« 夏至2016
クールデザート・パーティ
| トップページ | 伸び縮みする時間
(発達障害と時間の感覚) »

2016年6月29日 (水)

Bigin Again
はじまりの歌

Dsc07408s 最近映画のリビューの記事が多いのは、地下室の改装の記事のための画像の選別や処理をしているので、軽めの記事を書き溜めておいたため。
 この記事が書き溜めて置いた軽めの記事の最後になるんだけれど、果たして地下室の改装の画像類の処理は完了しているのだろうか?

Image2 Bigin Againは2013年のアメリカの音楽映画。
邦題は『はじまりの歌』で、日本では2015年の2月に劇場公開。

 ニューヨークに住むダン(マーク・ラファロ)は、以前はレコードのプロデュースで成功していたが、妻子と別居、音楽業界の変化について行けずパートナーのサウル(モス・デフ)と経営していた会社を首になりと、飲んだくれの自堕落な生活をしている。

Image3 ある夜、ダンがバーで飲んでいると、音楽のパフォーマンスをしていたスティーヴ(ジェームズ・コーデン)の友人グレタ(キーラ・ライトレイ)が飛び入りで歌った彼女の作った歌を聞いて気に入り、グレタに彼女の音楽をプロデュースさせてくれと話を持ち掛ける。

 グレタはフリーのシンガーソングライターだが、5年間つきあった彼氏のデイヴ(アダム・レヴィーン)が歌った映画の挿入歌がヒットしたので、彼の新しい仕事に協力するため、デイヴと共にイギリスからニューヨークに越して来たが、デイヴの浮気が原因で別れてしまう。 

Dsc07444s(←スティーヴ)

 デイヴと別れた後は友人のスティーヴの助けでニューヨークに滞在していて、スティーヴの歌っていたバーで、スティーヴに強引に歌うように言われて、歌った歌をダンが聞く事になった。

Image4(←上:デイヴ
下:デイヴとグレタ)

 はじめは、ただの酔っぱらいのたわごとだと思って信用しなかったグレタだが、話を聞いていたりネットで調べているるうちに、ダンが本当にプロデューサーだったことを知る。
 それでも、グレタはその日はダンの申し出を断ったが、翌日気が変わってダンの申し出を受ける旨の電話をかける。

 この作品は、ベラカバンバさんのお勧めで、図書館から借りてきて観ました。

Image5  最初は、メインキャラクターのダンのあまりの自堕落ぶりに、先がどうなるのか不安になりました。
(ネタバレになっちゃうので、細かいことは書けないのですが、)ダンとグレタを中心とした登場人物の心の動きの描写や、登場人物の人間関係の描写が良かったです。

|

« 夏至2016
クールデザート・パーティ
| トップページ | 伸び縮みする時間
(発達障害と時間の感覚) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏至2016
クールデザート・パーティ
| トップページ | 伸び縮みする時間
(発達障害と時間の感覚) »