« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

Bigin Again
はじまりの歌

Dsc07408s 最近映画のリビューの記事が多いのは、地下室の改装の記事のための画像の選別や処理をしているので、軽めの記事を書き溜めておいたため。
 この記事が書き溜めて置いた軽めの記事の最後になるんだけれど、果たして地下室の改装の画像類の処理は完了しているのだろうか?

Image2 Bigin Againは2013年のアメリカの音楽映画。
邦題は『はじまりの歌』で、日本では2015年の2月に劇場公開。

 ニューヨークに住むダン(マーク・ラファロ)は、以前はレコードのプロデュースで成功していたが、妻子と別居、音楽業界の変化について行けずパートナーのサウル(モス・デフ)と経営していた会社を首になりと、飲んだくれの自堕落な生活をしている。

Image3 ある夜、ダンがバーで飲んでいると、音楽のパフォーマンスをしていたスティーヴ(ジェームズ・コーデン)の友人グレタ(キーラ・ライトレイ)が飛び入りで歌った彼女の作った歌を聞いて気に入り、グレタに彼女の音楽をプロデュースさせてくれと話を持ち掛ける。

 グレタはフリーのシンガーソングライターだが、5年間つきあった彼氏のデイヴ(アダム・レヴィーン)が歌った映画の挿入歌がヒットしたので、彼の新しい仕事に協力するため、デイヴと共にイギリスからニューヨークに越して来たが、デイヴの浮気が原因で別れてしまう。 

Dsc07444s(←スティーヴ)

 デイヴと別れた後は友人のスティーヴの助けでニューヨークに滞在していて、スティーヴの歌っていたバーで、スティーヴに強引に歌うように言われて、歌った歌をダンが聞く事になった。

Image4(←上:デイヴ
下:デイヴとグレタ)

 はじめは、ただの酔っぱらいのたわごとだと思って信用しなかったグレタだが、話を聞いていたりネットで調べているるうちに、ダンが本当にプロデューサーだったことを知る。
 それでも、グレタはその日はダンの申し出を断ったが、翌日気が変わってダンの申し出を受ける旨の電話をかける。

 この作品は、ベラカバンバさんのお勧めで、図書館から借りてきて観ました。

Image5  最初は、メインキャラクターのダンのあまりの自堕落ぶりに、先がどうなるのか不安になりました。
(ネタバレになっちゃうので、細かいことは書けないのですが、)ダンとグレタを中心とした登場人物の心の動きの描写や、登場人物の人間関係の描写が良かったです。

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

夏至2016
クールデザート・パーティ

003s 夏至は1年で最も昼の時間が長い日である。
天文学的な夏至の定義はわからないけれど、今年はアメリカでは6月20日(日本では6月21日)が夏至だったので、家族で夕食?に冷たいデザートを食べることにした。

(↑夏至の夕食に使ったテーブルセッティング
今年のメキシコ風のテーブルコーディネートは冷たいデザートには雰囲気が合わないと思ったので、再来年の夏のテーブルコーディネートに使う予定だったテーブルクロス&食器類を使ってしまった)

034s(←デザート類を並べたところ)

 作ったデザートは6種類。
甘いもの(特に生クリームを多く使ったデザート)だけでは、食べているうちに胃がもたれてくるので、デザートの合間につまめるように、カナッペも4種類作った。

010s(↑手前から、ローストビーフ・ハムのカナッペ、
スモークサーモンのカナッペ、
チキンとアボカドのカナッペ)

Dsc07372s(↑手前:チキンとアボカドのカナッペ、サーモンのカナッペ、
奥:小海老とアボカドのカナッペ)

Dsc07392s デザートがメインで、カナッペは合間に食べるつもりだったけれど、男どもはカナッペを最初に食べまくって、後で集中してデザートを食べていた。

Dsc07377s(↑ラズベリークラッシュゼリー)

Dsc07380s(↑水ようかん)

046s(↑一人分を盛りつけたゼリーと水ようかん)

 今回作ったスィーツは冷蔵庫で冷やすデザートにした。
アイスクリームやシャーベット類は(テーブルに並べておくと解けるので)作らなかった。

Dsc07383s(↑チョコレートムース・パイ)

027s(↑ベイクドチーズケーキ・パイ)

Dsc07394s(↑一人分を盛りつけたパイ類)

 6種類のデザートを見て、が、
がいたら良かったのにね~」
と、一言。
は前のセメスターで落とした専門科目の単位があるので、夏セメスターで再履修中でこの夏は帰省していない。)
 まぁ、デザート・ブッフェぽくって、女子向けのメニューではあるよなぁ…

Dsc07388s(↑オレンジババロアとカスタードプディング)

