していく上で彼女がIEPに参加してくれたのは本当に助かりました。

 彼女と知り合いになったのも、2月に我が家の車が故障してしまい、私が昼間に車を使う用事があって、友人に誰か用事に行く先に乗せていってくれる人って知らないかどうか相談したら、「同じ場所にたまたま同じ日に行く人がいるので、紹介してあげる」と、言われて、紹介してもらったのが、元ソーシャルワーカーさんでした。

 車が故障してなかなか直らなかった時は「ついてないなぁ…」と、思っていたのですが、車が故障したお蔭で元ソーシャルワーカーさんに会えたのだから凄い。

 渡米したての頃、日英バイリンガルのテューターに出会えたのも、のアメリカ転勤が決まって今の家に引っ越して来たのも、ソーシャルワーカーさんと知り合いになれたのも、ラッキーが重なったとしか言いようがないです。

 もっと遡れば、留学のためのビザが取得できたことも、日本の小学校で色々あって、あの時期に留学を決意したことも、怪獣にとっては全て良い結果に繋がっているように思えます。

 必要な時に必要な場所で必要な人や必要な出来事と巡り会えるなんて、もしかしたら怪獣ってかなりラッキーな男なのかも…

| | コメント (2)

2015年5月10日 (日)

職業(就労)援助プログラムに合格

Dsc03402s 去年の秋に申し込んであった職業(就労)援助プログラム
今年の1月に、申し込みが受理されて、援助プログラムの対象になると言う通知が来ました。

 通知は来たものの、その後何の動きもなく、どうなるんだろう?と思っていた。
 この間の最後のIEPに行った時に、IEPの翌週の月曜日(3月30日)にアセスメント(調査)が行われるらしいことがわかった。

 アセスメント(調査)は、本人と面接して、スキルや能力などを判断し、どのタイプの職業を斡旋するか、政府からの障害者手当などに該当するかどうか調べるもの。

 怪獣はアメリカの市民ではないため、政府からの手当の対象にはならないけれど、どのタイプの職業に斡旋されるかはその後の就職活動に影響してくる。

 IEPの時に一緒についてきてくれた元ソーシャルワーカーさんの話だと、政府からの手当の対象になると、つける職業が制限されてくるので、普通に企業に就職する能力がないなら手当を貰う方がいいけれど、能力があるにも関わらず手当を貰ったことで職種や賃金が制限されるケースもあるから、要注意だと話していました。

 アセスメントの結果がどうなったかは、まだ連絡はないです。
 就労支援プログラムの団体は、今のところ、直接親や本人とコンタクトしてくるのではなくて、学校を通してやり取りしているので、何がどうなっているのかが見えにくいです。
(折角、プログラムが利用できるようになったのに、何が起こっているのかが不透明なのは残念です。)
 おまけに、就労支援プログラムだけに限らず、アメリカの事務の手続きは、日本とは比べ物にならないくらいのんびりしています。
 就労支援プログラムにはあまり期待せずに、こちらも進学や他のプログラムの参加を考えた方がよさそうです。

| | コメント (3)

2015年5月 7日 (木)

端午の節句2015

002s 5月5日はアメリカは公休日ではなかったのだけれど、怪獣の学校は何故か(多分先生たちの研修)休みだった。
 折角休みになったのはいいけれど、生憎の雨で、怪獣はどこへも出かけることなく家でゴロゴロしていた。

(↑端午の節句のテーブルセッティング)

032s
 ゴロゴロしていた怪獣とは対照的に、私は日本食で端午の節句をお祝いするべく準備に追われていた。
(ディーなーと言っても平日なのでお客さんが来るわけではなく、家族のみの食事だったけれど…)
 お惣菜ではない和食のディナーを作るのは、雛祭りの時以来。
今回は品数を減らしてデザートも入れても6品目でした。

038s(↑一人分の盛り付け)

メニューは、
・稲荷寿司
・軍艦巻き(4種類)
・牛のたたき
・タコとオクラのネギ醤油
・うどん
・兜型アップルパイ
・柏餅
でした。

041s(↑デザート一人分)

