« 狭いところが好き | トップページ | 日米の公平の考え方の違い »

2015年8月16日 (日)

渡米10年目

Flag_2  今年の8月は戦後70年ということで、区切りの年だけれど、我が家にとっても今年の8月は区切りになります。

 10年前の今日(8月16日)、母子留学のため、家族全員で(は付き添い)日本を出発。
 アメリカ時間の8月16日、(多分)サンフランシスコ(経由地)から、アメリカに入国した。

 当時は以外の家族は英語もろくろく聞き取れず、怪獣に至ってはアルファベットがかろうじてわかるレベルだった。

Img_0019s05(←2005年、初めてのハロウィン)

 怪獣は一番英語の知識がなかったにも関わらず、アメリカで国内線に乗り換えてから、(家族で席がバラバラになってしまったので)隣の席に座った初老のアメリカ人女性に、公文の英語の教材を見せながら、日本語と片言の英語交じりで話しかけて親をびっくりさせた。
 ラッキーなことに相手の女性が優し方で、言葉の話せない幼児に話すように対応してくれてたすかった。
 手続き関係を全て済ませたが1週間で日本に帰国。
その後は、文化や習慣の違いに戸惑いながらも、母子3人でどうにかこうにか生活。

Bryce4s06(←2006年、ブライスキャニオン・ナショナルパーク)

 2006年になって、家族や友人に近況を知らせるため、ココログでブログを始める。

 夏に日本から猫を連れてくるために、大学の学生寮(家族寮)を退寮して、ベースメント・アパートに引っ越し。

 8月にお盆休みでが訪米したので、ブライスキャニオン・ナショナルパークに行った。
(我が家のナショナルパーク・デビュー)

 秋から、がハイスクール(4年間)に進学
(*^-゚)v♪
(と、言ってもアメリカでは高校までは義務教育なので、受験なしの持ち上がり。ラッキー)

Img_1094s07(←2007年、グランドキャニオン・ナショナルパーク)

 2007年は年明けのセドナに行った時にナショナルパークのパスを購入した(セドナはナショナルパークではないけれど、ナショナルパークを通り抜けていく方が近道だったのでパスを購入した)のをきっかけに、ザイオングランドキャニオンアーチーズと(パスの購入金額の元を取るために?)精力的にグランドサークルのナショナルパークを訪問。

Img_2195s08(←2008年、イエローストーン・ナショナルパーク)

 2008年も引き続き、 ロッキーマウンテンテンパノーガス・ケイブイエローストーングランドティトンデスバレーとナショナルパーク巡りを楽しみました。
 私たちの住んでいた地域は保守的な地域だったので、2008年の春には、怪獣アメリカに関する地域の発表会に参加。
 物凄く愛国心の溢れる発表会だったけれど、アメリカの文化を知るにはいい経験だったかも…

Dsc04150s09(←2009年、キャニオンランズ・ナショナルパーク)

 2009年5月に、怪獣エレメンタリースクール(小学校)を卒業、秋からミドルスクール(中学校)へ。

 私は夏の学期に、1学期分の単位を学期の前半のタームで取ってしまって、学期の後半のタームはお休みにして、子どもたちの夏休みと合わせて久々に日本に一時帰国する計画を立てた。
 過酷なスケジュールを何とかこなし、無事に日本へ一時帰国。
 首都圏の子ども向け観光スポットを楽しんで、8月の末に再渡米、ところが書類の不備で別室送りに

 秋にはのアメリカ転勤が決まり、が高校を卒業するまでは東部(正確には中西部)で母子は西部で生活することに…

050s10(←2010年、引っ越し直前にダメ押しで出かけたザイオン・ナショナルパーク)

 2010年春、がハイスクールを卒業

 の卒業式の直後に、大学は西部に残ることにした以外の家族+猫は東部へ引っ越し。
 が東部から来て、引っ越し業者には頼まずレンタルのトラックを借りて、トラックと自家用車で家族全員(は引っ越しの手伝い)で西部~東部へ実走距離にして約2000マイル(3200㎞)の大移動をたった2日で完遂。
(*。*;)ギェ~
 西部への開拓者の通った、ほぼ逆ルート。
(我が家は幌馬車じゃなくて車での移動だったけれど、)あまりのハードスケジュールで、行き倒れになるのではないかと思った。
 夏はビザの切り替えのため、モントリオール(カナダ)へ。私と子どもたちカナダ初デビューでした。

Dsc00025s11(←2011年、シーダー・ポイント

 2011年は、怪獣がミドルスクールを卒業、秋からハイスクールに進学に…

 夏ごろから、永住ビザ申請のための手続きに入りました。

 住んでいる自宅が、築30年超えの中古住宅だったので、窓の交換をしたり、台所に換気扇を取り付けたりと、DIYでの改装が本格的にスタートしたのもこの年でした。

Dscn8339s12(←2012年、ナイアガラ滝:カナダ滝)

 2012年春、永住ビザが下りて、晴れてアメリカの出入りが自由になり、6月にナイアガラ滝を見にカナダへ旅行。

 家の改装のDIYに週末を使い切っていた前年の反省から、少しずつ小旅行にも出かけるようになり、灯台巡りに行くようになりました。

 そして秋、の突然の解雇通告と転職

048s(←2013年、ハーバービーチ灯台近くの防波堤)

 2013年は引っ越した先にも慣れて来て、図書館でDVDを借りて映画を観るのにはまっていました。
(DVDのリビューの記事が最も多いのがこの年でした。)
 アメリカの生活にも慣れて来て、驚くことも減って来たと思っていたけれど、陪審員の召喚異臭騒動ハリポタ切手購入事件雨氷、など、まだまだ日常生活でも驚くことも多かった。