Dsc07401s(↑一人分のオレンジババロア)

Dsc07404s(↑一人分のカスタードプディング)

続きを読む "夏至2016
クールデザート・パーティ"

| | コメント (8)

2016年6月23日 (木)

Goosebumps
グースバンプス

Dsc07313s Goosebumpsは2015年のアメリカのホラーファンタジー映画。
 同名の児童書シリーズGoosebumpsを基にした作品。
 小説をもとにしたシリーズは、映画の他に、テレビゲームやテレビ(ドラマ)シリーズもあって、テレビシリーズはDVD化もされている。
 邦題は『グースバンプス』で2016年の秋に公開予定。

 高校生のザック(ディラン・ミネット)は、1年前に父を亡くして母親のゲイル(エイミー・ライアン)と二人暮らし。

Dsc07347s(←ザック)

 母親がデラウェア州のマディソンで教頭の仕事を見つけたため、ニューヨークから田舎町のマディソンへ引っ越してくる。

 隣の家は人けがなく、静まりかえっていて、少し不気味。

Dsc07331s(←ハンナ)

 ザックが引っ越しの荷物を運び入れている時に、隣の家に住む同年代のハンナ(オディア・ラッシュ)に会い、窓越しに短い会話を交わすが、すぐにハンナは引っ込んで、ハンナの父親のMr.シヴァース(ジャック・ブラック)が窓から顔を出して、

Dsc07325s(←Mr.シヴァース、Mr.スタイン)

 「そのフェンスが見えるか?そこからこっち(Mr.シーヴァスの家の敷地)に入るな!娘と自分に近寄るな!」
と、きつく警告して引っ込んでしまう。

Dsc07340s(←左:ザック
右:チャンプ)

 翌日学校に行ったザックは、ちょっと変わりもののチャンプ(ライアン・リー)から声をかけられ、ホームカミングパーティーに一緒に行こうと誘われる。

Dsc07333s ある夜、ザックが勉強をしていると、隣の家からハンナとMr.シヴァースの怒鳴りあう声が聞こえて、窓のカーテン越しに怒鳴りあう2人の影が見えたので、家庭内暴力だと思ったザックは警察に電話をする。

 警察とザックと母親で隣家に踏み込むも、ハンナは離婚した母親の家に行っていて留守で、叫び声はサウンドシステムを使ってビデオを見ていただけだと、Mr.シヴァースがいいはる。

Dsc07329s(←ザックの母のゲイル)

 警察も母親もザックの勘違いだと決めつけて、ザックの言いぶんを聞いてくれない。

 数日後のホームカミングパーティーの日、また隣からハンナとMr.シヴァースの怒鳴りあう声が聞こえてきたので、パーティーの誘いのためにザックの家にやってきたチャンプを説得して、2人でハンナを助けるために隣家に侵入しようとする。

Image1 タイミングよくMr.シヴァースが車で出かけたのを確認した後、地下室への出入り口の鍵を壊して侵入。

 2人がハンナを探すために家をうろついていると、ある部屋で不気味な唸り声のする本棚を見つけて…

 この作品は、以前に観たPixsels(「ピクセル」)の予告でちらっと見て、鑑賞してみたいと思っていたのだけれど、図書館にあるのはテレビシリーズのものばかり、この間DVDのコーナーを通りかかったら、返却ワゴンにこのDVDがあるのを発見して、即借り出した。

 この作品はアクションやコンピュータ・アニメーションが見どころなので、DVDよりも画面の大きい映画館で見るのがお勧め。
 レーティングはPG(Parental Guidance Suggested)だし、ホラーファンタジーだけれど、怪我人は出るものの死人は0(ゼロ)。
 ロビン・ウィリアムズ主演の『ジュマンジー』に雰囲気が似ている感じで、(よっぽど怖がりで夜に一人でトイレに行くことができなくなるタイプじゃない限り、)子どもと観るにはいい作品だと思います。
 

 

 

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

Enchanted
魔法にかけられて

Dsc07246s Enchantedは2007年のディズニー映画。
主演はエイミー・アダムスで、物語の世界は(伝統的な手書きの)アニメで、現実世界は実写のコラボの作品。
 邦題は『魔法にかけられて』で、2008年3月公開。

物語の世界、アンダレーシアに住むジゼル姫(実写ではエイミー・アダムス)は、エドワード王子(実写ではジェームス・マースデン)に出会って、その日のうちに婚約、翌日に結婚式をあげることになる。

Dsc07253s ところが、エドワード王子が結婚すると王座を引き渡さなければならなくなるエドワード王子の継母のナリッサ女王(実写ではスーザン・サランドン)が、二人が結婚できないように、結婚式の当日の朝、老婆に変装して、ジゼル姫に近づく。

Image7 ジゼル姫を願いが叶う井戸だとだまして井戸のところに連れていき、井戸にジゼル姫をつき落としてしまう。

 井戸につき落とされたジゼル姫が辿り着いたのは、現代のニューヨークのマンホールの中。
(現代の世界についたところで、映像がアニメから実写に切り替わる。)

 ジゼル姫は暫く自分の姿が変わったことに驚くが、思い切ってマンホールのふたを開けて外に出たジゼル姫は、ネオンや車など、自分が住んでいた物語の世界アンダレーシアと余りにも違うのでショックを受けて混乱してしまう。

 周囲に助けを求めるも、皆不親切でジゼル姫を無視するか、邪魔者扱いされるだけ。

Image1 話すらも聞いてもらえないし、色々なアクシデントに遭って途方に暮れていたジゼル姫を、弁護士でシングルファーザーのロバート(パトリック・デンプシー)と娘のモーガン(レイチェル・コーヴィー)親子がかわいそうに思って自分たちのアパートに連れていく。

 その後、ジゼル姫を助けるために、井戸に飛び込んだエドワード王子やジゼルの友達でリスのチップモンク、果ては、エドワードがジゼルを探すのを邪魔をするためにナリッサ女王から使わされたナザニエル(ティモシー・スポール)、最後にはナザニエルが役に立たないと思ったナリッサ女王自身まで現代のニューヨークにやってきて、色々騒動を巻き起こす。

Image3s(←上:ロバート
下:モーガン)

 この作品は、怪獣ミドルスクール(中学校?)のお別れ遠足に行った時に、行き帰りのバスの中で再生していた映画で、半分までは観たけれど結構面白かったといっていたので、図書館で借りて観ることにした。

 最初はクラシックのアニメの画像のみが出てきて、このままずっとアニメのままなのか、それとも『ピンクパンサー』みたいに、実写とアニメが混ざった画像なのか、と思っていたけれど、ニューヨークのシーンで完全に実写に切り替わった。

Dsc07281s(←実写のエドワード王子)

 ディズニー映画なので完全に子供向けかと思っていたけれど、大人も楽しめる内容だったのはよかった。
 家族で観るにはいい映画かも…

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

The Intern
マイ・インターン

Dsc07219s The Internは2015年のアメリカのコメディー映画。
ベルギーで2015年9月15日にプレミア公開された後に、アメリカで2015年9月25日に劇場公開。
 邦題は「マイ・インターン」で、2015年10月10日に劇場公開。

 この作品は何かのDVDの予告でチラッと見て、去年から観たいと思っていたのですが、図書館のDVDは予約や貸し出し中で中々借りることができませんでした。
 やっと、借りることができたのが先月の下旬でした。

Image1 ニューヨークのブルックリンに住む70歳のベン・ウィティカー(ロバート・デニーロ)は長年電話帳を作る会社で働いていたが、退職して、その後奥さんに先立たれて寡暮らし。

 色々なサークルなどに積極的に参加しているが、知り合いや友人も亡くなる人も出てきたりして、孤独感を感じている。

 何か社会と関わりを持てたらと思っている時に、掲示板である服飾ネット販売の会社でシニア・インターン募集のチラシを見つける。
 何か社会の役に立つことがしたい、と思っていたベンは早速申し込むことにする。

Image2 シニア・インターンを募集していた会社は、ジュールズ・オスティン(アン・ハサウェイ)が1年半前に始めた服飾ネット販売の会社で、急成長中。
 アンは非社交的な性格で、一人で働くのが好き、会社はどんどん大きくなるのに何もかも一人で切り盛りしているアンは多忙な日々を送っている。

 ジュールズの会社に応募したベンは、いくつかの面接をめでたくパスして、他の3人とともに採用される。

Image3 採用された他の3人はそれぞれ色々な部署に配属されるが、ベンはジュールズ個人に配属される。

 一人で働くのが好きなジュールズは、はじめはベンを遠ざけようとするが、同僚たちからも評判が良く、気の利くベンを次第に信頼するようになっていく。

 最近のロバートデニーロ出演の作品(「ミート・ザ・ピアレンツ」や「みんな元気」など)では、気難しい老人のイメージだったのだけれど、のこの作品は温厚で賢い老人の役周りを演じていたのが新鮮でした。

 

| | コメント (5)

2016年6月14日 (火)

移植した菖蒲

032s 3年前から少しずつ裏庭に移植した菖蒲が今年も花を咲かせた。

(↑5月下旬の裏庭の菖蒲)

 我が家は緩やかな傾斜の底の方にあって、(地下水なども含めた)水がたまりやすく、裏庭も(特に春の雨季には)少し湿っていることが多い。
 そんな湿った環境が菖蒲には適しているみたいで、移植後も枯れずに毎年のように花を咲かせるようになった。

Dsc07107s(←丈の高い花の大きい品種)

 丈の高いものと低いものの2種類の品種があるのだけれど、丈の高い大きい花のつく品種は、頭でっかちなため、風が強いとすぐに倒れてしまう。

 が倒れてしまったり、倒れそうな花をカットしたので、花瓶に飾って切り花として楽しむことにした。
(もうちょっと早く咲いてくれていれば、端午の節句に間に合うのに…)

Dsc07160s(←玄関ホールに飾った切り花の菖蒲)

 切り花は昼間は玄関ホールに飾っているけれど、うちは猫をかっていて、人間が見ていないと猫が切り花をかじってしまう。

 植物の中には猫に有毒なものもあるので、出かける時や夜寝る時など人間の目が届かない間は1階のトイレに置いておくことにしたのだけれど、ある朝トイレから花を出そうとしたら、問題が発生していた!

Dsc07238s (←矢印の先:色素がついてしまった個所)

 咲き終わってしぼんだ花から濃い紫の色素がでて、トイレの壁を汚してしまった。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 前の夜(トイレに移動する前)には咲いていたのに、夜のうちに萎んでしまったらしい。

 カウンターの上の汚れは水拭きしたらとれた。

Dsc07242s(←壁についてしまったシミ)

 けれども、壁の汚れた部分は、水拭きして、その後アルコールで拭いたのだけれど、完全には落ちない。

(T△T)

 ゴシゴシやったら、ペンキがはげそう。
 これは…塗装しなおすしかないかもしれない。

| | コメント (4)

2016年6月11日 (土)

Bath&BodyWorks23
2016年春&夏

Dsc06695s 現在、地下室の改装の記事を書き溜めているところなので、改装の記事が書き終わるまでは、軽めの記事を書いていこうと思います。

今年は6月6日から、Bath&BodyWorksで半期に一度のセールがあったので行ってきた。

(←ハンドソープ
左:アイランド・マルガリータ
中:マンゴー・ドラゴンフルーツ
右:アイス・グアバ・コラーダ)

 画像の中には、セールの前に買ったものもいくつかあるけれど、殆どがセールでも売っていました。

Dsc06701s(←ハンドソープ
左から:ハワイアン・ピンク・ハイビスカス、
ホノルル・サン
ゴールデン・パイナップル・ルアウ
コースタル・ウォーター・リリー)

 我が家がBath&BodyWorksを愛用しているのは、香りがいいということもあるけれど、動物実験をしていないことが気に入って買っています。

Dsc06704s(←トラベルサイズのボディーケア用品
アロハ・ウォーターフォール・オーキッドの香り
左から:ボディミスト、シャワージェル、ボディーローション)

 一般のスーパーなどで売っているものと比べると、値段が高いので、は大手メーカーの量販品でもいいのじゃない?と思っているみたいですが、怪獣はこのメーカーの製品が気に入っていて、他のメーカーは使いたがらない。

Dsc07203s(←トラベルサイズのボディーケア用品
ゴールデン・パイナップル・ルアウの香り
左から:ボディーミスト、シャワージェル、ボディーローション)

 最近は買い物に行くのは大体、怪獣の使っているシャンプー兼ボディーシャンプーが切れたり、ハンドソープがなくなった時に買いにくらいで、頻繁には行かないので、期間限定の商品を見逃すことも多いです。

Dsc07208s(←レギュラーサイズのボディーケア用品
シーサイド・ピンク・ジャスミンの香り
左から:ボディーミスト、シャワージェル、ボディーローション)

 私はいろんな香りを試したいので、最近は期間限定で出るトラベルサイズ(お試しサイズ)のボディーケア用品を買うことが多いです。

Dsc07212s(←レギュラーサイズのボディーケア用品
イタリアン・シトラス・サンの香り
左から:ボディーミスト、シャワージェル、ボディーローション)

 季節毎に、何種類もの期間限定の香りが出るのですが、季節限定の香りの中にはトラベルサイズのないものや、あってもボディーケア用品全種類じゃなかったり、私が行った時には売り切れていたりで手に入らない時、特に気に入った香りはレギュラーサイズで買うこともあります。

Dsc07214s(←レギュラーサイズのボディーケア用品
サン・ライプ・ラズベリーの香り
左から:ボディーミスト、シャワージェル、ボディーローション)

 レギュラーサイズで買う場合は、割引率の高い半期に一度のセールになるまで待つことが多いのですが、時々セールに出ることなく消えていってしまう季節限定の香りもあります。

Dsc07218s(←男性用ヘア&ボディーウォッシュ
ホワイトシトラスの香り)

 その他の半期に一度のセールのいいところは、以前に定番商品だったけれど、ディスコン(店頭販売停止)になってしまった商品が時々リバイバルしてきたり、(最近ディスコンになったばかりものは)在庫が放出されること。

 一つ上の画像のサン・ライプ・ラズベリーは7年くらい前にディスコンになってしまっていたけれど、今年の夏の半期に一度のセールに合わせてリバイバルしてきています。

 以前怪獣が愛用していた男性用のホワイト・シトラスもリバイバルしてきていたので、4本まとめ買いしました。

 

| | コメント (0)

2016年6月 8日 (水)

バンパーの修理
貰い追突事故その3

Img_0187s 去年の冬至の日に追突されて壊れた我が家の車のバンパー
 壊れた個所は右後ろのプラスティク製のバンパーが破損、後ろの金属性のバンパーの右側が歪んでしまっていた。

 私たちの掛けている保険が、車両保険に加入していなかったため、保険屋が事故の原因になった車の持主の掛けていた保険屋に連絡を取ってくれなかったうえに、クリスマスの時期で手続きをしようにも事務所などが閉まっていて修理ができていなかった。

Dsc06301s(←がタイラップを使って応急処置で直したバンパー)

 年明けに、少し遠くまでドライブするために、が割れたバンパーをタイラップ(結束バンド)でとめて、応急処置はしたので、見た目も遠目から見ただけでは破損がわかりにくかったし、(高速でも)走行には問題はなかったため、保険屋の手続きが伸び伸びになっていた。

Dsc06689s(↑結束バンドで補修したバンパー。裏から見たところ。)

 見た目や走行には問題ないものの、応急処置をしたバンパーは、本来のバンパーの役目を果たさない(次に追突されたらボディを守る強度はない)ので、ちゃんと修理しなくてはと思っていたのだけれど、保険の請求の手続きがよくわからない。

 1月の下旬に、(良く食事会を一緒にする)Cさんに相談したら、
「(高校卒業後から数年前までずっと、保険会社で働いた経験があるので、)簡単なので手伝ってあげる」
と、手続きを手伝ってくれた。

Dsc06673s(←新しいバンパー)

 手伝うというよりは、Cさんが主体で動いてくれて、私がやったことといえば、ポリスレポート(事故証明)のお金を払ったことと、書類の本人のサインの必要なところに署名しただけ。

①事故の時に貰ったレシートを提示して、事故証明を発行してもらう。
(私はどこに事故証明を取りに行けばいいのかわからなかったので、Cさんがいなかったらどうなっていたことか…)

②相手の保険会社と請求先を調べる。 (Cさんは、ポリスレポートに書いてある保険会社の名前から電話番号を探して、電話をかけて担当者をきいていた。)

③書類を揃える。 今回必要だったのは、ポリスレポート、自分の保険の証書(車体保険に未加入である事を証明するため)、修理見積り書類(自動車整備店で見積もってもらう)、相手の保険会社に費用を請求する手紙、でした。

④書類を郵送する。 請求の手紙にサインをして、集めた書類全部をコピーをとった後、郵送する。

 提出しなければならない書類を指示したり、請求の手紙の作成はCさんが全てやってくれて、あっという間に請求の手紙の郵送は終わった。
(私がやっていたら相手の保険屋に電話をかけて必要な情報を聞くだけでも、何週間もかかってしまったでしょう。)

Dsc06692s(←左:応急処置したバンパー
右:新しいバンパー)

 請求の手紙を出してから、2週間くらいして、相手の保険会社から、小切手が届いた。
 小切手の額は500ドル+事故証明を取るときにかかった金額で、整備店の見積もりよりも100ドル少し低かった。

 破損したプラスティック製のバンパーはいいとして、金属製のバンパーは去年の夏に、トレーラーのブレーキランプ類のための電気ケーブルを繋ぐソケットをDIYで改造して取りつけたばっかり。
 純正のバンパーにはソケットはついていないので、整備店に修理に出すと折角の改造が無駄になってしまう。

 整備店に出すと自腹で100ドルちょっと負担しなければならない上に、配電用のソケットがなくなってしまうので、がDIYで直すことにした。

Image1(↑修理のためにバンパーを外したところ)

 まず、1.破損したプラスティック製のバンパーをネットで注文。

注文したバンパーが届くまでの間に、2.金属製のバンパーを外して歪んだ部分のペンキをはがして、凹んだ部分を補修。
(大きな凹みはゴムのハンマーで打ち出し、表面を整えるためにパテで形を成形。)

Dsc06685s(←外したバンパー)

3.凹みを直したバンパーを塗装。
最初にプライマー(下地)を塗った後に、乾かして軽くサンドペーパーがけをした後、1回目のペンキを塗る。
必要ならサンドペーパーをかけて、最後に仕上げ塗り(2回目)のペンキを塗る。
(今回はプライマーとペンキはスプレー缶を使った。)

Image2(←塗装の様子)

4.塗装が終わって乾かした後、ナンバープレートや電気コード用のソケットなどを取りつけて、プラスティック製のバンパーと一緒に車に取りつける。

 プラスティック製のバンパーは40ドルくらい、後はプライマーとペンキのスプレー缶の値段で修理ができてしまった。

 DIYをしたおかげで、修理費が浮いたので、保険屋から受け取ったお金のうち50ドルはCさんに手数料として払った。
(Cさんは受け取り拒否をしていたけれど、「後でそのお金でご飯を奢って~」と、言ったら受け取ってくれて、私とハンバーガーショップ巡りをすることになった。)

(↓修理の終わったバンパー)

Dsc07198s

 

 

 

 

| | コメント (7)

2016年6月 5日 (日)

アップル・キャラメル・チーズパイ

Dsc07091s この間、手元にあった材料でアップル・キャラメル・チーズパイを作ってみた。
 あり合わせの材料で作ったにしては美味しくできたので、レシピを載せることにした。

材料:

(トッピング)
・砂糖    …大さじ6
・水      …大さじ2
・水      …大さじ2 
・紅玉リンゴ…小1‐1/2玉

(キャラメルソース)
・キャラメル  …10粒
・牛乳     …大さじ2

(フィリング)
・クリームチーズ …1箱(226g)
・砂糖    …100㏄ 
・溶き卵   …2個
・紅玉リンゴ…小2-1/2
・小麦粉  …大さじ2

(パイ皮)
・冷凍パイシェル …一皿
※自分で作る場合のレシピは続きを読むから

024s作り方:

冷凍のパイ皮は解凍しておく。

①トッピングを作る

①-1:リンゴは皮をむいて4㎜くらいの薄切りにする。

①-2:テフロン加工の小さなフライパンに分量の砂糖と大さじ2の水を入れて、あめ色になるまで煮る。

①-3:あめ色になったら火からおろして、大さじ2の水を加えてカラメルソースを作る。
(注:水を加えると激しく反応するので、水を加えた後反応が収まるまでは蓋をした方が飛び散らない)

①-4:薄切りにたリンゴを①-3に加え、少し弱めの中火で、形が崩れないように煮る。リンゴがあめ色になったら火からおろす。

オーブンを185℃で予熱する。

②キャラメルソースを作ってパイ皮に流す

②-1:耐熱容器にキャラメルと牛乳を入れ、レンジ強加熱で1分30秒加熱して、良くかき混ぜてキャラメルソースを作る。

②-2:冷凍のパイ皮に粗熱を取ったキャラメルソースを流す。

③フィリングをつくってパイ皮に流す

③-1:リンゴは皮をむいて、5㎜角くらいに刻んで、小麦粉大さじ1をまぶす。

③-2:柔らかくしたクリームチーズと砂糖を泡だて器で混ぜ、小麦粉大さじ1と溶き卵を加えて更に混ぜる。

③-3:③-2に小麦粉をまぶしたリンゴを混ぜヘラでサッと混ぜる。

③-4:③-3のフィリングを②-2のキャラメルソースを流したパイ皮にフィリングを詰めて表面を均す。

026s④トッピングを乗せて焼く

④-1:①で作ったトッピングを③-4のパイに乗せる
(煮たリンゴを並べてから、カラメルソースをかけたほうが見栄えはよくなる。)

④-2:天板に乗せて、予熱したオーブンで約40分焼く。
(表面の様子を見ながら焼き時間は調整する)

④-3:表面の焦げ防止のために、アルミホイルで覆い、更に10~15分、フィリングに十分に火が通るまで焼く。

焼きあがったらラックに置いて、室温で暫く冷ました後、冷蔵庫で冷やす

このレシピは以前にブログに載せたキャラメル・アップル・チーズケーキのアレンジ版です。
グラハムクラッカーを敷き詰める代わりに、冷凍のパイ皿を使ったのと、ナッツを使わなかったこと、トッピングにキャラメルソースの代わりにカラメルソースで煮込んだリンゴを使った点が違います。

トッピングのカラメルソースで煮たリンゴが美味しかったです。

続きを読む "アップル・キャラメル・チーズパイ"

| | コメント (3)

2016年6月 4日 (土)

置き去り後行方不明事件について2
アメリカでの報道に対する反応

Imageyahoo1 ひとつ前の記事に書いた事件で行方不明になっていた男の子が無事見つかった。

 日本国内だけでなく、海外にまで報道されて海外でもこの事件について議論になっていた。

 昨日(日本時間の6月3日)の朝、見つかって元気でいることが報道されると、数時間以内にアメリカでも無事保護の報道が色々なメディアでされた。

 画像はアメリカYahoo!のスマホ版の記事。
画像のYahoo!の記事にもたくさんコメントがついていて、

・人食い熊のうようよいる森に置き去りにするなんて、狂っている。

・誰がそんなに早く子どもがいなくなるって予測できたんだよ。

・ダメかと思っていたので見つかってハッピーエンドでよかった。

・俺の悪い予感が外れて、物凄くうれしい。

・森の中で6日間も生き延びるなんて、奇跡だとおもう。

・普通の子どもなら置き去りにされた場所からすぐには動かないのに、この子はすぐにどこかへ行ってしまった。
相当わんぱくな子だと思う。

・人や車に石を投げるような問題を抱えているなら、セラピーに通ったほうがいい。

・さあこれから、親子でセラピーを受ける時間だ。

・この経験から、この子には石を投げてはいけないことをしっかり学んでほしい。

・この子は、これからは親の言いつけを守るようになるんじゃないか?

・こんな恐ろしい親の元に子どもを戻すなんて馬鹿げてる。親権をはく奪すべきだ。子どもは戻りたいといっていたとしても、ストックホルム・シンドロームにかかってるだけだ。

・私はこの親の正しいことを教えようと努力した事には敬意を払うわ。子どもの間違いは正されなくてはいけない。

・彼の6日間の冒険を読んでみたい。

・ディズニーのシナリオライターがすでに原稿を書き始めているよ。

とか、

・自分もネバダの砂漠の真ん中で親を怒らせて兄弟と一緒に車からおろされて置き去りにされたことがある、ほんの数分で親は戻ってきたけれど、あの時は永遠のように感じた。

・自分も置き去りにされたことはあるが、街の中だった。

など、自分の経験を交えたコメントや、

・ゴリラの檻に子どもが入るのを放置してゴリラを殺させた親よりはずっとまし。

・この日本人の父親ははメディアの前で全世界の人に向けて謝っているのに、ゴリラの檻に子どもを入れた親は、事故だったと開き直って謝りもしない。日本の文化の良いところをアメリカも見習うべきだ。

など、最近ゴリラの檻に子どもが入ってしまったため、子どもの安全のために希少種のゴリラを射殺した事件に絡めてコメントする人や、

このYahoo!の記事のライターが、「日本には子供の躾に甘く子どもをダメにしているというが評判ある」と書いたため、

・自分が子供の頃は親にベルトで叩かれるという体罰が一般的で、自分もそれが凄く嫌だったが、今は親に感謝している。
今のアメリカの親は、子どもをちゃんと躾できずに子どもをのさばらせており、それが社会に迷惑をかけている。

・日本の子供が甘やかされているとは思えない。むしろ逆じゃないのか?

・日本が子どものマナーに厳格でなく、甘いという評判だって?それは全く事実と反する。

・日本の犯罪率が世界で最も低いのは親がちゃんと躾をしてるからだ。日本の集団を第一に考える文化と比べて、アメリカの「私が一番」という考えが、親を敬わない子どもを作り上げるんだ。

・著者は日本と中国を勘違いしてるんじゃない?

と、反論のコメントも多かった。

他にも、アメリカと日本の考え方の違いを比べるコメントも多かった。
日本では「躾vs虐待」がコメントや議論に多くでてきた言葉だけれど、アメリカでは「子どもの個人の権利」という言葉がコメントの中に散見された。

 それにしても、大きな健康上の問題もなく、無事に見つかって良かった。
 いつもはかかってるはずの待避所の鍵が開いていたり、森を適当に歩いていて建物のある場所まで辿り着けたり、たまたま雨が降っていたので施設を利用しようとした隊員に発見されたり、本当にこの子は最強に運が良かったのじゃないかと思う。

 今は無事に見つかった喜びで、行方不明だった子にたいしてお小言をいう人はいないだろうと思うけれど、今後この子がヒーローに祭り上げられることなく、ちゃんと周りが対応して、この子が十分に反省して学ぶ機会になるといいと思う。
 親にとってはこれからが、躾の正念場かなぁ…

 

| | コメント (3)

2016年6月 2日 (木)