 一番手間がかかったのは兜型のアップルパイ。
ネットで見つけたレシピの通り、春巻きの皮を利用して作ったのですが、皮が乾燥ていたためかバラバラになってしまい、7つ作った内の3つしか兜の形にはなりませんでした。
 柏餅は日本食の食品店に買い物に行った時に見つけたので買っておいたのですが、冷蔵保存で餅が固くなってしまってあまり美味しくなかったです。

 柏餅以外は好評だったので、頑張った甲斐がありました。

 

 

続きを読む "端午の節句2015"

| | コメント (6)

2015年5月 4日 (月)

Lighthouse(灯台) 17 
‐Livingston Memorial Lighthouse‐

Img_0038s 温室見学の後、車でBelle Isleの北東端にあるLivingston Memorial Lighthouseを見に行きました。

069s_2 Livingston Memorial Lighthouseはアメリカ全土で唯一の大理石でできた灯台で、1929年に個人の寄付で建てられました。

080s 1902年~1925年まで、Lakes Carriers団体の長をしていたWilliam Livingstonを記念するために建てられたもので、現在は稼働していないそうです。

Img_0049s

 今回訪れたBelle Isleのあるデトロイト・リバーは、北の川辺がアメリカ、南の岸辺がカナダと、他のアメリカカナダの国境とは南北が逆で面白いです。
(普通はアメリカが南側、カナダが北側。)

| | コメント (3)

2015年5月 1日 (金)

Belle Isle Park

001s 4月最後の土曜日(25日)にデトロイト市のダウンタウンの近くにある、Belle Isle Parkに行ってきました。

(←水族館と温室)

 Belle Isleはデトロイト市とカナダの間を流れるデトロイト・リバーにある、約400ヘクタールの小島。
 島はアメリカに属していて、デトロイトから橋がかかっていて、陸路でアクセスできる。
 カナダは目と鼻の先だけれど、カナダ側に渡る橋はないので、カナダからは車ではアクセスできない。
(沿岸警備隊が常駐して監視しているので、多分ボートなどでもカナダからはアクセスできないと思う。)
 ステイトパークで島には、ビーチやカジノや博物館など色々なレクレーション施設がある。

Img_0015s(↑水族館の入り口)

 土曜日は久しぶりに晴の天気だったのだけれど、朝寒かったので、出かけようかどうしようか迷っていたら、パークに着いたのが午後3時ごろになってしまい、全部の施設を回ることはできなかった。

Img_0019s(↑水族館の内部)

 最初に訪れたのは水族館。
建物の入り口にアクアリウムと書かれてあったけれど、間口の大きさはあまり広くなくて、本当に水族館なの?と疑いながら中に入って驚いた。

Img_0020s(↑水族館の内部)

 水族館の内部は、トンネル状の通路と通路の両側に水槽が並んでいて、通路全体は床も含めてタイル張りで、ビクトリア様式の内装で、ハリー・ポッターの映画の魔法省のシーンを彷彿とさせるデザインだった。
 建築物大好きの私は、魚は殆ど見ずに内部のデザインに釘づけでした。

Img_0025s(↑入り口から中をみたところ
途中の吹き抜けが工事中で、足場が組んであるのがちょっと残念でした。)

030s(↑温室。正面からの全景
温室も1889年のパリの万博の頃の建物風っぽい作りでした。)

 水族館の次は隣にある温室を見に行きました。

005s(↑真ん中のドーム状の温室の内部)

 真ん中のドームと正面から向かって右側の温室は熱帯植物のコーナーでした。

011s(↑ブラジリアン・プリーム?)

015s(↑熱帯植物のコーナーの一角)

016s

 真ん中の奥は北アメリカやメキシコなど中米の植物を集めたコーナーで、主に花が中心でした。

019s(↑北米・中米コーナーに咲いていた水芭蕉に似た花)

026s(↑サボテンのコーナー)

 正面から向かって左側の温室は、サボテンのコーナーと奥はシダ植物のコーナーでした。

024s_3(↑シダ植物のコーナー)

 温室を出た後は、島の北東の端にある灯台を見に行くことにしました。

次回に続く…

| | コメント (5)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »