« 冬学期の登録2016&初積雪 | トップページ | マダラ猫 »

2015年11月26日 (木)

St.Vincent
セント・ビンセントが教えてくれたこと

Dsc05458s 11月の第4木曜日(今年は26日はサンクス・ギヴィング・デー)今年は夫の職場の人を招待してのパーティーになるので、恐らくこの記事がUPされる頃は、準備で大わらわなのではないかと思うので、DVDのリビューを予約投稿することにしました。

 St.Vincentは2014年のアメリカのコメディードラマ映画。

 邦題は「セント・ビンセントが教えてくれたこと」で、2015年9月に劇場公開されています。

Image1(←上:ビンセント
下:ビンセントと妊婦の娼婦役のナオミ・ワッツ)

 ビル・マーレイ演じるビンセントは、酒と女とギャンブルばかりの自堕落な生活を送る初老のベトナム戦争の退役軍人。

 アルツハイマーを患う妻を施設に入れて、自分はニューヨーク州のブルックリンの自宅で暮らしている。

 自宅の掃除もせず、庭も手入れもしない、貯金もマイナス残高で借金を払わなければ口座の解約すらもできない、裕福とは程遠い暮し。

Dsc05463s(←マギーとオリバー)

 そんなビンセントの隣に、離婚調停中の母マギー(メリサ・マッカーシー)と12歳の息子オリバー(ジェイデン・リーバハー)が越してくる。

 オリバーは転校1日目からいじめに遭い、学校のロッカーから携帯や財布や鍵を盗まれて家に入れず、母親のマギーと連絡を取るためにビンセントの家の電話を借りる。

Image2 すぐに帰宅出来ないマギーはビンセントにオリバーを短時間預かってくれるように頼むが、お金に困っていたビンセントは、1時間12ドルでならベビーシッターをやると交渉。

 その後も流れで、ビンセントがオリバーのベビーシッターをすることになるが、ビンセントはオリバーにベビーシッターをしている時間は自分の都合に合わせるように要求。

 未成年のオリバーを連れて、バーに行ったり、競馬場でギャンブルしたり、喧嘩の仕方を指南したり、娼婦のロシア人ダカがオリバーの自宅に度々出入りしたり。

 オリバーはお世辞にも子どもにいいとはいいがたい体験に最初は戸惑うが、一緒に過ごすうちにヴィンセントの優しさに気が付いていく。

 この作品は、以前にリビューを書いた映画"The Secrets of Jonathan Sperry"似た設定(老人の一人住まいの隣人と母子家庭の思春期の息子)であるにも関わらず、隣人の老人の生き方が正反対。
"The Secrets of Jonathan …"のジョナサンは善良な聖人のようなお爺ちゃん。
ビンンセントは(映画のタイトルがSt.Vincentなのに、)手の付けようがない不良爺さん。
にも拘らず、ストーリーの展開(老人が少年に影響を与える)は似ているのが面白いと思った。

Dsc05467s(←妻のサンデー役のドナ・ミッチェル)

 話は横にそれるけれど、映画の中で、ビンセントがある日脳溢血で倒れたところをオリバーが発見し、病院に緊急入院、リハビリを受けてその後退院する。

 ビンセントは退役軍人と言う設定なので、退役軍人用の保険が使えるのだけれど、普通は自宅も手入れできない借金ありの貧乏暮らしの老人は、脳溢血で倒れたらそれでおしまいだろうなぁ…
 退役軍人用の保険に入っていても、受け入れてくれる病院が限られているから、映画のように十分な治療は受けられるのだろうか?
と、現実離れした映画の中だけのアメリカの生活を疑問に思いながら観た。
(でも、あそこでビンセントが死んだり、回復しなかったら話は進まないよなぁ…)

|

« 冬学期の登録2016&初積雪 | トップページ | マダラ猫 »

コメント

>コメントくださったお二方
 訪問&コメントありがとうございます。
サンクスギブンで多忙にしていたため、お返事がおそくなりすみませんでした。

 

 
>モッチーヌさん
 この映画、面白かったですよ~
ただ、セックスシーンとか自販機で一つの値段で2つ物を出す方法を教えるシーンとかもあって、子ども向けではないです。

 


>ベラカバンバさん
 いつもお勧め作品の紹介をありがとうございます。
 デンジャラス・バディーは飛行機の機内で観ました。
サンドラ・ブロックの以前の映画「デンジャラス・ビューティー2」にストーリーが似てる感じでしたね。

 

  

投稿: yuuki | 2015年12月 2日 (水) 14時28分

メリッサマッカーシーといえば!
デンジャラス・バディ(The Heat)!
渋い役者ですよね。
いつかこの映画も見てみます。

デンジャラスバディで共演のサンドラブロックとベラカバが同い年だったのに最近気づいた次第です(汗
サンディーと浮名を流したのがライアンゴズリング。
ドライヴでいい仕事してます。が、監督の色のほうが濃いですね。
ファミリー向けではありませんm(__)m

投稿: ベラカバンバ | 2015年11月28日 (土) 08時50分

yuukiさんお久しぶり・・・(*´v゚*)ゞ

この映画、夏に他の映画を観に行ったときの予告CMで観て気になったのですが
その後、観損なってしまったんです
チョイ悪じいさんと少年の関係がおもしろそう
DVDが出たら絶対観よう・・・

投稿: モッチーヌ。 | 2015年11月27日 (金) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬学期の登録2016&初積雪 | トップページ | マダラ猫 »