Img_0494s(←2014年、Haskell Library 読書室を通る国境線。
向かって左がアメリカ側、向かって右がカナダ側)

 2014年、怪獣が初めてのACT(学力判定テスト)を受けたり、学校で不適切な言葉を書いたと学校からの呼出しがあったり、スマホを購入するようにと学校から指導があったり、あわただしいジュニア(日本の高校2年)の年をすごした後、秋からシニア(日本の高校3年)にめでたく進級。

 イヤーブック(卒業アルバムのようなも)に載せる写真をDIYで撮影したり卒業式のローブの予約をしたり、高校卒業後の進路について話し合いを持ったり、翌年の卒業に向けて色々忙しくなってきました。

015s(2015年、凍るナイアガラ滝を見に…)

 2015年は、前年(2014年)に引き続き寒い冬だった。

 超低温警報で休校になったので、凍ったナイアガラ滝を見に行った。
 親子共々、厳しい寒さを身をもって体験。

016s(←2015年5月、シニアプロムに出かけるところ)

 5月の下旬、怪獣は生まれて初めてのプロム(シニアプロム)に参加

  6月の初めに、無事ハイスクールを卒業
アメリカの義務教育を終了した。

 現在は秋からのカレッジ入学のために手続き進行中です。

Dsc04489_2(←2015年6月、卒業式の会場近くで)

 10年振り返ってみると、長いようで短かったです。
 留学したての頃は、10年を越えてアメリカに滞在することになろうとは思ってもみませんでした。

 怪獣は日本に住んでいた期間より、アメリカに住んでいた期間の方が長くなり、こっちの生活の方がメインで、日本は観光や祖父母に会いに訪問する感覚になってしまっている感じです。

 あと2年でアメリカの市民権(アメリカ国籍)の申請が出来るようになるのですが、日本は2重国籍を認めていないので、私たち親はアメリカに帰化する予定はないです。
 子どもたちはこちらで大学に通って就職して、仕事の都合等で帰化が必要になってくるかもしれないので、どうなるのか…
 親としてはそのまま日本国籍を保持していて欲しいです。

|

« 狭いところが好き | トップページ | 日米の公平の考え方の違い »

コメント

>Linoさん
 訪問&お祝いのコメントありがとうございます。
 10年あっという間でした。
こんなに長居するつもりじゃなかったのに…
長く住んでいても、未だに英語やこちらの文化に慣れません。
ハリポタ事件のようなのも未だに起こります。
 現在息子の入学の手続きをしていますが、もう投げ出したくなるくらい面倒です。

 

 
>ベラカバンバさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 お父様が他界されてもうそんなになるんですね。
 うちはこの10年慌ただしく過ごしましたが、息子のことは何とかなったものの、他がすかすか状態です。
 これからは自分のことにも時間がかけられたら…と思います。

 

 
>松Gさん
 訪問&コメントどうもありがとうございます。
 がむしゃらに生活してたら、10年過ぎちゃった感じで、こちらの生活に馴染むレベルまで行かないです。
渡米前は5年も済めば全てネイティブ並みになるだろうと期待していたのですが、甘かったです。
 子どもたちも日本の国籍を維持して欲しいですが、大学の奨学金をもらったりするのに必要だったりするので、強制はできないです。

 

>モッチーヌさん
 訪問&励ましのコメントありがとう~
 ホント10年間色々ありました。
無事乗り切って来れたのは、ココログでいろんな人と繋がりが持てたのも大きいです。
 今は息子の大学の入学手続きでバタバタしていますが、落ち着いたら自分のことも考えようかと思っています。


 

投稿: yuuki | 2015年8月19日 (水) 07時01分

アメリカ在住10周年☆☆☆
yuukiさんと出会って数年になりますが
それ以前の方が大変なことが多かったんでしょうね・・・
とくに旦那さまがアメリカに来るまでは、きっと心細かったよね
でもそういうときって必死だから逆に乗り越えられちゃったりするのかな
これからの子どもたちの成長がまた楽しみですね
これからも応援しています\(^o^)/

投稿: モッチーヌ。 | 2015年8月18日 (火) 14時46分

こんにちは。
アメリカ生活10周年ですか。
石に上にも3年とは言いますが、10年という年月はちょっとやそっとじゃ通せませんよね?
心より尊敬します。
お子さん達、日本国籍だといいですね。
世界広しと言えども、やっぱり日本がいいです。

投稿: 松G | 2015年8月18日 (火) 00時27分

光陰矢のごとし でしたっけ?(笑
うちは親父の三回忌が先月、来年はおふくろの
7回忌です(@@)
かくいう私は今月末に51ですわ(爆
Yuukiさんの時間はものすごく密度濃そうに見えます。
おれなんか、「すっかすか」(ワハハ

投稿: べらかばんば | 2015年8月17日 (月) 19時48分

祝☆10周年

山あり谷あり記事で振り返るだけでも
色々な思い出がよみがえってきたことでしょう

私がお邪魔するようになったのはこの数年

未だに我が家では英語発音の話になると
「ハリーポッター=ヘアリ~パ~ラ~」
と言いながらyuukiさんの記事を
思い出してはニコニコしてます☆

これから怪獣君も新たなステージに
ステップアップですね☆
yuukiさんの出番はまだまだ
たくさんあると思いますが
くれぐれもお体大事にしてくださいね☆

投稿: Lino | 2015年8月16日 (日) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狭いところが好き | トップページ | 日米の公平の考え方の違い »