躾けのための罰と脅し
-置き去り後不明事件について-

052s 先月の末頃、北海道の山中に、躾のために置き去りにされた男児が行方不明になるという事件が起きた。

 はじめは、「山菜取りに行ってはぐれた」という話だったらしいが、後で、「実は躾のために置き去りにして5分後に戻ったらいなくなっていた(しかも、2度も車から降ろしていた)が、世間体を考えたら言い出せなかった」と、父親が話したらしい。

 「山菜取で…」の時に同情的だったメディアなども、「置き去り…」発言の後は、躾VS虐待の論議がされるようになって、大かたは虐待じゃないかと親を責める意見が多いような感じて、何となく議論のポイントがずれているんじゃないかと感じる。

 私は置き去りという罰の方法を容認(擁護)するつもりはサラサラないし、自分が親だったらこのケースでは置き去りにはしないだろうと思う。

 自分が親だったら…
は、私が子育てして20年以上も経っていて、置き去りの効果が無いと経験的に知っているからであって、子育て経験が浅かったり、自分自身が置き去り(や締め出し)の罰を受けて育ってきたら、何の疑問もなく置き去りにしてしまったかもしれない。

 某教育評論家などは、『置き去り=虐待』と厳しく非難しているようだけれど、それはその評論家が教育関連の仕事をしていて、何百人(もしかしたら何千人)もの子供と付き合ってきたから導き出せる考えで、この事件の親に『置き去り=虐待』の意識があったかどうかは疑わしい。
 虐待とまでは考えていなかっただろうけれど、最初に「山菜取りで…」と、嘘をついているところをみると、何らかの後ろめたさは感じていたのだろうとは思う。
 もしかしたら、子供が親に叱られるとおびえるように、この事件の親も世間から非難されることに怯えていただけなのかもしれない。

054s 残念なことに、世間は起こった結果で責めたてるだけで、その時に感じた後ろめたさが何なのか、どう対処すればよかったのか、最善の対処の基になる考えは何なのかを教えてくれることはない。

 この事件の親に限らず、多くの未熟な親は『躾』と『脅し』の区別がついていないのではないだろうか。

「早く寝ないと、お化けが来るよ~」
と、いう他愛のない(?)脅しから、
「親の言うことがきけないなら、うちの子ではないから出ていけ!」
(この事件では「他人に迷惑をかけて親をこまらせるなら、山に置き去りにするぞ!」)
と、いう強迫まがいの脅しまで、
親は日常的に脅しの言葉を子供に投げかけている。

脅すことによって、問題行動が起こらなくなったり、減少したりするので、(しばしば表面的な即効性もあるため)未熟な親は、脅しを躾けのための有効なツールと勘違いしてしまう事も多いと思う。
 問題行動が起こらなくなったり減ったりするなら、脅しを使ってもいいじゃないか、と思うかも知れないけれど、脅しと躾けには決定的な違いがある。

 脅しは子どもの行動を親がコントロールしようとする意図があるのに対して、躾けは子どもが自分自身の行動を自律できるように助けるのが目的である。

 脅しの場合は、親の言うことさえきけばいいので、子どもの起こした問題行動と、与えられる罰の間に因果関係がなく、子どもはどうして罰を受けているのか理解が難しい。
(この事件の場合は、投石したら時間を置いた後で置き去りにされる。投石と置き去りには何の関連もないうえに、罰のタイミングも遅い。)
 一方、子どもの問題行動と与えられる罰の因果関係がはっきりしていて、どうして罰を受けているのかを子供に明確にわからせることができる場合は、躾のための罰と考えても良いと思う。
(例えば、投石がいけない事だとわからせるために、小石を子どもに投げつけて恐怖感や痛い思いをさせてみたり、石を投げたその場で、大声で叱責したり体罰を与えるなど…)

080s どんな親だって完璧じゃないのだから、いつも的確なタイミングで、的確な対応ができるとは限らないし、冷静でいられなかったり判断を誤ることもあるだろうと思う。

 私はこの事件で親が責められるべき点があるとしたら、最初に「山菜取りではぐれた」と嘘をついた事ではないかと思う。 

(もしも、置き去りにしたという証言が本当だとしたら、)その他の点については、親が未熟なためと、たまたま不幸が重なったために起こってしまった事件で、メディアなどや赤の他人からまで批判を浴びる必要のないものだと思う。

 この記事を書いている時点でも、依然として子どもの行方はわからないままだし、何の手がかりも見つかっていない。
 他人の私ですら、心配だし無事で帰ってきて欲しいと思うのだから、親の気持ちはそれ以上だろうと思う。

 (親がまだ他にも隠し事をしているのではないとしたら、)この事件は親が自分の未熟さを自覚するという教訓を学ぶには、あまりにも高い代償だと思う。

※ この記事に使った画像は我が家の近くの遊歩道で、事件の起こった山林とは関係ありません。

| | コメント (4)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »